江戸っ子の定番「べらんめえ!」って……どういう意味? 意外と知らない江戸文化を学ぶ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.11.02〕「平成最後の大掃除」ズボラな人でも成功できる「鬼 現在の記事数:289307件

-

江戸っ子の定番「べらんめえ!」って……どういう意味? 意外と知らない江戸文化を学ぶ


※画像:『なぜ江戸っ子を「ちゃきちゃき」と言うのか』著:中江克己/PHP研究所

 時代劇を見ていると、よく職人風のお兄さんが「べらんめえ!こちとら○○よ!」と、威勢よくまくしたてる場面が出てくる。

 なんとなく聞き流しているが、この「べらんめえ」とはどういう意味だろうか。

 『なぜ江戸っ子を「ちゃきちゃき」と言うのか』(中江克己著 PHP研究所刊)は、江戸時代に使われた言葉や当時の流行をまとめた一冊だ。

 本書のなかで「べらんめえ」という言葉についての解説がされている。

 「べらんめえ」は元々「べら棒」といい、「ばかやろう」という意味だそうだ。この言葉、江戸っ子のあいだで使われた言葉だが、意外にも起源は上方にあるという。

 寛文年間(1661~72)、大阪道頓堀の見世物小屋に「便乱坊(べらぼう)」という人物が登場し、人気を集めたそうだ。真っ黒の体に赤い目で、頭はとんがり、猿のようなあご。愚鈍なしぐさで、見物客を笑わせた。

 その見世物から、「ばか」や「たわけ」の意味で、「べらぼう」という言葉が流行したという。

 ところがこの言葉、江戸では定着したが、どういうわけか大阪では使われなくなっていった。いつのまにか江戸の職人特有の言葉になったのだ。

 ほかにも本書には江戸で使われていた沢山の言葉が掲載されている。 奥深い江戸の文化を気軽に楽しめる一冊だ。(文:ハチマル)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
「平成最後の大掃除」ズボラな人でも成功できる「鬼速片づけ」

※画像:『なかなか捨てられない人のための 鬼速片づけ』(アスコム刊) 今年の年末は、いろんなことが「

画像
アドラー心理学に学ぶ「働き方改革」を「職場でも家庭でも幸せになる改革」に変える方法

※画像:『アドラー式働き方改革 仕事も家庭も充実させたいパパのための本』(熊野英一著、小学館クリエイ

画像
今さら人には聞けない「フィンテック」「暗号通貨」、基礎の基礎

※画像:『暗号通貨最前線 初心者でもわかるフィンテック入門』(信長出版刊) もう今さら人には聞けない

画像
『SUITS』中島裕翔のシーンで致命的ミス…真似ると危険な織田裕二の「やり手スーツ」

「SUITS/スーツ - フジテレビ」より 織田裕二主演の月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレ

画像
父が亡くなる間際に……オードリー若林が「自分探し」の先に辿り着いた境地とは

※画像:『ナナメの夕暮れ』(文藝春秋刊) 自分がよくわからないから「自分探し」をずっとやってきた――

画像
サッカー日本代表・南野選手、大ブレイクの秘密は「瞑想」! 仕事のスキルを高める瞑想法

※画像:『心配事がスッと消える禅の習慣』(アスコム刊) サッカー日本代表の若きエースとして大活躍中の


-