江戸っ子の定番「べらんめえ!」って……どういう意味? 意外と知らない江戸文化を学ぶ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.21〕心配しすぎるビジネスパーソンのための「人に振り回 現在の記事数:287297件

-

江戸っ子の定番「べらんめえ!」って……どういう意味? 意外と知らない江戸文化を学ぶ


※画像:『なぜ江戸っ子を「ちゃきちゃき」と言うのか』著:中江克己/PHP研究所

 時代劇を見ていると、よく職人風のお兄さんが「べらんめえ!こちとら○○よ!」と、威勢よくまくしたてる場面が出てくる。

 なんとなく聞き流しているが、この「べらんめえ」とはどういう意味だろうか。

 『なぜ江戸っ子を「ちゃきちゃき」と言うのか』(中江克己著 PHP研究所刊)は、江戸時代に使われた言葉や当時の流行をまとめた一冊だ。

 本書のなかで「べらんめえ」という言葉についての解説がされている。

 「べらんめえ」は元々「べら棒」といい、「ばかやろう」という意味だそうだ。この言葉、江戸っ子のあいだで使われた言葉だが、意外にも起源は上方にあるという。

 寛文年間(1661~72)、大阪道頓堀の見世物小屋に「便乱坊(べらぼう)」という人物が登場し、人気を集めたそうだ。真っ黒の体に赤い目で、頭はとんがり、猿のようなあご。愚鈍なしぐさで、見物客を笑わせた。

 その見世物から、「ばか」や「たわけ」の意味で、「べらぼう」という言葉が流行したという。

 ところがこの言葉、江戸では定着したが、どういうわけか大阪では使われなくなっていった。いつのまにか江戸の職人特有の言葉になったのだ。

 ほかにも本書には江戸で使われていた沢山の言葉が掲載されている。 奥深い江戸の文化を気軽に楽しめる一冊だ。(文:ハチマル)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
心配しすぎるビジネスパーソンのための「人に振り回されない禅の習慣」

※画像:『心配事がスッと消える禅の習慣』(アスコム刊) 「ストレス社会」といわれて久しい昨今、さまざ

画像
父親が単身赴任・専業主婦のほうが子どもの学力が高い、その理由への危険な誤解

「Gettyimages」より 文部科学省が小学6年生と中学3年生を対象に毎年実施している学力調査(

画像
投資の王道「株式投資」“最強の情報源”の読み解き方とは?

※画像:『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』(東洋経済新報社刊) 「投資」と言わ

画像
銀行の不正融資が大問題! 安全な不動産投資の条件とは?

※画像はイメージ(新刊JPより)。 不動産投資家への不正融資問題が発覚したスルガ銀行は、6か月の一部

画像
世界のトップ・ビジネススクールで教えている、出世の早い人の「共通点」

「Gettyimages」より 前回の記事で、アマチュアスポーツ界における組織上層部によるパワハラ問

画像
「平均点の人生」と「最高得点の人生」どっちがいい? 納得のいく最大限の人生を創るための考え方

※画像:『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』(幻冬舎刊) 今、あなたは、自分の仕事や人生の状態


-