良い仕事は必要な「手抜き」をすることから始まる!? 若いうちに知っておきたい仕事術|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.16〕天才棋士・ひふみんが明かす“長く活躍できるために 現在の記事数:253001件

-

良い仕事は必要な「手抜き」をすることから始まる!? 若いうちに知っておきたい仕事術


※画像:『君が会社で幸せになれる 一生使える仕事力』(佐々木常夫著、ビジネス社刊)

 新年を迎え、気持ちも新たに仕事に取り組もうという人も多いだろう。仕事で結果が出ない、人間関係がつらいといった仕事の悩み事を今年は解決していく年にしたいもの。

 『君が会社で幸せになれる 一生使える仕事力』(佐々木常夫著、ビジネス社刊)は、若いうちにこそ学んでおきたい組織を生き抜き、自由な人生を手に入れる47の働き方の知恵を紹介した一冊。

 本書から、仕事の取り組み方についてピックアップしよう。

■自分の置かれている環境を冷静に見つめよう

 まずは、長時間労働。これに慣れてしまうと、短い時間の中で結果を出すことができなくなり、結果的に効率の悪い仕事しかできなくなりがちだ。

 会社が求めているのは夜遅くまでオフィスにいる人間ではなく、あくまで仕事ができる人間であるはず。周りも長時間労働をしているからといって、それに染まってしまうと自分が損をしてしまうことになる。

 ただ、若手の頃は、上司から任された仕事が終わらず、長時間労働を強いられることも多い。

 佐々木氏はそんな環境に置かれている場合は、不満をこらえて、反面教師として学ぶことが良いと言う。長時間労働をしている自分の現状を冷静になって見つめてみれば「これは無駄だな」「もっと効率的にできるのでは」ということが見えてくるはずだ。

 それが「脱・長時間労働」の鍵になるのは言うまでもない。自分の置かれている環境を逆手に取り、良くするためにどうすればいいかを考えればいいのだ。

■仕事では必要な「手抜き」をすべき

 また、仕事における「手抜き」の大切さについても佐々木氏は述べている。

 「何ごとも全力で取り組むことは大事」というのは確かにそうなのかもしれないが、仕事において必ずしも正しいわけではない。場合によっては「手抜き」が必要なときもあるものだ。

 たとえば、資料を見栄え良く仕上げるために手間をかけたりすることは、時間の浪費になってしまう。

 仕事では「重要なこと」と「そうでもないこと」を分けることが大事であり、忙しい時ほどそれを見極めることが大切だ。重要度の低い仕事は、できるだけ早く済ませるように工夫氏、その分重要な仕事にエネルギーを注ぐのが、賢い仕事のやり方なのだ。

 昨年は仕事がうまくいかなかった。悩みが解決しなかった。そんな人は気持ちも新たに本書から働き方の知恵を学んでみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
天才棋士・ひふみんが明かす“長く活躍できるために必要なこと”

※画像:『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』(加藤一二三著、日本実業出版社刊) 今年大ブレイクし

画像
親子間の「伝わらない」には重大な原因がある「早くしなさい」としかる毎日を変える方法

子どもを勉強嫌いにさせるための究極の言葉は…(写真:Rina / PIXTA)※石田勝紀先生へのご相

画像
簡潔!相手の心を動かす「15語以内」会話術伝説のスライドは、たった3語だけ

伝えたいコア・メッセージは「短くまとめる」ことが肝心です(写真:sabthai / PIXTA)「な

画像
後継社長が勘違いすれば、会社は確実に沈む新社長が心得るべき5つのこと

後継者が心掛けなければならないこととは?(写真:izolabo / PIXTA)前社長は、心の中であ

画像
意外な“備品”が成功を左右する!? 経営者が語る、成功する飲食店、失敗する飲食店

※画像:『串焼き1本80円でも年商1億稼げます』(秀和システム刊) 脱サラや勤めていた店からの独立な

画像
日テレ「先僕」が描く、学校のリアルな課題「HERO」「龍馬伝」の脚本家・福田靖氏に聞く

教育現場の描写がリアルだと話題の「先に生まれただけの僕」。12月16日(土)に最終回を迎える(編集部


-