<新興国eye>ブラジル中銀週報:19年インフレ見通し、3.87%上昇に上方修正|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.22〕21日の東京株式市場見通し=手掛かり材料でもみ合 現在の記事数:290140件

-

<新興国eye>ブラジル中銀週報:19年インフレ見通し、3.87%上昇に上方修正


 ブラジル中央銀行が11日発表した経済週報「フォーカス・ブルティン」によると、同中銀の委託を受けて民間アナリストが予想した、中銀のIPCA(拡大消費者物価指数)で見た19年のインフレ見通しは前週予想の3.94%上昇から3.87%上昇になり、改善方向に上方修正された。上方修正は4週連続、1カ月前の予想は4.02%上昇だった。20年の見通しは前週予想の4.00%上昇に据え置かれた。据え置きは84週連続となった。 19年実質GDP(国内総生産)伸び率の見通しは前週予想の対前年比伸び率2.50%増に据え置かれた。据え置きは2週連続、1カ月前の予想は2.57%増だった。一方、20年の見通しも前週予想の2.50%増に据え置かれた。据え置きは2週連続、1カ月前の予想も2.50%増だった。 19年末時点の政策金利の見通しは前週予想の6.50%に据え置かれた。1カ月前の予想は7.00%だった。20年末時点の見通しも前週予想の8.00%に据え置かれた。据え置きは15週連続となった。 為替レートの見通しは、19年末時点の見通しが1ドル=3.70レアルに据え置かれた。1カ月前の予想は3.80レアルだった。20年末時点の見通しも3.75レアルに据え置かれた。1カ月前の予想は3.80レアルだった。<関連銘柄> ボベスパ<1325>、iSエマジン<1582>、上場MSエマ<1681>、 iS新興国<1362>、上場EM債<1566> 提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の東京株式市場見通し=手掛かり材料でもみ合いとなりそう

 予想レンジ:2万1300円−2万1600円(20日終値2万1431円49銭) 21日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフバンGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、アンジェス、ソフトバンクなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
21日寄り付きの日経平均株価=9円18銭安の2万1422円31銭

 21日の日経平均株価は前日比9円18銭安の2万1422円31銭で寄り付いた。提供:モーニングスター

画像
日経平均が4日ぶり小反落スタート、利益確定売りが先行=21日寄り付き

 21日の日経平均株価は、前日比9円18銭安の2万1422円31銭と4日ぶりに小反落してスタート。現

画像
日経平均は60円程度安、シカゴ終値にサヤ寄せ後も利益確定売りが優勢の展開=21日寄り付き

 21日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比60円程度安い2万1370円前後で推移。午前9時1


-