GPIFや3共済:リスク資産が100兆円突破、トランプ相場追い風|マネブ

マネブNEWS:〔2017.08.23〕22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:246213件

-

GPIFや3共済:リスク資産が100兆円突破、トランプ相場追い風


年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や共済年金などの「公的年金」が保有する株などリスク資産の保有が100兆円を超え、過去最高を更新した。トランプ相場と呼ばれる世界的な株高・金利上昇と円安が追い風となった格好だ。

日本銀行が17日公表した資金循環統計によると、公的年金が保有する日本株の残高は昨年末に44兆2769億円、外国証券も61兆7745億円と、それぞれ過去最高を記録。昨年6月末には両資産とも2014年末以来の水準まで残高が目減りしていたが、大幅な円安で為替換算額が膨らんだ。

昨年10-12月期に公的年金は日本株を564億円買い越した。買い越しは2四半期ぶり。外国証券は2594億円と2四半期連続で買い越した。同統計の公的年金はGPIFや国家公務員共済組合連合会(KKR)、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団、年金特別会計などからなる。

半面、国債・財融債は5893億円の売り越しだ。売り越しは14四半期連続。昨年末の保有残高は49兆2160億円と2四半期連続で減り、04年6月以来の低水準となった。昨年前半は日本銀行のマイナス金利政策を受けた金利低下で残高が増えたものの、7-9月期から減少基調に戻っている。

トランプ政権の景気対策効果を見込んで昨年11月から顕著になった世界的な株高と金利上昇は円安圧力ともなり、公的年金などの日本の機関投資家の運用環境を大きく変えた。株高と円安がリスク性資産の評価額を押し上げた半面、金利の急上昇は債券には逆風となった。GPIFは14年10月に国内債の目標値を60%から35%に下げ、内外株式は12%ずつから25%ずつに、外債は11%から15%へ変更。期待収益率は高いが価格変動も大きいリスク資産を増やしたため、世界的な株価の騰落や円相場の影響を受けやすくなっている。昨年10-12月期は収益額が約10.5兆円、年末の運用資産残高は144.8兆円とともに過去最高を記録した。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:1万9300円−1万9500円(21日終値1万9393円13銭) 22日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、三井金属、三菱重工など

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
日経平均は20円安スタート、円高止まりが重しで売りが先行=22日寄り付き

 22日の日経平均株価は前日比20円02銭安の1万9373円11銭で寄り付いた。21日の米国株式は高

画像
日経平均は11円安、円高止まりで売り先行後は前日終値近辺でもみ合い=22日前場

 22日午前9時25分の日経平均株価は前日比11円11銭安の1万9382円02銭。朝方は、対ドルでの

画像
日経平均は7円安、業種別値下がり率上位は水産農林、鉱業、陸運など

 22日午前10時時点の日経平均株価は前日比7円33銭安の1万9385円80銭。朝方は、対ドルでの円


-