日経平均は13円安、買い先行後に下げ転換=19日前場|マネブ

マネブNEWS:〔2017.08.18〕17日の東京株式市場見通し=手掛かり難のなか、小 現在の記事数:245953件

-

日経平均は13円安、買い先行後に下げ転換=19日前場


 19日午前9時20分時点の日経平均株価は前日比13円33銭安の1万9540円53銭。朝方は、18日の米国株高や円高一服を支えに買いが先行し、一時1万9599円99銭(前日比46円13銭高)まで上昇する場面があった。その後は上値が重く、株価指数先物売りに下げに転じている。トランプ米政権の先行き不透明感は根強く、手控え気分に傾いている。 業種別では、国際帝石<1605>などの鉱業株が堅調。第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株や、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も買われている。 個別では、上野動物園(台東区)のジャイアントパンダ「シンシン」に妊娠の兆候が表れ、関連銘柄の東天紅<8181>が急騰。オルトプラス<3672>、タカタ<7312>、enish<3667>などの上げも目立つ。 半面、関西電<9503>、大ガス<9532>などの電気ガス株が軟調。JR東日本<9020>、東武<9001>などの陸運株も売られ、日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株もさえない。 個別では、タクマ<6013>、ジンズメイト<7448>、ソルクシーズ<4284>、ネツレン<5976>などが値下がり率上位。 午前9時20分時点の東京外国為替市場は、1ドル=111円30銭台(前日終値は1ドル=110円91銭−92銭)、1ユーロ=123円60銭台(同1ユーロ=123円47銭−51銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
17日の東京株式市場見通し=手掛かり難のなか、小動きの展開が続きそう

 予想レンジ:1万9600円−1万9900円(16日終値1万9729円28銭) 17日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 17日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、三井金属、三菱重工など

 17日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
17日寄り付きの日経平均株価=21円53銭安の1万9707円75銭

 17日の日経平均株価は前日比21円53銭安の1万9707円75銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均は続落スタート、先行き不透明感が漂うなか売りが先行=17日寄り付き

 17日の日経平均株価は、前日比21円53銭安の1万9707円75銭と続落してスタート。16日の米国

画像
日経平均は10円程度安、円高・ドル安に振れ弱含みの展開に=17日寄り付き

 午前9時27分すぎの日経平均株価は、前日比10円程度安の1万9720円前後で推移。午前9時15分に


-