18日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.23〕22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:287354件

-

18日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か


 予想レンジ:2万2900円−2万3150円(14日終値2万3094円67銭) 18日の東京株式は、弱含みの展開か。17日の米国株式は、NYダウ、ナスダックともに下落し、中国上海総合指数も下げて、16年1月の安値を割り込んでいる。日本時間の18日午前7時半すぎ、米トランプ政権は、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)に対し第3弾の制裁関税を24日に発動すると発表したことが伝わった。米中の貿易摩擦の激化を警戒し、利益確定売りが先行するとみられる。日経平均株価が2万3000円台を維持できるか否かがポイントになりそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=111円台の後半(前週末14日終値111円82−84銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=130円台の後半(同131円04−08銭)とやや円高に振れている。 17日のADR(米国預託証券)は円換算値で、コマツ<6301>、ホンダ<7267>、キヤノン<7751>などが、前週末14日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、14日の大阪取引所終値比45円高の2万3015円だった。(高橋克己)18日の主な経済指標・スケジュール【国内】・日銀金融政策決定会合(19日まで)・基準地価【海外】(時間は日本時間)・23:00 米9月NAHB住宅市場指数・国連総会開幕・決算発表=レナー◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2400円−2万2700円(19日終値2万2532円08銭) 22日の東京株式は、

画像
<相場の見方、歩き方>徐々に広がる米中貿易摩擦の影響を警戒、決算確認後でも遅くはない(1)

<あちらこちらで問題が露呈、株式市場は波乱の展開> 鈴木一之です。この原稿を作成するのは金曜日の昼過

画像
<相場の見方、歩き方>徐々に広がる米中貿易摩擦の影響を警戒、決算確認後でも遅くはない(2)

(1)から続く<日銀の「さくらリポート」から見える地方の状況> 日銀は10月18日、木曜日に全国の支

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、KYBなど

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
22日寄り付きの日経平均株価=157円87銭安の2万2374円21銭

 22日の日経平均株価は前週末比157円87銭安の2万2374円21銭で寄り付いた。提供:モーニング


-