良い仕事は必要な「手抜き」をすることから始まる!? 若いうちに知っておきたい仕事術|マネブ

マネブNEWS:〔2017.01.20〕トランプ氏の就任式でワシントンが「要塞化」支持者 現在の記事数:219729件

-

良い仕事は必要な「手抜き」をすることから始まる!? 若いうちに知っておきたい仕事術


※画像:『君が会社で幸せになれる 一生使える仕事力』(佐々木常夫著、ビジネス社刊)

 新年を迎え、気持ちも新たに仕事に取り組もうという人も多いだろう。仕事で結果が出ない、人間関係がつらいといった仕事の悩み事を今年は解決していく年にしたいもの。

 『君が会社で幸せになれる 一生使える仕事力』(佐々木常夫著、ビジネス社刊)は、若いうちにこそ学んでおきたい組織を生き抜き、自由な人生を手に入れる47の働き方の知恵を紹介した一冊。

 本書から、仕事の取り組み方についてピックアップしよう。

■自分の置かれている環境を冷静に見つめよう

 まずは、長時間労働。これに慣れてしまうと、短い時間の中で結果を出すことができなくなり、結果的に効率の悪い仕事しかできなくなりがちだ。

 会社が求めているのは夜遅くまでオフィスにいる人間ではなく、あくまで仕事ができる人間であるはず。周りも長時間労働をしているからといって、それに染まってしまうと自分が損をしてしまうことになる。

 ただ、若手の頃は、上司から任された仕事が終わらず、長時間労働を強いられることも多い。

 佐々木氏はそんな環境に置かれている場合は、不満をこらえて、反面教師として学ぶことが良いと言う。長時間労働をしている自分の現状を冷静になって見つめてみれば「これは無駄だな」「もっと効率的にできるのでは」ということが見えてくるはずだ。

 それが「脱・長時間労働」の鍵になるのは言うまでもない。自分の置かれている環境を逆手に取り、良くするためにどうすればいいかを考えればいいのだ。

■仕事では必要な「手抜き」をすべき

 また、仕事における「手抜き」の大切さについても佐々木氏は述べている。

 「何ごとも全力で取り組むことは大事」というのは確かにそうなのかもしれないが、仕事において必ずしも正しいわけではない。場合によっては「手抜き」が必要なときもあるものだ。

 たとえば、資料を見栄え良く仕上げるために手間をかけたりすることは、時間の浪費になってしまう。

 仕事では「重要なこと」と「そうでもないこと」を分けることが大事であり、忙しい時ほどそれを見極めることが大切だ。重要度の低い仕事は、できるだけ早く済ませるように工夫氏、その分重要な仕事にエネルギーを注ぐのが、賢い仕事のやり方なのだ。

 昨年は仕事がうまくいかなかった。悩みが解決しなかった。そんな人は気持ちも新たに本書から働き方の知恵を学んでみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
トランプ氏の就任式でワシントンが「要塞化」支持者と反対派との騒動に備え、厳重警備

 1月19日、ドナルド・トランプ氏の米大統領就任式を翌日に控え、首都ワシントンは事実上「要塞化」して

画像
L.L.ビーンが「トランプ問題」で突然窮地にさわやか企業なのに不買運動が勃発

トランプへの違法献金が問題視されている、L.L.ビーン創業者の孫娘、リンダ・ビーン氏(写真:Crai

画像
全面禁煙は経済損失と考える人の残念な論理喫煙を許容するほうが経済損失が大きい

たばこは“嗜好品”として法的に認められた商品だが……(写真:ファイン / PIXTA)昨年来、厚生労

画像
「変わらないトランプ」は意外にわかりやすい目的の達成がすべて、手段にはこだわらない

1月11日の会見ではメキシコ国境に壁を建設することを改めて強調、CNNの記者の質問を拒絶するなど「変

画像
「逆OB訪問」「逆求人」、就活戦線に異変あり空前の売り手市場で今年は企業が攻める

昨年6月に法政大学で開催された学内企業説明会。大学を経由して学生との接触を図りたい企業は多い (撮影

画像
精神科医が語る、キャリア官僚を自殺未遂に導いた「凡ミス」とは

※画像:『自分の「異常性」に気づかない人たち』(西多昌規著、草思社刊) あなたはメンタルが強い方だろ


-