言葉を変えるだけで大きく変わる! 印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方|マネブ

マネブNEWS:〔2018.02.26〕目の動きはどんな心理を示す? 「まばたき」「視線 現在の記事数:256972件

-

言葉を変えるだけで大きく変わる! 印象を悪くする断り方、印象を良くする断り方


※画像はイメージ(新刊JPより)。

 多くの悩み事は人間関係に起因することが多い。

 話し方が上手い人は他者から好かれるように、人から嫌われる話し方もあるものだ。嫌われる話し方をしていると、相手からの信頼を得ることもできず、人間関係もギクシャクしてしまいがちだ。

 では、どんな話し方がNGなのか。

 『嫌われないコツ』(植西聰著、ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を参考に、嫌われる「断り方」を2つ、取り上げよう。

■お互い不愉快になる断り方とは?

 言葉には聞いた時に心が明るくなるポジティブなものと、聞いただけで気分が落ち込むネガティブなものがある。

 例えば「無理です」「ダメです」といった、まさに「断るため」の言い方はネガティブ。断る時に気が重く感じたり、人から断られた時に気分が落ち込んだりするのは、これらのネガティブな言葉が使われるからだ。

 では、どう断ればいいのか。それはポジティブな言葉を使いながら断ることだ。

 例えば、「ありがとうございます。私にはもったいないお話ですが、他にもっとふさわしい方がいるのではないかと思います」など、肯定的な言葉を使う。こうすることで、ネガティブな印象が最小限で済むのだ。

■ハッキリとしない言葉を使うのはNG

 ハッキリとした言葉を使わない人は、人間関係がうまくいかない。「考えておきます」と言ったまま回答しなかったり、「別にかまわないけど」と適当な返事をしたまま、いつまでたっても具体的に動かなかったりする人が典型例である。

 あいまいな返事をするということは、本心では断りたいと思っていることが多いが、言われたほうはハッキリしない相手に対し、「いい加減な人」とマイナスの印象を抱くだろう。

 黙っていても相手が察してくれるということはない。言葉に出して伝える以外方法はない。そして、その時はポジティブな言葉を選ぶことも忘れてはいけない。

 少し使う言葉を変えるだけで印象は大きく変わる。できるかぎり人間関係は良好でありたいもの。そんなとき、ちょっとした言葉選びに気を使う意識をするだけでも、相手が抱く印象は良いものになるはずだ。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
目の動きはどんな心理を示す? 「まばたき」「視線の位置」から分かることとは

※画像:『「顔」と「しぐさ」で相手を見抜く』(清水健二著、フォレスト出版刊) もし、相手の表情や動作

画像
米倉誠一郎「幕末人はこんなに創造的だった」砲術家・高島秋帆のクリエイティビティ

米倉氏は、「日本人は非創造的だ」なんてことはないと断言します(撮影:尾形文繁)混迷を極める昨今、瀬戸

画像
40代で渡米しジャズを一から学び直す。大江千里、人生の第二章の現在地

※画像:『ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA刊) 「あい

画像
82歳プログラマーが懸念する「シニアの危機」IoT時代は「デジタルが苦手」で済まされない

自身も銀行を定年退職前後にコンピュータを学び始めた(撮影:尾形文繁)人生100年時代、複数のキャリア

画像
相手の心をつかむ!世代別「出来事」はこれだチキンラーメンの話題が盛り上がる世代は?

世代間の誤解や歪みの原因ともなり得る「戦後の昭和~平成の出来事」を取り上げる(イラスト:ケン・サイト

画像
あなたの判断は本当に合理的? 論理的思考を身に付ける脳トレ

※画像:『論理的思考力を鍛える33の思考実験』(彩図社刊) 論理的に考える力を身に付けたいと思ってい


-