日経平均は297円安、構成銘柄ではニコン、洋缶HD、旭化成などが値下がり率上位|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.22〕21日の東京株式市場見通し=手掛かり材料でもみ合 現在の記事数:290140件

-

日経平均は297円安、構成銘柄ではニコン、洋缶HD、旭化成などが値下がり率上位


 8日午前10時55分時点の日経平均株価は前日比297円56銭安の2万453円72銭。朝方は、売り優勢で始まった。7日の欧米株安や米中貿易交渉の先行き不透明感から投資家心理が悪化。下げ幅を広げ、一時2万450円53銭(前日比300円75銭安)まで下押した。その後も安値圏で推移している。 日経平均構成銘柄では、ニコン<7731>、洋缶HD<5901>、旭化成<3407>などが値下がり率上位。半面、テルモ<4543>、ソニー<6758>、明治HD<2269>などが値上がり率上位。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の東京株式市場見通し=手掛かり材料でもみ合いとなりそう

 予想レンジ:2万1300円−2万1600円(20日終値2万1431円49銭) 21日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフバンGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、アンジェス、ソフトバンクなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
21日寄り付きの日経平均株価=9円18銭安の2万1422円31銭

 21日の日経平均株価は前日比9円18銭安の2万1422円31銭で寄り付いた。提供:モーニングスター

画像
日経平均が4日ぶり小反落スタート、利益確定売りが先行=21日寄り付き

 21日の日経平均株価は、前日比9円18銭安の2万1422円31銭と4日ぶりに小反落してスタート。現

画像
日経平均は60円程度安、シカゴ終値にサヤ寄せ後も利益確定売りが優勢の展開=21日寄り付き

 21日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比60円程度安い2万1370円前後で推移。午前9時1


-