インターライフが急騰、第2四半期は営業利益4.6倍予想に引き上げ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.19〕18日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:286232件

-

インターライフが急騰、第2四半期は営業利益4.6倍予想に引き上げ


 インターライフホールディングス<1418>が急騰し、一時68円高の357円を付けている。午前9時38分時点で65円高の354円となり、ジャスダック値上がり率2位にランクされている。11日引け後に18年2月期第2四半期(17年3−8月)の連結業績予想を上方修正し、評価機運が高まった。 第2四半期業績予想は、売上高が119億700万円から121億1000万円(前年同期比25.5%増)、営業利益が1億8400万円から3億100万円(同4.6倍)に引き上げられた。主力の工事事業において原価低減などの収益向上の取り組みが進み、利益拡大につながった。 提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
18日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2900円−2万3150円(14日終値2万3094円67銭) 18日の東京株式は、

画像
<相場の見方、歩き方>秋相場でじっくり狙うべきセクターは情報・通信、中でもソフトウエアは要注目(1)

<やはり米中貿易戦争の行方がすべてのカギ> 鈴木一之です。株式市場はまさに風雲急を告げる、というよう

画像
<相場の見方、歩き方>秋相場でじっくり狙うべきセクターは情報・通信、中でもソフトウエアは要注目(2)

(1)からつづく 半導体は電子デバイスの一種であり、半導体と電子部品は家電製品の中に一緒に搭載されま

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 18日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、マネックスGなど

 18日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
18日寄り付きの日経平均株価=52円48銭安の2万3042円19銭

 18日の日経平均株価は前週末比52円48銭安の2万3042円19銭で寄り付いた。提供:モーニングス


-