もうスマホに手を伸ばさない! 簡単に集中力をコントロールする3つの方法|マネブ

マネブNEWS:〔2017.03.25〕日本の伝統精神は独断専行を認めていない松下幸之助 現在の記事数:236703件

-

もうスマホに手を伸ばさない! 簡単に集中力をコントロールする3つの方法


※画像:『仕事はうかつに始めるな』(石川善樹著、プレジデント社刊)

 仕事でも勉強でも、集中力を持続させるのは難しい。

 ついついスマホに手を伸ばしてしまう。ちょっと調べものをするはずが、ネットニュースを読んでしまう。そんなことはよくあることだろう。

 それもそのはずで、1日のうち、高い集中力を発揮できるのは4時間が限界といわれている。では、この4時間を有効に使うにはどうしたらいいのか。

 集中力をコントロールするために「具体的に何をすればいいか」を実践的に解説する『仕事はうかつに始めるな』(石川善樹著、プレジデント社刊)から、その方法を取り上げていこう。

■集中するための3つのテクニック

 集中力がすぐ切れてしまう人は、「自分は意志が弱い」と思ってしまいがちだ。しかし、その考え方の行き先は根性論であり、「もっと意思を強くするんだ」という精神論や根性論では、本質的な解決にはならない。

 そこで重要となるのが、集中するための「3つのテクニック」だ。

1.気を散らせるモノを遠ざける

 重要なポイントは「自分を信用しない」ということ。 もしスマホが気になってしまうならば、目に入らない場所に置いておく。ネットサーファンをしてしまうなら接続を切るといった、気を取られそうなモノをあらかじめ排除しておく方法がある。

 うかつに仕事を始めてはいけない。自分を根性論で律さなくてもいい環境をつくることが重要なのだ。

2.いやいや始めない

 やる気は出ないけど、まずは机についてみる。

 実はこれ、集中力を削ぐ要因となっているので気をつけたい。そもそもその環境と「いやだ」というネガティブ感情を脳が結びつけて記憶してしまうので、脳は机を「やる気の出ない場所」として覚えてしまう。

 いやいや始めても集中力は続かない。しかし、社会人の場合「仕事をする気が起きないから、席につきたくない」とは言えないだろう。なので、「やる気が出ないときに仕事をする場所」を決めておくのがよい。

3.終わりの時間を決める

 始める時間は守っても、仕事を終える時間はルーズ。これは日本人の働き方の特徴である。これは仕事を「質」で管理しようとしているからだ。

 仕事の終わりを徹底するには、仕事を「量」で管理することが必要だ。1時間でアイデアを20個出す、資料を10枚作成するなど「量」を先行させて仕事を進め、別枠で「質」を点検する時間は別枠で設ける。

 これらは基本的なテクニックだが、実践するのとしないのでは大きな差が出てくる。

 うかつに仕事を始めるのではなく、集中するための準備をすること。3つのテクニックをはじめとした集中力をコントロールする方法を手にすれば、仕事も効率アップできるはずだ。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
日本の伝統精神は独断専行を認めていない松下幸之助が語った日本人の本質

幸之助の成功のための思考法とは(撮影:高橋孫一郎)江口克彦氏の『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉

画像
「金・人・時間」がなくてもできた! 資金ショート寸前のタコス屋を甦らせた“制作費ゼロ広告”とは

※画像:『値決めの心理作戦 儲かる一言 損する一言』(日本経済新聞出版社刊) 「金がない・人がいない

画像
実力派コピーライターが教える、「伝わる言葉」を生み出すプロセスと5つのコツ

※画像:『「言葉にできる」は武器になる。』(日本経済新聞出版社刊)■「伝える」の意味をとらえ直す「伝

画像
「社会人と学生」の友人関係は成立するのか「立場の違い」で悩むのはやめよう

社会人と学生の友人関係は難しいものなのでしょうか?(写真:kikuo / PIXTA)→安井さんへの

画像
もっと通じる!英語で「論理的」に話すコツ結論を先に言う、それだけではダメ

プレゼンやディスカッションなどに役に立つポイントとは(写真 : sidelniikov / PIXT

画像
仕事人間の価値観がときに労災を引き起こす福井弁護士会会長の海道宏実さんに聞く

福井弁護士会会長の海道宏実さん福井弁護士会会長の海道宏実さんに、増えるパワハラや長時間労働について聞


-