21日の東京株式市場見通し=買いが先行し、戻りを試す場面も|マネブ

マネブNEWS:〔2017.07.25〕<相場の見方、歩き方>強まる個別重視の流れ、日経 現在の記事数:244421件

-

21日の東京株式市場見通し=買いが先行し、戻りを試す場面も


 予想レンジ:1万8400円−1万8600円(20日終値1万8430円49銭) 21日の東京株式は、米国株高を背景に買いが先行し、戻りを試す場面もありそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の前半(20日終値108円99銭−109円01銭)と円安に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=117円台の前半(同117円14−18銭)と小動き。対ドルでの円安から、輸出関連株へ買い戻しの動きが進む可能性もある。ただ、現地23日にフランスで大統領選挙が行われるが「国民戦線のルペン候補の得票次第では株価に影響を与える可能性もある」(中堅証券)との声も聞かれ、様子見気分が強まることも想定される。20日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でパナソニック<6752>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などを中心に、20日の東京終値に比べ、ほぼ全面高。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、20日の大阪取引所終値比100円高の1万8570円だった。(高橋克己)21日の主な経済指標・スケジュール【国内】・13:30 2月第三次産業活動指数・決算発表=ジャフコ<8595>【海外】(時間は日本時間)・17:00 ユーロ圏4月PMI・23:00 米3月中古住宅販売件数・国際通貨基金(IMF)、世銀の春季総会(23日まで)・ブラジル市場休場・決算発表=GE、シュルンベルジェ◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
<相場の見方、歩き方>強まる個別重視の流れ、日経平均株価のこう着に惑わされるな

 鈴木一之です。関東地方は梅雨が明け、いよいよ夏本番です。 米国の株式市場には「サマーラリー」という

画像
24日の東京株式市場見通し=続落後、弱含みの展開となりそう

 予想レンジ:1万9800円−2万円(21日終値2万99円75銭) 24日の東京株式は続落後、弱含み

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 24日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、三井金属、三菱重工など

 24日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
24日寄り付きの日経平均株価=126円08銭安の1万9973円67銭

 24日の日経平均株価は前週末比126円08銭安の1万9973円67銭で寄り付いた。提供:モーニング

画像
日経平均は126円安スタート、欧米株安や円高を嫌気=24日寄り付き

 24日の日経平均株価は前週末比126円08銭安の1万9973円67銭で寄り付いた。前週末の欧米株安


-