渋谷工がストップ高、19年6月期は連続の最高益更新見込みに10円増配も|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:285310件

-

渋谷工がストップ高、19年6月期は連続の最高益更新見込みに10円増配も


 渋谷工業<6340>が連騰し、700円ストップ高の4190円に噴き上げた。8日引け後に18年6月期の連結決算と19年6月期の業績予想を発表、今期は連続の最高利益更新を見込むとともに増配方針を示し、好感されている。 19年6月期業績予想は、売上高が1080億円(前期比10.0%増)、営業利益が102億円(同6.2%増)と4期連続でピーク利益を塗り替える見通し。パッケージングプラント事業では、国内向け飲料用無菌充てんプラントが拡大する見込み。メカトロシステム事業では、医療機器が国内・海外ともに増加し、半導体製造装置が海外、特に中国向けが引き続き伸びることから、全体として増加を見込んでいる。年間配当は60円(前期は50円)を予定している。 18年6月期決算は、売上高が981億4000万円(前期比7.1%増)、営業利益は96億500万円(同12.3%増)だった。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2000円−2万2300円(20日終値2万2199円00銭) 21日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、マネックスGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
21日寄り付きの日経平均株価=88円46銭安の2万2110円54銭

 21日の日経平均株価は前日比88円46銭安の2万2110円54銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均が続落スタート、対ドルで円高に振れ売りが優勢=21日寄り付き

 21日の日経平均株価は、前週末比88円46銭安の2万2110円54銭と続落してスタート。20日の米

画像
日経平均は120円程度安、為替市場での円高の動きが重しに=21日寄り付き

 21日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比120円程度安い2万2080円前後で推移。午前9時


-