日経平均は133円高、米国株高・円安で買い先行、高寄り後は上げ一服=21日前場|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.23〕22日の東京株式市場見通し=反落後、落ち着きどこ 現在の記事数:262009件

-

日経平均は133円高、米国株高・円安で買い先行、高寄り後は上げ一服=21日前場


 21日午前9時30分時点の日経平均株価は前日比133円53銭高の1万8564円02銭。朝方は、米税制改革への期待を背景にした20日の米国株高や円安・ドル高を好感し、買い優勢で始まり、1万8591円82銭(前日比161円33銭高)と高く寄り付いた。その後は、上げ一服商状となっている。 業種別では、旭硝子<5201>、太平洋セメ<5233>などのガラス土石株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株が上昇。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も買われている。ブリヂス<5108>、住友ゴム<5110>などのゴム製品株も堅調。 個別では、17年3月期の連結利益予想を上方修正して期末配当増額のトーエネク<1946>や、17年3月期の連結業績予想を上方修正したイビデン<4062>が上伸。レナウン<3606>、メンバーズ<2130>、アルビス<7475>などの上げも目立つ。 半面、数千億規模の減損処理を検討していると複数メディアが報じた日本郵政<6178>や、リクルートHD<6098>などのサービス株が軟調。 個別では、18年3月期連結業績は連続減収減益見通しのエンプラス<6961>や、ゲンキー<2772>、北の達人<2930>、コア<2359>などの下げが目立つ。子会社・富士ゼロックスの海外販売子会社での会計処理の妥当性を確認するため17年3月期連結決算の発表を延期する富士フイルム<4901>も大幅安。 午前9時30分時点の東京外国為替市場は、1ドル=109円30銭台(前日終値は1ドル=108円99銭−109円01銭)、1ユーロ=117円20銭台(同1ユーロ=117円14銭−18銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京株式市場見通し=反落後、落ち着きどころを探る展開か

 予想レンジ:2万2300円−2万2700円(21日終値2万2693円04銭) 22日の東京株式は反

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、マネックスG、メルカリなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
22日寄り付きの日経平均株価=236円59銭安の2万2456円45銭

 22日の日経平均株価は前日比236円59銭安の2万2456円45銭で寄り付いた。提供:モーニングス

画像
日経平均が反落スタート、欧米株安などで売りが優勢に=22日寄り付き

 22日の日経平均株価は、前日比236円59銭安の2万2456円45銭と反落してスタートした。現地2

画像
日経平均は210円程度安、欧米株式の下落や対ドルでの円高進行が重し=22日寄り付き

 22日午前9時20分すぎの日経平均株価は、前日比210円程度安い2万2480円前後で推移。現地21


-