仕事の遅い人は知っておきたい あなたの集中力を邪魔する思考とは?|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.18〕JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至 現在の記事数:261764件

-

仕事の遅い人は知っておきたい あなたの集中力を邪魔する思考とは?


※画像:『入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツ』(石井貴士著、すばる舎リンケージ刊)

 なかなか仕事が進まない。優先順位がつけられず、あっちこっち手を出してはすべて中途半端になってしまう。

 仕事をしていると、どうしてもこういう状況に陥ってしまいがちです。そして、早く帰りたいのに仕事が終わらず、残業をする羽目に……。

 この問題をクリアするための一つの手段として、自分の集中力をコントロールするという方法があります。高い集中力を保ち、一気に仕事を終わらせてしまうのです。

 ただ、集中状態を保つのはなかなか難しいこと。一体どうすればいいのでしょうか?

 『入社1年目から差がついていた! 仕事ができる人の「集中」する習慣とコツ』(石井貴士著、すばる舎リンケージ刊)では、集中状態に入るために簡単に実践できるコツと習慣が紹介されています。

 集中状態を保つためには、「あなたの集中力を邪魔するもの」を知っておくべきでしょう。

 例えば朝、仕事を始めるときに「今日は集中して仕事しよう!」と漠然と思ってはいないでしょうか。この漠然とした思いが、実は集中を邪魔しているのかもしれません。

 集中できる人は何時から何時までという「ゾーンタイム」を決めています。

 著者の石井さんによれば、集中は15分ごとの波を繰り返すといいます。それを意識してスケジュールを組み、「朝9時から11時までの2時間は集中する時間」と決めてしまい、毎日その時間集中する習慣付けをすれば、ゾーン状態に入りこみやすくなるのです。

 もう一つ、ゾーンに入りやすくするための習慣付けが出来ていない人は、もしかしたら雑用仕事を「単なる雑用」と軽視しているかもしれません。

 これは、雑用を上手く使うことで、ゾーンに入りやすい状態を作ることができるからです。

 人間はいきなり集中できるものではなく、次第に気持ちをあげていったり、何かのきっかけがあってスイッチを切り替えるもの。

 なので、仕事で集中したいと思ったときは、雑用仕事をウォーミングアップとして捉えてみてはいかがでしょう。例えば朝イチのメール返信は「助走」になりやすい作業。少しずつスイッチを切り替えていき、優先度の高い仕事に取りかかっていくのです。

 1日のうち、数時間、集中できる時間を作れれば、仕事の効率は劇的に上がるはず。なかなか集中できないという人は、参考にしてみてはいかがでしょう。(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき“激走穴馬”

週末の宝塚記念は波乱必死! いろいろな出来事があった2018年も、いよいよ半分が終わろうとしている。

画像
アジア最後のフロンティア「ミャンマー」は本当に有望な投資先か?

※画像:『ミャンマー 驚きの素顔 現地取材 アジア最後のフロンティア』(三橋貴明著、実業之日本社刊)

画像
自信がない人、自分が好きになれない人への「筋トレ」のススメ

※画像:『超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由』(Testos

画像
「現地化」と「社会的イノベーション」 ある日本企業がインドで注目された理由

※画像:『インドでつくる!売る!』(須貝信一著、実業之日本社刊) ホンダ、ヤマハ発動機、カシオ、キヤ

画像
「お客様の笑顔」「仕事=やりがい大切」という危険な思想…多くの人を生きづらく

「Gettyimages」より仕事に「やりがい」を感じてはいけないのか? 仕事はあくまでも生計を立て

画像
「会社に何をしてもらうか」ではなく「会社に何ができるか」成功企業の管理職はココが違う!

■企業再建、業績改善のプロ集団がやってきたこと※画像:『なぜ、誰もあなたの思い通りに動いてくれないの


-