日経平均は50円程度高、手掛かり材料難のなか堅調な動き=20日寄り付き|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.27〕26日の東京株式市場見通し=方向感の出づらい展開 現在の記事数:240846件

-

日経平均は50円程度高、手掛かり材料難のなか堅調な動き=20日寄り付き


 午前9時30分時点の日経平均株価は、前日比50円程度高の1万8490円前後で推移している。手掛かり材料難のなか、円高一服などを受け、午前9時24分には同65円28銭高の1万8497円48銭を付ける場面も見られるなど、堅調な動きとなっている。シカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、19日の大阪取引所終値比20円安の1万8390円だった。財務省が寄り付き前に発表した9−15日の対外対内証券売買契約は、非居住者の株式取引が3152億円の取得超で3週連続で取得超となっている。 業種別では、浜ゴム<5101>、ブリヂス<5108>などのゴム株や、デンソー<6902>、トヨタ<7203>などの輸送用機器株が上昇。ソニー<6758>、キーエンス<6861>などの電機株や、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などの銀行株も高い。大和証G<8601>や野村<8604>などの証券株や、LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も堅調。第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株や、アコム<8572>、オリックス<8591>などのその他金融株も上昇している。 個別では、19日引け後、17年3月期業績予想の上方修正と期末配当予想の増額を発表したスタートトゥ<3092>が続伸。その他では、NOK<7240>、イノテック<9880>、オハラ<5218>、日写印<7915>などが高い。半面、17年3月期の連結業績予想を引き下げた京都友禅<7615>が4日ぶり反落。その他では、JACR<2124>、ランド<8918>、わらべや日洋<2918>、JXTG<5020>などが安い。 東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1160万株、買い1100万株で、差し引き60万株の売り越し」(外資系証券)。午前9時32分時点の東京外国為替市場は、1ドル=108円台の後半(19日終値は1ドル=108円81−83銭)、1ユーロ=116円台の半ば(同116円77−81銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
26日の東京株式市場見通し=方向感の出づらい展開か

 予想レンジ:1万9700円−1万9900円(25日終値1万9813円13銭) 26日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 26日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、三井金属、三菱重工など

 26日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
26日寄り付きの日経平均株価=14円64銭安の1万9798円49銭

 26日の日経平均株価は前日比14円64銭安の1万9798円49銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均は14円安スタート、直近上昇で利益確定売りが先行=26日寄り付き

 26日の日経平均株価は前日比14円64銭安の1万9798円49銭で寄り付いた。円相場が小動きのなか

画像
日経平均は42円安、NY原油先物安や円やや強含みも重し=26日前場

 26日午前9時26分時点の日経平均株価は前日比42円34銭安の1万9770円79銭。朝方は、直近上


-