言葉を変えるだけで大きく変わる! 印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方|マネブ

マネブNEWS:〔2017.11.24〕人間的成長を図るには大いに転職するべきだ「転職」 現在の記事数:251707件

-

言葉を変えるだけで大きく変わる! 印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方


※画像はイメージ(新刊JPより)。

 多くの悩み事は人間関係に起因することが多い。

 話し方が上手い人は他者から好かれるように、人から嫌われる話し方もあるものだ。嫌われる話し方をしていると、相手からの信頼を得ることもできず、人間関係もギクシャクしてしまいがちだ。

 では、どんな話し方がNGなのか。

 『嫌われないコツ』(植西聰著、ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を参考に、嫌われる「断り方」を2つ、取り上げよう。

■お互い不愉快になる断り方とは?

 言葉には聞いた時に心が明るくなるポジティブなものと、聞いただけで気分が落ち込むネガティブなものがある。

 例えば「無理です」「ダメです」といった、まさに「断るため」の言い方はネガティブ。断る時に気が重く感じたり、人から断られた時に気分が落ち込んだりするのは、これらのネガティブな言葉が使われるからだ。

 では、どう断ればいいのか。それはポジティブな言葉を使いながら断ることだ。

 例えば、「ありがとうございます。私にはもったいないお話ですが、他にもっとふさわしい方がいるのではないかと思います」など、肯定的な言葉を使う。こうすることで、ネガティブな印象が最小限で済むのだ。

■ハッキリとしない言葉を使うのはNG

 ハッキリとした言葉を使わない人は、人間関係がうまくいかない。「考えておきます」と言ったまま回答しなかったり、「別にかまわないけど」と適当な返事をしたまま、いつまでたっても具体的に動かなかったりする人が典型例である。

 あいまいな返事をするということは、本心では断りたいと思っていることが多いが、言われたほうはハッキリしない相手に対し、「いい加減な人」とマイナスの印象を抱くだろう。

 黙っていても相手が察してくれるということはない。言葉に出して伝える以外方法はない。そして、その時はポジティブな言葉を選ぶことも忘れてはいけない。

 少し使う言葉を変えるだけで印象は大きく変わる。できるかぎり人間関係は良好でありたいもの。そんなとき、ちょっとした言葉選びに気を使う意識をするだけでも、相手が抱く印象は良いものになるはずだ。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
人間的成長を図るには大いに転職するべきだ「転職」を繰り返して「天職」を探せばいい

もともと日本人はジョブホッピングのDNAを持っている(撮影:今井康一)日本的経営の三種の神器は、「終

画像
子どもに教えたい「二重基準」を持つ重要性自由な感性を失わずに、正答する方法

息子がちょっと変わった感性を持っています(写真 : Greyscale / PIXTA)※石田勝紀先

画像
日本初の「マンガ学科」誕生から17年、今の状況は?

※画像:『大学の学科図鑑』(石渡嶺司著、SBクリエイティブ刊) 大学にはどのくらいの種類の学科がある

画像
授業料330万円!「米エリート幼稚園」の教育高い授業料は割に合っているのか

「教育が子どもの人生を左右する」と考えれば、幼児教育に大金を払う親がいるのは不思議ではない(写真 :

画像
ネコ派必見!ネコにまつわる英語あれこれ「ネコをかぶる」を英語にすると…

英語にはネコを使った表現がたくさんある(写真:aksenovko / PIXTA)2010年あたりか

画像
就職成功の近道は大学のキャリアセンターだ不採用の特徴から当落ラインまで情報の宝庫

大学のキャリアセンターは、就職に関する多くの情報を持っている。これを活用しない手はない (撮影:大澤


-