「お金のために恋人を捨てられますか?」一流コーチが明かす富豪になるための本当の資質|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.23〕電通クリエイティブが明かす 今勝てるマーケティン 現在の記事数:287354件

-

「お金のために恋人を捨てられますか?」一流コーチが明かす富豪になるための本当の資質


※画像:『大きく稼ぐ経営者になる脳のアップグレード術』(現代書林刊)

 あなたは今の自分の収入に満足しているだろうか。「もっと稼ぎたい」という人は、自分の心に聞いてみてほしい。「ぼちぼち稼げればいい」のか。それとも「人がうらやむような大金持ちになりたい」のか? どちらを望むのかで、必要とされる資質もやるべきことも違う。

■「ぼちぼち稼ぐ」のは難しくない!

 『大きく稼ぐ経営者になる脳のアップグレード術』(現代書林刊)の著者で、日本のイメージトレーニング研究のパイオニアとして知られる西田文郎氏は、「ぼちぼち稼ぐこと」は難しいことではない、としている。

 まずは「お金を稼げない人」がおうおうにして持っている、「お金を稼ぐことへの嫌悪感」や「お金持ちは汚い」といった意識を捨てること。

 無意識にでもお金をバカにしたり、軽んじたり、汚いと思っている人間は、必ずその考え方に影響される。「清く貧しく」を良しとしている人は、潜在意識にひきずられてお金を稼げない。

■「稼げない人」が「稼ぐ人」に進化するために必要な2つの秘訣

 世の中には、大きく分けると3種類の人間がいる。

・稼げない人・ぼちぼち稼ぐ人・大きく稼ぐ人 

 この差をつくり出すのは、仕事の能力や才能ではない。稼ぐことに対する心理レベルの差だけである。つまり、「稼げない人」が「ぼちぼち稼ぐ人」になるのは、本気になるだけでいい。

 ただし、本気は必死とは違うことを知っておこう。

 ほとんどの人は、締め切りや納期、ノルマなどのプレッシャーを感じると必死になる。プレッシャーは、不安や恐れなどのマイナス感情から生まれるので、自己防衛的だ。

 このようなマイナスイメージでは楽しくないし、現状を打破するパワーもない。創造力やイマジネーション、判断力や決断力、意欲にも大きな差が出てくる。もっと稼ぎたいのならば、お金を稼ぐことにワクワクして「本気」で楽しめばいい。

 本気になるのに必要なのは、たった2つだ。

1.目標を持つ。2.目標をどう実現しようかといつも考える。

 目標を持ち、どうしたら実現できるかをいつも考えていれば、イヤでも「ぼちぼち稼ぐ人」になるはずだ。目標とは、潜在意識を引き出す最高の仕掛けなのである。

 「願望を持つ」「目標を設定する」――これはいまや成功法の常識でもあるから、解説するまでもないと思う。「ぼちぼち稼ぐ」範囲であれば、これだけで十分だろう。

■あなたは成功のために恋人を捨てられるか

 ただし、「もっと大きく稼ぐ人」になりたいのなら、それだけでは不十分だ。なぜなら、脳には次のような性質があるからだ。

・小さな願望は描けても、大きな願望は描けない(ムリだと思うから)・小さな目標はもてても、大きな目標は持てない(自信がないから)・大きな願望は、長続きしない(疲れてくるから)

 大きく稼ぐためには、ここを超える心のエネルギーが必要になる。それは、現状を否定することから生まれる。

 1億稼いだら次は10億。10億稼いだら今度は100億。この飛躍をリアリティのあるものにするのが「強欲さ」である。西田氏によると、「いやらしいほど強欲になる勇気」があるかが、「大きく稼ぐ人」になるためのキーワードとなる。経済的成功のためなら恋人を捨てることもいとわない。これができる人だけが、大きく稼ぐことができるのだ。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
電通クリエイティブが明かす 今勝てるマーケティングと負けるマーケティング

※画像:『偏愛ストラテジー ファンの心に火をつける6つのスイッチ』(実業之日本社刊) いい商品を作っ

画像
あなたは大丈夫? 「面倒くさい」と思われがちな人の思考パターン

※画像:『かかわると面倒くさい人』(榎本博明著、日本経済新聞出版社刊) 仕事をしていれば「かかわると

画像
心配しすぎるビジネスパーソンのための「人に振り回されない禅の習慣」

※画像:『心配事がスッと消える禅の習慣』(アスコム刊) 「ストレス社会」といわれて久しい昨今、さまざ

画像
父親が単身赴任・専業主婦のほうが子どもの学力が高い、その理由への危険な誤解

「Gettyimages」より 文部科学省が小学6年生と中学3年生を対象に毎年実施している学力調査(

画像
投資の王道「株式投資」“最強の情報源”の読み解き方とは?

※画像:『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』(東洋経済新報社刊) 「投資」と言わ

画像
銀行の不正融資が大問題! 安全な不動産投資の条件とは?

※画像はイメージ(新刊JPより)。 不動産投資家への不正融資問題が発覚したスルガ銀行は、6か月の一部


-