あなたが「信用される人間」かどうかを決定付ける最重要ポイント|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.20〕人生は逆転可能 非学歴エリートから成功者になるた 現在の記事数:261863件

-

あなたが「信用される人間」かどうかを決定付ける最重要ポイント


「Thinkstock」より

 成功を手にしたければ、人から信用されることが必要です。そして、人から信用されたければ、約束を守ることが必要になります。当たり前の話に聞こえるでしょうか。しかし、高い能力やスキルを持っている人でも、きちんと約束を守れる人ばかりではありません。約束をおろそかにする人は、案外多いのです。身近な例から考察してみましょう。

小さな約束を守らなければ、信用されなくなる

 信用を勝ち取るのに必要なのは、「事業を成功させる」とか「売上目標を達成する」といった大きなことよりも、むしろ小さな約束を守ることです。  先日、筆者の知り合いが、ホームページの管理を依頼した業者(個人事業主)に何度頼んでも、領収書を送ってくれないと憤慨していました。電話で依頼をするたびに「近日中に送ります」というのに、全然送ってこないというのです。

 知り合いは、これだけで業者を信頼できなくなってしまい、契約を打ち切ってしまいました。業者を信頼できれば、もっと大きな仕事も依頼したかったようですから、残念なことです。

「やるといってやらない」のは、それがどんなに小さなことでも、信用を落とす原因になると考えるべきです。そして、「やるといってやらない人に仕事を依頼すべきでない」のは、ビジネス上の常識でもあります。こうしたことを忘れないようにしましょう。

「約束を守らない人」と見なされないように注意

 筆者も最近、約束を守ってもらえないことにがっかりして、協力するのをやめた案件があります。

 まだ若い知り合いから、ある仕事の企画書の書き方を教えてほしいと相談を受けましたので、承知して、面会できる候補日を知らせたのですが、なぜか当人からの音信が途絶えてしまいました。

 何カ月かたって別件でメッセージを送ると、「このあいだは相談しておきながら、連絡せず申し訳ありませんでした。あらためてお願いできませんか」という内容のメールが届きました。これがあまりに丁寧な文章でしたので、あらたに承知した上で、同時に私からも1つ(ごく簡単な)お願いごとをすると、「すぐにやっておきます」と返事がきたのですが、それが実行されることはありませんでした。

 この人物は、日頃は常識人に見え、世間話をする相手としては楽しかったのですが、こうしたことがあると、それ以上の付き合いはしないほうがよいと思えてしまうものです。ましてや、ビジネスをする間柄になるとか、仕事のために誰かを紹介するといったことは、躊躇せざるを得なくなります。  本人には、教育的な意味を込めて注意をしておきましたが、こんなことが続けば「約束を守らない人」というレッテルを貼られてしまうのが普通ですから、注意が必要です。「時間を守る人」になって信頼を高める

 私たちは、常に周囲の人から「信用できるかどうか」を見られています。特にいじわるな目で見られているわけではありません。誰にとっても、信用できるかどうかを見極めるのは大事なことですから、自然とそうなってしまうのです。

 普段から、小さな約束を守ることで信用を得るよう心掛けましょう。たとえば、時間を守ることも大切なことのひとつです。多くの人が、信用できるかどうかの判断基準として、「時間を守る人かどうか」を見ています。

 時間にルーズな人は、たとえば「出発の時間を自分で指定しておきながら、その時間になっても現れない」といった行動で、周囲を困らせます。

 先日もビジネス上の知人が、同僚の行動にいらだったと話してくれたことがあります。夜遅くに同僚から電話があって、翌日地下鉄で乗り合わせることになったが、当日地下鉄のホームにその同僚がどこを探しても見当たらない。そうするとメールが入って、やはり車で行くことにしたので現地で落ち合いたいという。そして結局は、現地での集合時間にも大幅に遅れてきたというのです。こんなことがあると、その同僚の信頼できない行動が、ほかにもいろいろと思い当たるようになり、嫌になっているのだそうです。

「パンクチュアル」な対応をする人になる

 時間については、約束を守るのと同時にパンクチュアル(すばやく、几帳面)であることを心掛けたいものです。常識的な範囲内のスピードや丁寧さでいいですから、いつも信頼できる対応をする人と思ってもらえるようにしましょう。

 たとえばメールを受け取って、即答が難しいからと、返事もせずに何日も置いておくのは好ましくありません。その場合は、とりあえず返事をして、この件は「いつまでに返答します」と伝え、その期限を守るようにします。そして当然のことながら、遅れを生じさせるやむを得ない事態が起きれば、事前に連絡をします。

 こんな簡単なことですが、すべての人が実行できているわけではありません。筆者の周りにも、どんな対応をすべきかわかっていながら、ダラダラとした仕事の進め方で、上司からいつも叱られているような人はいます。

 約束を守らなくても、人が付き合いを続けてくれるのは、自分が顧客の立場であるときだけでしょう。誰でも顧客には、辛抱強く付き合うものですが、そうでなければ約束を守らない人からは、皆すぐに遠ざかっていくものです。小さな約束を守ることの大切さを肝に銘じて、信用を高めていきたいものです。(文=松崎久純/グローバル人材育成専門家、サイドマン経営代表)

●松崎久純(まつざき・ひさずみ)企業の海外赴任者や海外拠点の現地社員を対象にグローバル人材育成を行う専門家。サイドマン経営・代表。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師。著書に『好きになられる能力 ライカビリティ 成功するための真の要因』(光文社)、『英語で学ぶトヨタ生産方式 エッセンスとフレーズのすべて』(研究社)、『イラストで覚える生産現場の英語』(ジャパンタイムズ)など多数。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
人生は逆転可能 非学歴エリートから成功者になるための努力の方法

※画像:『非学歴エリート』(飛鳥新社刊) 良い大学に入れなかった。仕事がつまらない。思い描いていたキ

画像
新任マネージャーは「扱いの難しいクセモノ部下」とどう接するのが正解?

※画像: 『リーダーシップのなかった僕がチームで結果を出すためにした44のこと』(佐藤達郎著、加納徳

画像
「情報に踊らされるバカ」にならないための3つのキーワード

※画像: 『国際メディア情報戦』(講談社刊) あなたは普段、メディアやネットで見聞きする「情報」をど

画像
JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき“激走穴馬”

週末の宝塚記念は波乱必死! いろいろな出来事があった2018年も、いよいよ半分が終わろうとしている。

画像
アジア最後のフロンティア「ミャンマー」は本当に有望な投資先か?

※画像:『ミャンマー 驚きの素顔 現地取材 アジア最後のフロンティア』(三橋貴明著、実業之日本社刊)

画像
自信がない人、自分が好きになれない人への「筋トレ」のススメ

※画像:『超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由』(Testos


-