日経平均は160円程度安、米国株安や対ドルでの円高が重し=14日寄り付き|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.18〕17日の東京株式市場見通し=反発後、上値は重そう 現在の記事数:285222件

-

日経平均は160円程度安、米国株安や対ドルでの円高が重し=14日寄り付き


 14日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比160円程度安い2万2810円前後で推移。午前9時13分には、同186円26銭安の2万2780円12銭を付けている。現地13日、FOMC(米連邦公開市場委員会)が今後の利上げ回数を2回としたことや、米大統領府が、中国からの輸入品に対する追加関税を15日にも発動すると報じられたことなどから、NYダウ、ナスダックがともに下落。米国株安の流れや、為替市場で対ドルがやや円高方向にあることなどから、軟調な展開が続いている。13日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比130円安の2万2780円だった。 業種別では、大日印<7912>、任天堂<7974>などのその他製品株や、王子HD<3861>や日本紙<3863>などのパルプ紙株が下落。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、旭硝子<5201>、ガイシ<5333>などのガラス土石株も安い。武田薬<4502>、アステラス薬<4503>などの医薬品株や、帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維株も軟調。信越化<4063>、花王<4452>などの化学株や、三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株も下げている。 個別では、神戸物産<3038>、東亜DKK<6848>、日本通信<9424>、Hamee<3134>、シーズHD<4924>などが下落。半面、オプトHD<2389>、UNEXTH<9418>、ASB機械<6284>、ミサワ<3169>、山洋電気<6516>などは上昇している。 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=110円台の前半(13日終値は1ドル=110円63−64銭)、1ユーロ=130円前後(同129円95−99銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
17日の東京株式市場見通し=反発後、上値は重そう

 予想レンジ:2万2100円−2万2400円(16日終値2万2192円04銭) 17日の東京株式は反

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 17日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、マネックスGなど

 17日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
17日寄り付きの日経平均株価=121円15銭高の2万2313円19銭

 17日の日経平均株価は前日比121円15銭高の2万2313円19銭で寄り付いた。提供:モーニングス

画像
日経平均が反発スタート、米中貿易摩擦への警戒感が後退した欧米株高を受け買い先行=17日寄り付き

 17日の日経平均株価は、前日比121円15銭高の2万2313円19銭と反発してスタート。中国商務省

画像
日経平均は70円程度高、買い先行も手がかり材料難のなか上値は重いもよう=17日寄り付き

 17日午前9時21分すぎの日経平均株価は、前日比70円程度高い2万2260円前後で推移。午前9時0


-