日経平均は100円安、米国株安を受け利益確定売りが先行、一巡後の戻り鈍い=6日前場|マネブ

マネブNEWS:〔2018.02.22〕21日の東京株式市場見通し=軟調な展開か 現在の記事数:256784件

-

日経平均は100円安、米国株安を受け利益確定売りが先行、一巡後の戻り鈍い=6日前場


 6日午前9時25分時点の日経平均株価は前日比100円29銭安の2万2522円09銭。5日の米国株安を受け、利益確定売りが先行した。下げ幅を広げ、一時2万2481円75銭(前日比140円63銭安)まで下押した。その後下げ渋っているが、戻りは鈍い。 業種別では、住友鉱<5713>、住友電工<5802>などの非鉄金属株や、新日鉄住金<5401>、神戸鋼<5406>などの鉄鋼株が軟調。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株も売られ、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株も値を下げている。 半面、任天堂<7974>、大日印<7912>などのその他製品株が堅調。JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株や、リクルートH<6098>、DeNA<2432>などのサービス株も買われている。 個別では、ジンズメイト<7448>、アインHD<9627>、CTS<4345>、北の達人<2930>、ファースト住<8917>などの下げが目立つ。半面、アイビーシー<3920>がカイ気配となり、日特建<1929>、さが美<8201>、ヨシックス<3221>などの上げも目立つ。 午前9時25分時点の東京外国為替市場は、1ドル=112円40銭台(前日終値は1ドル=112円62銭−64銭)、1ユーロ=132円90銭台(同1ユーロ=133円54銭−58銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の東京株式市場見通し=軟調な展開か

 予想レンジ:2万1800円−2万2100円(20日終値2万1925円10銭) 21日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、日産自など

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
21日寄り付きの日経平均株価=17円32銭高の2万1942円42銭

 21日の日経平均株価は前日比17円32銭高の2万1942円42銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均は17円高スタート、円安支えに買いが先行=21日寄り付き

 21日の日経平均株価は前日比17円32銭高の2万1942円42銭で寄り付いた。1ドル=107円台前

画像
日経平均は26円安、高寄り後に下げ転換、円安支えも米国株安が重し=21日寄り付き

 21日午前9時25分時点の日経平均株価は前日比26円08銭安の2万1899円02銭。朝方は、1ドル


-