目のケアは血流改善から? 視力低下、ドライアイのためのエクササイズ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.19〕三日坊主の人でも継続力がつく 朝にやるべきたった 現在の記事数:286232件

-

目のケアは血流改善から? 視力低下、ドライアイのためのエクササイズ


※画像:『酸素不足が病気をつくる』(あさ出版刊)

 パソコンやスマートフォンは、もはや私たちの生活と切り離すことはできません。

 それだけに、現代人にとって目のケアは必須。長時間見続けることによる視力低下やドライアイといった問題に多くの人が悩まされています。

 『酸素不足が病気をつくる』(あさ出版刊)の著者で、中医学の見地から体の不調のケアを行う「日本リバース」院長の今野清志さんによると、視力低下やドライアイの原因の一つは「血流悪化からくる目の栄養不足」なのだそう。

■目のケアは血流改善から

 今野さんが目のケアの方法として提唱しているエクササイズの一つに「タッピング」があります。

 これは目の周辺を指先や拳で軽くたたくことで、酸素を運ぶ血流を促進するというもの。以下の手順通り試してみましょう。

1.眉毛のすぐ上のラインの眉間を、親指以外の4本の指の指先で10回タッピング。こめかみ方向へ少しずらして10回、さらにずらして10回と、眉毛の上のラインに沿って眉尻までタッピングします。

2.目の1cm下も同様に10回ずつタッピングします。

3.こめかみから頭頂に向かって同様に10回ずつタッピングします。

 タッピングは軽く、リズミカルに(1秒に3回くらいの速さが適切)が秘訣。続けていると目の周りの血行が良くなっていくのを実感できるかも。

■現代人が失いつつある「正しい呼吸」

 「ほとんどの病気は酸素の欠乏が原因で起きている」と語っているように、今野さんが目のケアを含めた体の不調のケアで最も重視しているのが「酸素」です。

 目や耳、手足など、体の末端にまで酸素を行きわたらせるためには、前述のように血行を改善するのも一つの方法ですが、呼吸によって体内に酸素を取り込む力を強くしておくのも、より根本的な対処法なのだそう。

 そもそも現代人は猫背になりがちですし、スマホを見ることなどで首を下に曲げ続ける姿勢をとることが多くなっています。猫背はお腹を圧迫しますし、首を下に傾けると気道が狭まります。

 今野さんによると、こうしたことから十分な呼吸ができていない人が多いのだとか。しっかり酸素を吸い込む呼吸をするには、まずは姿勢を正すこと。そのうえで大切なのが

・最初に、肺の中の空気を残らず吐ききること・6秒以上かけて吐き出すこと

 だといいます。

 「酸素を取り込む呼吸」というと、息を思い切り吸えばいいと思うかもしれませんが、ポイントはむしろ時間をかけてしっかりと息をすべて吐ききること。これによって深い呼吸ができ、同時に呼吸筋が鍛えられていくといいます。◇

 本書では、「酸素」というキーワードで、視力低下やドライアイだけでなく、頭痛や肩こり、耳鳴り、目まいといった体の各部の不調について、その症状を改善するための方法がまとめられています。いずれも日頃のちょっとした心がけと簡単なエクササイズを組み合わせたものばかり。

「最近目が悪くなったかも」「耳の聞こえが悪い」「肩こりが治らない」

 いずれの人にとっても、本書からは役立つ情報を得られるはずです。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
三日坊主の人でも継続力がつく 朝にやるべきたった一つのこと

※画像:『成果を出す人、出せない人との大きな違い その『1分』を変えなさい!』(実業之日本社刊) 自

画像
ナポリスもヒラカワコーポレーションも…あなたの会社は大丈夫? 「倒産する会社」のヤバい兆候

※画像: 『なぜ倒産 23社の破綻に学ぶ失敗の法則』(日経BP社刊) 堅調な業績を上げていたかに見え

画像
ラジオでかけてもらえなかった曲が…「ボヘミアン・ラプソディ」が世界で大ヒットしたきっかけ

※画像:『すごいイノベーター70人のアイデア』(ポール・スローン著、 中川泉翻訳、TAC出版刊) 世

画像
NHK朝ドラ『まんぷく』のモデルにも…「大阪人」の気質が生んだ発明品たち

※画像:『隠れ大阪人の見つけ方』(なにわクリエイターズ著、祥伝社刊) お笑いのメッカ、天下の台所など

画像
あなたもやっているかも? 残業する人の「NGな働き方」と解決策

※画像:『朝イチのメールが残業を増やす』(菅原洋平著、日本経済新聞出版社刊) 出社してからのルーティ

画像
みんながイメージを共有できる! “デキる人”のコミュニケーションの手法

※画像:『マンガでわかる デキる人は「数字」で伝える』(幻冬舎刊) ビジネスシーンで相手を納得させる


-