日経平均は11円安、構成銘柄では大阪ガス、スカパーJ、凸版などが値下がり率上位|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.17〕16日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそうだ 現在の記事数:249446件

-

日経平均は11円安、構成銘柄では大阪ガス、スカパーJ、凸版などが値下がり率上位


 19日午前10時46分時点の日経平均株価は前日比11円66銭安の1万9542円20銭。朝方は、18日の米国株高や円高一服を支えに買いが先行し、一時1万9599円99銭(前日比46円13銭高)まで上昇した。買い一巡は上値が重く、株価指数先物売りに下げ転換。その後、いったん小幅高に戻したが、円下げ渋りもあって再びマイナス圏で推移している。トランプ米政権の先行き不透明感は根強く、手控え気分が強い。 日経平均構成銘柄では、大阪ガス<9532>、スカパーJ<9412>、凸版<7911>などが値下がり率上位。半面、丸井G<8252>、楽天<4755>、東エレク<8035>などが値上がり率上位。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
16日の東京株式市場見通し=もみ合いとなりそうだ

 予想レンジ:2万1000円−2万1250円(13日終値2万1155円18銭) 16日の東京株式は、

画像
新興市場トップピック=PRTIMESが今2月期上期決算を発表

 13日の新興市場はマザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反落した。東証1部市場で日経平均株価が2

画像
<相場の見方、歩き方>景気が株価を後押し、日経平均株価21年ぶりの高値から新たなステージへ(1)

<与党優勢が株価堅調の一因> 鈴木一之です。すっかり秋めいてきました。この季節、「ひと雨1度」と言わ

画像
<相場の見方、歩き方>景気が株価を後押し、日経平均株価21年ぶりの高値から新たなステージへ(2)

(1)から続く<21年ぶりの高値をけん引する意外な銘柄> 日経平均はついに2万1000円の大台を超え

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 16日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、神戸鋼など

 16日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 


-