貯金がなかなか貯まらない人が見落としている意外な出費って?|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.21〕心配しすぎるビジネスパーソンのための「人に振り回 現在の記事数:287297件

-

貯金がなかなか貯まらない人が見落としている意外な出費って?


※画像:『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』著:風呂内亜矢/祥伝社

 どうしても欲しいものがあるけれど、節約のために泣く泣く購入を見送った。そんな経験はありませんか?

 しかし、本当の節約上手は、欲しいものを手に入れながら貯蓄もできると『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』の著者、風呂内亜矢さんはいいます。

 その秘密が「ラテ・マネー」。

 これは、アメリカの資産コンサルタント、デヴィッド・バック氏が定義した、意識せずに使っている「自分にとって実は重要ではないお金」のことです。

 必要性を感じていないにもかかわらず、習慣だからと毎日買っている「カフェラテのようなもの」というたとえからきているのだそう。

 一杯400円のカフェラテでも1年間飲めば10万円以上の出費になります。習慣で浪費してしまうには惜しい金額ですね。このように、まとまった収入があるのに貯蓄がうまく行かない人のなかには、少額だと気にせずにお金を使ってしまう人がとても多いのだといいます。

 風呂内さんは本のなかで、日常生活からラテ・マネーを徹底的に排除し、少額でも大金でも「自分が価値を感じないものに対しては、お金を払わない」というのが非常に重要な指針だと述べています。

 ラテ・マネーを減らし本当に欲しいものだけ買うことで、節約へのストレスが減り、貯蓄を続けられることもメリットです。

 本書には「自炊にこだわるのはキケン」や「ふるさと納税はキケン」など、これまでの常識を覆すような節約術が多く掲載されています。

 節約したいけれど続かない、テレビで紹介されていた節約術を試したけれどうまくいかない。そんなあなたにおすすめの一冊です。(文:ハチマル)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
心配しすぎるビジネスパーソンのための「人に振り回されない禅の習慣」

※画像:『心配事がスッと消える禅の習慣』(アスコム刊) 「ストレス社会」といわれて久しい昨今、さまざ

画像
父親が単身赴任・専業主婦のほうが子どもの学力が高い、その理由への危険な誤解

「Gettyimages」より 文部科学省が小学6年生と中学3年生を対象に毎年実施している学力調査(

画像
投資の王道「株式投資」“最強の情報源”の読み解き方とは?

※画像:『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』(東洋経済新報社刊) 「投資」と言わ

画像
銀行の不正融資が大問題! 安全な不動産投資の条件とは?

※画像はイメージ(新刊JPより)。 不動産投資家への不正融資問題が発覚したスルガ銀行は、6か月の一部

画像
世界のトップ・ビジネススクールで教えている、出世の早い人の「共通点」

「Gettyimages」より 前回の記事で、アマチュアスポーツ界における組織上層部によるパワハラ問

画像
「平均点の人生」と「最高得点の人生」どっちがいい? 納得のいく最大限の人生を創るための考え方

※画像:『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』(幻冬舎刊) 今、あなたは、自分の仕事や人生の状態


-