今日からできる! 運がいい人が実践している2つの小さな習慣|マネブ

マネブNEWS:〔2018.07.19〕管理職がずっとデスクにいる会社はNG!? “人が 現在の記事数:262852件

-

今日からできる! 運がいい人が実践している2つの小さな習慣


※画像:『強運が舞い込むとても小さな50のこと。』著:(山崎拓巳著、SBクリエイティブ刊)

 この世には運が良い人と悪い人がいる。しかし、なぜ運が良いのか、なぜ運が悪いのかというのは分からないもの。なぜなら「運」だからだ。

 でも、もし運をたぐり寄せる方法があるとしたら知りたくないだろうか?

 強運の持ち主は、決まって小さなことを大切にしているという。

 その方法が書いているのが『強運が舞い込むとても小さな50のこと。』(山崎拓巳著、SBクリエイティブ刊)である。

 運をもたらす元になる習慣とは一体どんなものだろうか?

■パワースポット的な人を見つける

 努力をしていても、運が向いてこないときは全くこないもの。どうしようもないことはどうしようもない。

 そんなときに、ちょっとした一言で元気にさせてくれたり、前を向かせてくれる人がいる。これがパワースポット的な存在の人だ。

 自分が努力しているのに運が向いてこなかったり、大変なことが続いて心が折れそうになっていたりしているときは、そういうパワースポット的な存在の人と話してみるといいと著者。

 では、どんな人がパワースポット的といえるのか。発見するキーワードは「ありがとう」という言葉だ。

 感情がいろいろなものごとのはじまりだとしたら、「ありがとう」という言葉は、全てのものを一発で良いものに変えてしまうキーワードなのだ。

■うまくいっている人間関係をさらにレベルアップする

 人間関係の運を上げようと思ったら、まず「今、うまくいっている人間関係を大切にする」ということから始めよう。

 難易度の高い問題をクリアしないと成長できないと考えがちだが、人間関係でそれをやってしまうのは間違い。

 すでに成功している人間関係をより良くすることが、人運をアップさせるコツなのだ。

 直感で「この人、合わない」というような相性の悪い人はいる。そういう相手には自分から距離を保つことが重要だが、人の奥底には不思議な世界があり、自分と合わない相手、イラッとさせられる相手ほど興味を持ちやすいことを忘れないようにしておかなければいけないという。

 人間関係でも日常生活でも、ささいなことを見落とさずに大切にする。そんな小さなことの積み重ねが強運をもたらしてくれるということなのだ。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
管理職がずっとデスクにいる会社はNG!? “人が逃げる職場”とは

※画像:『人が集まる職場 人が逃げる職場』(渡部卓著、クロスメディア・パブリッシング刊) 今、働いて

画像
どんな大きな困難の中でも希望を持ち続けるための5つの「思考プロセス

※画像:『KEEP MOVING 限界を作らない生き方』(武藤将胤著、誠文堂新光社刊) ちょっと失敗

画像
パワハラ上司、3つの性格類型…パワハラに無気力になった職場の「悲惨な結末」

「Gettyimages」より 最近、日本レスリング協会や日本大学アメリカンフットボール部の指導に関

画像
「西郷どん」の地 薩摩藩の武力増強を可能にしたイノベーティブな試みとは

※画像:『明治日本の産業革命遺産』(岡田晃著、集英社刊) 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼・造船

画像
「帽子はハゲる」「湯シャンは髪にいい」ちまたにあふれるヘアケア情報の真偽は?

※画像:『育毛のプロが教える 髪が増える髪が太くなるすごい方法』(アスコム刊) 今年は梅雨明けが例年

画像
優秀な大学出身者は、なぜ会社で「うつ病」「子ども社員」になりやすいのか?

「Gettyimages」より 昨今は、「5月病」ならぬ「6月病」ということが多く聞かれるようになっ


-