資産運用会社の収入、2019年までに最大で30%減少も-モルガンS|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.23〕22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:287354件

-

資産運用会社の収入、2019年までに最大で30%減少も-モルガンS


世界的な資産運用会社の収入は手数料やリターンへの圧力が弱まることなく続けば、今後2年に最大で30%減少する可能性がある-。モルガン・スタンレーおよびコンサルタント会社、オリバー・ワイマンは共同でまとめたリポートの中でこう指摘した。

ベッツィー・グラセック氏らモルガン・スタンレーのアナリストとオリバーのパートナー、クリスチャン・エデルマン氏は同リポートで、2019年までに手数料がさらに10%下落し、投資資金が手数料の低い金融商品に移行を続ければ、業界全体の総収入が3%減少にとどまるとの基本シナリオを示した。

しかし、より弱気な2つのシナリオが示すリスクは上振れリスクよりも高いとし、「下振れリスクの方が高いと判断している」と指摘。金融政策が景気浮揚に失敗したり、資産拡大の初期に基準価額の暴落が起これば、収入は約30%減少するとの見方を示した。

このリポートは低手数料のパッシブ運用ファンドからシェアを守ろうとするアクティブ運用ファンドの課題を浮き彫りにしている。モルガン・スタンレーによると、アクティブ運用ファンド間の資金フローはパッシブ運用ファンドに向かうフローのなお2.5倍前後あり、基準価額と金融商品が資金運用会社にとって鍵になるという。

関連ニュースと情報:ファーストワード日本語スクロール画面:FIRSTファーストワード日本語画面:NH BFW外国個別銘柄ニュース:NI GAIKABU

原題:Asset Manager Revenue May Fall 30% by 2019, Morgan Stanley Says(抜粋)

Sarah Jones

【関連記事】 3月17日の海外株式・債券・為替・商品市場 米国株(17日):小幅安、国債利回り低下で金融売り・公益事業買い NY原油(17日):ほぼ横ばい、減産合意の先行き不透明感で NY金(17日):続伸、緩やかな利上げペース見通しで安心感続く NY外為(17日):ドル下落、米インフレ期待のデータが低調
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2400円−2万2700円(19日終値2万2532円08銭) 22日の東京株式は、

画像
<相場の見方、歩き方>徐々に広がる米中貿易摩擦の影響を警戒、決算確認後でも遅くはない(1)

<あちらこちらで問題が露呈、株式市場は波乱の展開> 鈴木一之です。この原稿を作成するのは金曜日の昼過

画像
<相場の見方、歩き方>徐々に広がる米中貿易摩擦の影響を警戒、決算確認後でも遅くはない(2)

(1)から続く<日銀の「さくらリポート」から見える地方の状況> 日銀は10月18日、木曜日に全国の支

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、KYBなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
22日寄り付きの日経平均株価=157円87銭安の2万2374円21銭

 22日の日経平均株価は前週末比157円87銭安の2万2374円21銭で寄り付いた。提供:モーニング


-