「箱根駅伝もビジネスも一緒」!? 駅伝3連覇の青山学院大学・原監督に学ぶ「仕事のメソッド」|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.19〕ビジネススクールは「上級語学学校」ではない「MB 現在の記事数:249585件

-

「箱根駅伝もビジネスも一緒」!? 駅伝3連覇の青山学院大学・原監督に学ぶ「仕事のメソッド」


※画像:『逆転のメソッド――箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社刊)

 1月2日、3日にかけて行われた第93回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)は、青山学院大学が総合優勝し、3連覇を達成する結果となった。

 ここ3年間、圧倒的な強さを見せつける青山学院だが、その裏にあるのは原晋(はら・すすむ)監督の手腕が大きいだろう。

 実は原監督、かつてはトップ営業マンだった。中国電力に陸上選手として入ったものの、故障。ビジネスマンとして一から再スタートを切り、約10年間の営業マン生活でトップをつかみとり、青山学院大学の監督に転身。監督就任11年目に箱根駅伝優勝を勝ち取ったという苦労人なのである。

 『逆転のメソッド――箱根駅伝もビジネスも一緒です』(祥伝社刊)では、そんな原監督が、これまで成功をおさめてきた仕事のやり方を披露している。

 本書で印象的なのは、駅伝で優勝することも、ビジネスで成功することも、実はプロセスにおいてもまったく同じだと言っていることだ。

――駅伝にもビジネスにも共通した成功の秘訣は何かというと、その分野で「ここは外してはいけないという何か」をキャッチすることだ。それは、あるときにはキーマンだったり、あるときにはキーワードだったりする。(本書171Pより)

 「外してはいけない何か」をキャッチする。幾度もどん底から這い上がり、栄光をつかんできた原監督の言葉は説得力がある。

 本書では、監督になって導入したという選手たちに課した目標管理シートを本書で公開。神野選手の目標管理シートを例に、半歩先の目標の立て方についても教えてくれる。

 “原メソッド”を吸収し、2017年飛躍の年にしたいものだ。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
ビジネススクールは「上級語学学校」ではない「MBA取得」がよい投資にも失敗にもなるワケ

MBAを取得してメリットはあるのか?(写真:JackF / PIXTA)→安井さんへのキャリア相談は

画像
「ほめるところがない部下」をほめて伸ばす たった一つの方法

※画像:『部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ』(日本実業出版社刊) 企業における上司の価値

画像
日本人は、驚くほど「スキンシップ欠乏症」だ人間は本能的に接触要求を持っているのに…

選挙で多くの候補者が「握手」をする理由とは?(イラスト:poosan / PIXTA)衆議院選挙の投

画像
反薩長の英雄「河井継之助」を知っていますか明治新政府が隠した「もうひとつの戊辰戦争」

地元・長岡の「時代行列」に登場した「ガトリング砲」。写真は2017年10月7日、米百俵まつりの様子(

画像
OB・OG訪問で「好感を持たれない学生」の3特徴「準備不足、質問責め」…あなたは大丈夫?

OB・OG訪問が「次」につながる人、つながらない人の差はどこにあるのでしょうか(写真 : kikuo

画像
残業ばかりの職場はなぜなくならない? 地図化で分かる本当の問題

※画像:『職場の問題地図 「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方』(技術評論社刊) 「働


-