みんながイメージを共有できる! “デキる人”のコミュニケーションの手法|マネブ

マネブNEWS:〔2018.11.02〕「平成最後の大掃除」ズボラな人でも成功できる「鬼 現在の記事数:288039件

-

みんながイメージを共有できる! “デキる人”のコミュニケーションの手法


※画像:『マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える』(幻冬舎刊)

 ビジネスシーンで相手を納得させるには何が必要か。それは数字だろう。いくら「今月はがんばりました」と主張したところで、頑張りが見えなければ、相手に納得してもらうことは難しい。

 なので、数字を使って、相手が納得するように伝えることが大切なのだ。

『マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える』(深沢真太郎著、秋内常良シナリオ、石野人衣作画、幻冬舎刊)は数字を使って物事を伝える方法を教えてくれる一冊だ。

 ビジネスにおいて、規模感が分かればそれで十分なときがある。重要なのは、みんなが同じようなイメージを持てることだ。だから、漠然としたモノを誰もがわかる「量」に置き換えることが大切になる。

 しかし、まだスタートしていないものの規模感をいかに設定すればいいのか。そのためには、仮に決めていくことが大事だ。

 たとえば、「カフェ1日の平均売上高はいくらか?」を仮に決める場合、まずは店内で飲食する人と持ち帰りの人の2種類にお客さんを分ける。

 続いて朝、昼、夜の時間帯によって使う金額が変わるので、混み具合、店内の回転、客単価でそれぞれ想像して、モレなくダブりなく整理し、簡単な表にする。

 次に、「多い」「ふつう」「少ない」といった言葉を具体的な量にしていく。そして、最後にコーヒーなど飲み物だけ頼む客は400円、ケーキやドーナツなどもう1品頼む客は800円と仮定し、計算する。

 こういった情報をもとにして1日の平均売上高を概算するのだ。

 量になっていないものを量で表すことを「定量化」という。定量化するステップは「モレなくダブりなく整理」「量になっていないモノを量にする」「短時間で総量を捉える」という3つ。

 ここで大切なのは、計算の答えが合っているかどうかではなく、このような手順で問題を考えることができるかどうか。そして、それを短時間でできるかどうかが大切であるという。

 数字は「コトバ」であり、コミュニケーションに使うツールでもある。相手と同じイメージを持つことができ、世界中で使うことができる。特に、ビジネスのように考え方も行動パターンも違う人が一緒になって何かを進めていく場合には、強みを発揮する。

 説明がうまくできない、伝わらない、相手を納得することができない、こういった悩みを抱えているビジネスマンは、数字をコトバとして捉え、数字で伝える技術を身につければ、解決するかもしれない。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
「平成最後の大掃除」ズボラな人でも成功できる「鬼速片づけ」

※画像:『なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ』(アスコム刊) 今年の年末は、いろんなことが「

画像
アドラー心理学に学ぶ「働き方改革」を「職場でも家庭でも幸せになる改革」に変える方法

※画像:『アドラー式働き方改革 仕事も家庭も充実させたいパパのための本』(熊野英一著、小学館クリエイ

画像
今さら人には聞けない「フィンテック」「暗号通貨」、基礎の基礎

※画像:『暗号通貨最前線 初心者でもわかるフィンテック入門』(信長出版刊) もう今さら人には聞けない

画像
『SUITS』中島裕翔のシーンで致命的ミス…真似ると危険な織田裕二の「やり手スーツ」

「SUITS/スーツ - フジテレビ」より 織田裕二主演の月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレ

画像
父が亡くなる間際に……オードリー若林が「自分探し」の先に辿り着いた境地とは

※画像:『ナナメの夕暮れ』(文藝春秋刊) 自分がよくわからないから「自分探し」をずっとやってきた――

画像
サッカー日本代表・南野選手、大ブレイクの秘密は「瞑想」! 仕事のスキルを高める瞑想法

※画像:『心配事がスッと消える禅の習慣』(アスコム刊) サッカー日本代表の若きエースとして大活躍中の


-