言葉を変えるだけで大きく変わる! 印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方|マネブ

マネブNEWS:〔2017.09.22〕「相談役」「顧問」の居座りは社員全員の迷惑だこん 現在の記事数:248022件

-

言葉を変えるだけで大きく変わる! 印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方


※画像はイメージ(新刊JPより)。

 多くの悩み事は人間関係に起因することが多い。

 話し方が上手い人は他者から好かれるように、人から嫌われる話し方もあるものだ。嫌われる話し方をしていると、相手からの信頼を得ることもできず、人間関係もギクシャクしてしまいがちだ。

 では、どんな話し方がNGなのか。

 『嫌われないコツ』(植西聰著、ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を参考に、嫌われる「断り方」を2つ、取り上げよう。

■お互い不愉快になる断り方とは?

 言葉には聞いた時に心が明るくなるポジティブなものと、聞いただけで気分が落ち込むネガティブなものがある。

 例えば「無理です」「ダメです」といった、まさに「断るため」の言い方はネガティブ。断る時に気が重く感じたり、人から断られた時に気分が落ち込んだりするのは、これらのネガティブな言葉が使われるからだ。

 では、どう断ればいいのか。それはポジティブな言葉を使いながら断ることだ。

 例えば、「ありがとうございます。私にはもったいないお話ですが、他にもっとふさわしい方がいるのではないかと思います」など、肯定的な言葉を使う。こうすることで、ネガティブな印象が最小限で済むのだ。

■ハッキリとしない言葉を使うのはNG

 ハッキリとした言葉を使わない人は、人間関係がうまくいかない。「考えておきます」と言ったまま回答しなかったり、「別にかまわないけど」と適当な返事をしたまま、いつまでたっても具体的に動かなかったりする人が典型例である。

 あいまいな返事をするということは、本心では断りたいと思っていることが多いが、言われたほうはハッキリしない相手に対し、「いい加減な人」とマイナスの印象を抱くだろう。

 黙っていても相手が察してくれるということはない。言葉に出して伝える以外方法はない。そして、その時はポジティブな言葉を選ぶことも忘れてはいけない。

 少し使う言葉を変えるだけで印象は大きく変わる。できるかぎり人間関係は良好でありたいもの。そんなとき、ちょっとした言葉選びに気を使う意識をするだけでも、相手が抱く印象は良いものになるはずだ。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
「相談役」「顧問」の居座りは社員全員の迷惑だこんな不平等な制度は廃止したほうがいい

社員に負担をかける制度は廃止すべきでは?(写真:kou / PIXTA)過日、300人の会社で23人

画像
吉田松陰は本当に「高潔な教育者」だったのかテロを扇動し「アジア侵略」まで唱えた激情家

新たな「吉田松陰」像とは?(写真 : ys_611 / PIXTA)吉田松陰といえば、長州の志士たち

画像
就活生が選ぶ「印象がよい説明会」ランキング文系1位みずほFG、理系1位パナソニック

理系で1位になったパナソニック。2018年に創業100周年となり、それを記念した家電シリーズを8月に

画像
この秋、天気が悪くなると体調も悪くなる「低気圧女子」が大量発生する!?

※画像:『低気圧女子の処方せん 天気が悪いとカラダもココロも絶不調』(小越久美著、小林弘幸監修、セブ

画像
横浜の名門校「聖光学院」はレゴで真理を学ぶなぜ「すだれ算」で最小公倍数がわかるのか

ブロックが思考を補助してくれる(筆者撮影)名門進学校で実施されている、一見すると大学受験勉強にはまっ

画像
食べ物の好き嫌いが多い子に親ができること大人よりも友だちの影響がはるかに大きい

子どもたちは「同年代」という社会的カテゴリーを他の友だちと共有しています(写真:cba / PIXT


-