EU当局、デリバティブ新規則への適用範囲を縮小-草案|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.15〕14日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:252927件

-

EU当局、デリバティブ新規則への適用範囲を縮小-草案


欧州連合(EU)の新たなトレーディング規則からデリバティブ(金融派生商品)の多くについて適用を除外させようと、銀行や資産運用会社は1年以上にわたり働き掛けてきた。そして今、その試みは成功しつつあるようだ。

EUの市場監督当局である欧州証券市場監督機構(ESMA)は、トレーディング前に透明性基準の達成を義務づけた新たな規則の下、プラットホームに多くの種類の取引を移行させる時期について、これまでの提案を緩和した。複数の業界団体からこれまでの提案は対象があまりに広範囲で、コスト上昇を招くとの反論が上がったことを受け、「より慎重なアプローチ」を取ることにしたという。

2月28日に公表した草案で、ESMAは1月3日に発効した金融・資本市場に関わる包括的な規制、第2次金融商品市場指令(MiFID2)への適用が義務づけられる、いわゆるパッケージ取引の基準を狭めた。MiFID2は流動性が十分にあると見なされる市場が対象で、金利スワップやその他のデリバティブなどの市場の半分以上に適用される可能性があった。

この草案について、国際スワップデリバティブ協会(ISDA)で欧州公共政策担当の責任者を務めるロジャー・コガン氏は1日、適用基準に「いくつか重要な改善が盛り込まれている」と評価。「トレーディング前の透明性基準が流動性に乏しいパッケージにまで適用されると、取引執行リスクとコストの上昇を招くことになる」と指摘した。

ESMAはこの案で承認を受けるため欧州委員会に回付。欧州委の報道官はこの件でコメントを控えた。

原題:Banks Set to Win Derivatives Relief in New EU Trading Rules (1)(抜粋)

Silla Brush

【関連記事】 連合:春闘でのベースアップは0.43%、前年と同水準に 【債券週間展望】長期金利低下か、年度末の好需給観測で買いとの見方 スコットランドの将来決める権利、メイ英首相にはない-SNP副党首 トランプ米大統領の発言が影響も、新入国制限令差し止め上訴で きょうの国内市況(3月17日):株式、債券、為替市場
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
14日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2600円−2万2800円(13日終値2万2758円07銭) 14日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 14日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、パナソニックなど

 14日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
14日寄り付きの日経平均株価=58円77銭安の2万2699円30銭

 14日の日経平均株価は前日比58円77銭安の2万2699円30銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均は3日続落スタート、対ドルでの円高進行で売り優勢=14日寄り付き

 14日の日経平均株価は、前日比58円77銭安の2万2699円30銭と3日続落してスタート。現地13

画像
日経平均は10円程度高、プラス転換も買い手掛かり難から、方向感の出づらい展開=14日寄り付き

 14日午前9時32分すぎの日経平均株価は、前日比10円程度高い2万2770円前後で推移している。寄


-