DMPがストップ高カイ気配、第2四半期の一転黒字化見込みを好感|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.17〕16日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそうだ 現在の記事数:249446件

-

DMPがストップ高カイ気配、第2四半期の一転黒字化見込みを好感


 ディジタルメディアプロ(DMP)<3652>が503円ストップ高の3250円カイ気配。午前10時10分時点で差し引き30万株超の買い物となっている。11日引け後に18年3月期第2四半期(17年4−9月)の単体業績予想を上方修正、一転して黒字化見込みとなり、好感されている。 第2四半期業績予想は、売上高が2億7000万円から4億4000万円(前年同期比2.29倍)に引き上げられ、営業損益は1億9000万円の赤字から1500万円の黒字(前年同期は3億6400万円の赤字)に浮上する。IPコアライセンス事業における新規ライセンス契約およびランニングロイヤリティ収入が期初計画を上回る進ちょくとなり、プロフェッショナルサービス事業も受託開発売上高が堅調に推移したことで、収益を押し上げる。 提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
16日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそうだ

 予想レンジ:2万1000円−2万1250円(13日終値2万1155円18銭) 16日の東京株式は、

画像
新興市場トップピック=PRTIMESが今2月期上期決算を発表

 13日の新興市場はマザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反落した。東証1部市場で日経平均株価が2

画像
<相場の見方、歩き方>景気が株価を後押し、日経平均株価21年ぶりの高値から新たなステージへ(1)

<与党優勢が株価堅調の一因> 鈴木一之です。すっかり秋めいてきました。この季節、「ひと雨1度」と言わ

画像
<相場の見方、歩き方>景気が株価を後押し、日経平均株価21年ぶりの高値から新たなステージへ(2)

(1)から続く<21年ぶりの高値をけん引する意外な銘柄> 日経平均はついに2万1000円の大台を超え

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 16日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、神戸鋼など

 16日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 


-