本当の原因は別にあるかも? 「有言実行できない人」から抜け出すための心理学|マネブ

マネブNEWS:〔2017.03.25〕日本の伝統精神は独断専行を認めていない松下幸之助 現在の記事数:236703件

-

本当の原因は別にあるかも? 「有言実行できない人」から抜け出すための心理学


※画像はイメージ(新刊JPより)。

 自分で「○○します」と言ったのに、何も行動を起こさなかった。

 そういう人は結構いるものだ。で、その理由を聞いてみると次のような答えが返ってくる。

「やろうと思っていたんですけど…」「なかなか時間が取れなくて」「本当にそれでいいかどうか迷っていて」

 いずれにせよ、申し訳なさそうな表情をしている。ただ、自分も有言実行できていないことが多いので、あまり強く言うことはできない。

 では、なぜ人は行動が起こせないのか?

 そもそも人は行動が苦手ということもあるのかもしれない。

 臨床心理士の村松奈美さんは『人は心理学で永遠に幸せになる』(ワニブックス刊)で、次のように説明している。

――イマイチ「生きるか死ぬか」の実感がわかないので、「行動」の力がすぐに反応しません。要するに、人はとても面倒臭がりで、必要に迫られない限りは、なかなか「行動」できない生き物なのです。(『人は心理学で永遠に幸せになる』P128より引用)

 生き物は基本的に「生きるか死ぬか」の環境で生きており、原始時代の人間もそうだった。

 だから、安定した生活の中で先のことを見据えて「すぐ行動する」のは、人間にとってかなり苦手なことだということだ。

 しかし、いくら苦手なこととはいえ、行動をずっと起こさないでいると信頼はガタ落ちし、「あいつはアテにならない」と言われ、人はどんどん離れていくだろう。

 そんなときは、なぜ行動を起こせないのか。原因をちゃんと考えてみることが大事だ。

 「なかなか時間が取れなくて」といった言い訳は、その場しのぎであることが多い。

 実はもう行動に移せないクセがついているのかもしれない。そうしたら少しずつ変えていくしか方法はないだろう。

 本当の原因が分からなければ一生そのままだ。

 時には他者との対話の中で、自分の思考のクセに気付くときもある。トラウマはないか? 「やります」と言ったときに納得して言ったか? 振り返ることはたくさんあるはず。

 結果はどうであれ、言ったことを行動に移す人の方がチャンスはめぐってくる。

 まずは自分自身にその原因を聞いてみよう。

(新刊JP編集部/割井洋太)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
日本の伝統精神は独断専行を認めていない松下幸之助が語った日本人の本質

幸之助の成功のための思考法とは(撮影:高橋孫一郎)江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉

画像
「金・人・時間」がなくてもできた! 資金ショート寸前のタコス屋を甦らせた“制作費ゼロ広告”とは

※画像:『値決めの心理作戦 儲かる一言 損する一言』(日本経済新聞出版社刊) 「金がない・人がいない

画像
実力派コピーライターが教える、「伝わる言葉」を生み出すプロセスと5つのコツ

※画像:『「言葉にできる」は武器になる。』(日本経済新聞出版社刊)■「伝える」の意味をとらえ直す「伝

画像
「社会人と学生」の友人関係は成立するのか「立場の違い」で悩むのはやめよう

社会人と学生の友人関係は難しいものなのでしょうか?(写真:kikuo / PIXTA)→安井さんへの

画像
もっと通じる!英語で「論理的」に話すコツ結論を先に言う、それだけではダメ

プレゼンやディスカッションなどに役に立つポイントとは(写真 : sidelniikov / PIXT

画像
仕事人間の価値観がときに労災を引き起こす福井弁護士会会長の海道宏実さんに聞く

福井弁護士会会長の海道宏実さん福井弁護士会会長の海道宏実さんに、増えるパワハラや長時間労働について聞


-