T&Gニーズが続急騰、第1四半期は黒字転換、第2四半期・通期の利益予想を上方修正|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.15〕14日の東京株式市場見通し=売り先行後、もみ合い 現在の記事数:288776件

-

T&Gニーズが続急騰、第1四半期は黒字転換、第2四半期・通期の利益予想を上方修正


 テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>が続急騰し、319円高の1955円まで買われている。8日引け後に19年3月期第1四半期(18年4−6月)の連結決算で黒字転換を果たすとともに第2四半期(18年4−9月)および通期の利益予想を上方修正し、好感されている。 第1四半期決算では、売上高が158億100万円(前年同期比10.1%増)となり、営業損益が8億5700万円の黒字(前年同期は4億7500万円の赤字)に浮上した。国内ウエディング事業やホテル事業が伸び、内製化による収益改善効果も出た。販管費が抑えられたこともあり、採算が好転した。 第2四半期業績予想は、売上高320億円(前年同期比3.0%増)を据え置き、営業利益を11億円から15億円(同2.2倍)に引き上げた。通期業績予想では、売上高660億円(前期比2.2%増)を継続したうえで、営業利益を32億円から34億円(同22.1%増)に増額した。損益面では、内製化の推進などによる収益力の向上や、継続的なコスト削減が利益拡大につながる。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
14日の東京株式市場見通し=売り先行後、もみ合いか

 予想レンジ:2万1600円−2万1900円(13日終値2万1816円19銭) 14日の東京株式は売

画像
(お知らせ)マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況は休みます

 14日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は、12月限先物・オプションSQ(特別清算指数

画像
14日寄り付きの日経平均株価=177円23銭安の2万1638円96銭

 14日の日経平均株価は前日比177円23銭安の2万1638円96銭で寄り付いた。提供:モーニングス

画像
日経平均が3日ぶり反落スタート、直近での値上がりや週末要因から売りが先行=14日寄り付き

 14日の日経平均株価は、前日比177円23銭安の2万1638円96銭と3日ぶりに反落してスタート。

画像
日経平均は90円程度安、売り先行も下げ幅を縮小する動き=14日寄り付き

 14日午前9時24分すぎの日経平均株価は、前日比90円程度安い2万1730円前後で推移。寄り付きの

画像
日経平均は267円安、業種別値下がり率上位は精密、鉱業、非鉄金属など

 14日午前10時時点の日経平均株価は前日比267円68銭安の2万1548円51銭。13日の米国株式


-