インターライフが急騰、第2四半期は営業利益4.6倍予想に引き上げ|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.17〕16日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそうだ 現在の記事数:249446件

-

インターライフが急騰、第2四半期は営業利益4.6倍予想に引き上げ


 インターライフホールディングス<1418>が急騰し、一時68円高の357円を付けている。午前9時38分時点で65円高の354円となり、ジャスダック値上がり率2位にランクされている。11日引け後に18年2月期第2四半期(17年3−8月)の連結業績予想を上方修正し、評価機運が高まった。 第2四半期業績予想は、売上高が119億700万円から121億1000万円(前年同期比25.5%増)、営業利益が1億8400万円から3億100万円(同4.6倍)に引き上げられた。主力の工事事業において原価低減などの収益向上の取り組みが進み、利益拡大につながった。 提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
16日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそうだ

 予想レンジ:2万1000円−2万1250円(13日終値2万1155円18銭) 16日の東京株式は、

画像
新興市場トップピック=PRTIMESが今2月期上期決算を発表

 13日の新興市場はマザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反落した。東証1部市場で日経平均株価が2

画像
<相場の見方、歩き方>景気が株価を後押し、日経平均株価21年ぶりの高値から新たなステージへ(1)

<与党優勢が株価堅調の一因> 鈴木一之です。すっかり秋めいてきました。この季節、「ひと雨1度」と言わ

画像
<相場の見方、歩き方>景気が株価を後押し、日経平均株価21年ぶりの高値から新たなステージへ(2)

(1)から続く<21年ぶりの高値をけん引する意外な銘柄> 日経平均はついに2万1000円の大台を超え

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 16日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、神戸鋼など

 16日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 


-