日経平均は169円安、構成銘柄ではニコン、三井E&SH、住友鉱などが値下がり率上位|マネブ

マネブNEWS:〔2019.01.16〕15日の東京株式市場見通し=反落後、もみ合いとな 現在の記事数:289307件

-

日経平均は169円安、構成銘柄ではニコン、三井E&SH、住友鉱などが値下がり率上位


 9日午前10時55分時点の日経平均株価は前日比169円11銭安の2万2317円81銭。朝方は、売りが先行した。8日の米国株式は高安まちまちながら、前日の大幅上昇(401円高)の反動でいったん弱含んだ。対ドルでの円弱含みを支えに小幅高に転じる場面もあったが、株価指数先物売りを交えて再び軟化し、一時2万2282円63銭(前日比204円29銭安)まで下げ幅を拡大した。週末要因による持ち高調整売りの動きとなり、中国・上海総合指数安も重しとして意識された。その後も安値圏で推移している。 日経平均構成銘柄では、ニコン<7731>、三井E&SH<7003>、住友鉱<5713>などが値下がり率上位。半面、GSユアサ<6674>、丸井G<8252>、太平洋セメ<5233>などが値上がり率上位。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
15日の東京株式市場見通し=反落後、もみ合いとなりそう

 予想レンジ:2万50円−2万300円(11日終値2万359円70銭) 15日の東京株式は反落後、も

画像
<相場の見方、歩き方>世界の金融市場に4つの不安材料―当面は慎重スタンスで臨もう(1)

<FRBの姿勢転換は大きなプラス材料> 鈴木一之です。年が改まりました。今年もよろしくお願いいたしま

画像
<相場の見方、歩き方>世界の金融市場に4つの不安材料―当面は慎重スタンスで臨もう(2)

(1)からつづく 英国最大の自動車メーカーであるジャガー・ランドローバーが、最大で4500人の人員削

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフバンGなど

 15日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、ソフトバンクなど

 15日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
15日寄り付きの日経平均株価=94円88銭安の2万264円82銭

 15日の日経平均株価は前週末比94円88銭安の2万264円82銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ


-