14日の東京株式市場見通し=反発後、堅調な展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2019.03.23〕22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:290792件

-

14日の東京株式市場見通し=反発後、堅調な展開か


 予想レンジ:2万1300円−2万1600円(13日終値2万1290円24銭) 14日の東京株式は反発後、堅調な展開か。きのう13日に大幅反落した反動や、現地13日の欧米株式が上昇した動きなどから、買い先行のスタートとなろう。手掛かり材料難が続くが、リバウンド狙いの買いも見込まれそう。ただ、日本時間の午前11時には、中国で2月鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資が発表される。米中貿易摩擦による中国経済への影響が懸念されるなか、同指標の内容を確認したいとして、模様眺めムードが広がる可能性もある。為替相場は、ドル・円が1ドル=111円台の前半(13日終値は111円33−34銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=126円台の前半(同125円57−61銭)と円安に振れている。 13日のADR(米国預託証券)は円換算値で、LINE<3938>、コマツ<6301>、パナソニック<6752>などが、13日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比235円高の2万1285円だった。(高橋克己)14日の主な経済指標・スケジュール【国内】・ 8:50 週間の対外対内証券売買契約・日銀金融政策決定会合(15日まで)・決算発表=神戸物産<3038>・IPO(新規上場)=エヌ・シー・エヌ(NCN)<7057>(ジャスダック)【海外】(時間は日本時間)・11:00 中国2月鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資・21:30 米2月輸出入物価、米週間の新規失業保険申請件数・23:00 米1月新築住宅販売件数・決算発表=アドビ、ブロードコム、ダラー・ゼネラル◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万1400円−2万1700円(20日終値2万1608円92銭) 22日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、エーザイ、ソフバンGなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、ガンホー、ソフトバンクなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
22日寄り付きの日経平均株価=104円34銭高の2万1713円26銭

 22日の日経平均株価は前営業日比104円34銭高の2万1713円26銭で寄り付いた。提供:モーニン

画像
日経平均が続伸スタート、米国株の堅調な相場展開を受け買い先行=22日寄り付き

 22日の日経平均株価は、20日終値比104円34銭高の2万1713円26銭と続伸してスタート。現地

画像
日経平均は60円程度高、買い先行も上値が重い展開に=22日寄り付き

 22日午前9時25分すぎの日経平均株価は、20日終値比60円程度高い2万1670円前後で推移する。


-