貯金がなかなか貯まらない人が見落としている意外な出費って?|マネブ

マネブNEWS:〔2018.05.23〕“不特定多数を巻き込む” 企業に画期的アイディア 現在の記事数:260837件

-

貯金がなかなか貯まらない人が見落としている意外な出費って?


※画像:『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』著:風呂内亜矢/祥伝社

 どうしても欲しいものがあるけれど、節約のために泣く泣く購入を見送った。そんな経験はありませんか?

 しかし、本当の節約上手は、欲しいものを手に入れながら貯蓄もできると『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』の著者、風呂内亜矢さんはいいます。

 その秘密が「ラテ・マネー」。

 これは、アメリカの資産コンサルタント、デヴィッド・バック氏が定義した、意識せずに使っている「自分にとって実は重要ではないお金」のことです。

 必要性を感じていないにもかかわらず、習慣だからと毎日買っている「カフェラテのようなもの」というたとえからきているのだそう。

 一杯400円のカフェラテでも1年間飲めば10万円以上の出費になります。習慣で浪費してしまうには惜しい金額ですね。このように、まとまった収入があるのに貯蓄がうまく行かない人のなかには、少額だと気にせずにお金を使ってしまう人がとても多いのだといいます。

 風呂内さんは本のなかで、日常生活からラテ・マネーを徹底的に排除し、少額でも大金でも「自分が価値を感じないものに対しては、お金を払わない」というのが非常に重要な指針だと述べています。

 ラテ・マネーを減らし本当に欲しいものだけ買うことで、節約へのストレスが減り、貯蓄を続けられることもメリットです。

 本書には「自炊にこだわるのはキケン」や「ふるさと納税はキケン」など、これまでの常識を覆すような節約術が多く掲載されています。

 節約したいけれど続かない、テレビで紹介されていた節約術を試したけれどうまくいかない。そんなあなたにおすすめの一冊です。(文:ハチマル)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
“不特定多数を巻き込む” 企業に画期的アイディアをもたらす方法とは?

※画像:『クラウドストーミング 組織外の力をフルに活用したアイディアのつくり方』(CCCメディアハウ

画像
TEDに学ぶ、「一流のプレゼン」と「三流のプレゼン」の違い

※画像:『TEDトーク 世界最高のプレゼン術』(ジェレミー・ドノバン著、中西真雄美訳、新潮社刊) ど

画像
日本ダービー、「今年は荒れる」関係者が断言…衝撃の裏情報満載、「穴の1点勝負」

ダノンプレミアムの裏事情とは… 今週末の東京優駿(日本ダービー)について競馬関係者に話を聞くと、「今

画像
「また会いたい」とはならない男がしがちなダメ会話とは?

※画像:『男の婚活は会話が8割 「また会いたい」にはワケがある!』(青春出版社刊) なかなか二度目の

画像
現代人が悩む「耳の不調」対策に覚えておきたい体の「ツボ」

※画像:『驚くほど耳がよくなる!たった10秒の「耳トレ」』(SBクリエイティブ刊) 最近では作家・ミ

画像
「社員教育にお金を使いすぎて潰れた会社はない」理美容業界の革命児が最も大切にすること

※画像:『人財教育、こうすれば、やめない、つづく、成長する!』(ダイヤモンド社刊) 社長が自ら年間約


-