江戸っ子の定番「べらんめえ!」って……どういう意味? 意外と知らない江戸文化を学ぶ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕「おもてなし」は自己満足? 売り上げにつながらな 現在の記事数:285309件

-

江戸っ子の定番「べらんめえ!」って……どういう意味? 意外と知らない江戸文化を学ぶ


※画像:『なぜ江戸っ子を「ちゃきちゃき」と言うのか』著:中江克己/PHP研究所

 時代劇を見ていると、よく職人風のお兄さんが「べらんめえ!こちとら○○よ!」と、威勢よくまくしたてる場面が出てくる。

 なんとなく聞き流しているが、この「べらんめえ」とはどういう意味だろうか。

 『なぜ江戸っ子を「ちゃきちゃき」と言うのか』(中江克己著 PHP研究所刊)は、江戸時代に使われた言葉や当時の流行をまとめた一冊だ。

 本書のなかで「べらんめえ」という言葉についての解説がされている。

 「べらんめえ」は元々「べら棒」といい、「ばかやろう」という意味だそうだ。この言葉、江戸っ子のあいだで使われた言葉だが、意外にも起源は上方にあるという。

 寛文年間(1661~72)、大阪道頓堀の見世物小屋に「便乱坊(べらぼう)」という人物が登場し、人気を集めたそうだ。真っ黒の体に赤い目で、頭はとんがり、猿のようなあご。愚鈍なしぐさで、見物客を笑わせた。

 その見世物から、「ばか」や「たわけ」の意味で、「べらぼう」という言葉が流行したという。

 ところがこの言葉、江戸では定着したが、どういうわけか大阪では使われなくなっていった。いつのまにか江戸の職人特有の言葉になったのだ。

 ほかにも本書には江戸で使われていた沢山の言葉が掲載されている。 奥深い江戸の文化を気軽に楽しめる一冊だ。(文:ハチマル)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
「おもてなし」は自己満足? 売り上げにつながらない「過剰サービス」に要注意!

※画像:『おもてなし幻想 デジタル時代の顧客満足と収益の関係』(実業之日本社刊) 「働き方改革」が注

画像
投資で億万長者となったトレーダーが大切にしていることとは?

※画像:『Billion trader(億トレーダー) ひろぴーの読むFX』(ひろぴー著、ダイヤモン

画像
結論は出なくてもいい 子どもの考える力を養うメソッドとは?

※画像:『自信をもてる子が育つ こども哲学』(川辺洋平著、ワニブックス刊) これからの時代において必

画像
カリスマ経営者が無職になって気づいた「仕事と人生で大切なこと」とは?

※画像:ハワイに住んでサーフィンしてたら会社やめちゃいました』(WAVE出版刊) 仕事なんか投げ出し

画像
投資で億万長者となったトレーダーが大切にしていることとは?

※画像:『Billion trader(億トレーダー) ひろぴーの読むFX』(ひろぴー著、ダイヤモン

画像
成功者は会社や人間の先行きをどういう部分で見ているのか?

※画像:『普通はつらいよ』(マキノ出版刊) 成功している人間は変わった視点を持っているものだ。そして


-