日経平均は60円程度高、買い先行後はもみ合い商状に=13日寄り付き|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:285309件

-

日経平均は60円程度高、買い先行後はもみ合い商状に=13日寄り付き


 13日午前9時20分すぎの日経平均株価は、前日比60円程度高い2万2940円前後で推移。午前9時10分には、同65円33銭高の2万2943円68銭を付ける場面がみられた。その後、もみ合い商状となっている。12日の米国株式は、NYダウが5日ぶりに小反落。一方、ナスダック総合指数はアップルやアマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグルの持株会社)などが堅調で3日続伸し、6日に付けた終値ベースでの史上最高値を更新している。12日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、12日の大阪取引所終値比30円安の2万2800円だった。 業種別では、郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株や、中部電力<9502>、東ガス<9531>などの電気ガス株が上昇。三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株や、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株も高い。JR西日本<9021>、JR東海<9022>などの陸運株や、オリエンタルランド(OLC)<4661>、リクルートHD<6098>などのサービス株も堅調。JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株や、アサヒ<2502>、JT<2914>などの食料品株も上げている。 個別では、ネオジャパン<3921>、曙ブレーキ<7238>、ヨシムラFH<2884>、サンヨーH<1420>、兼松エレク<8096>などが上昇。半面、ヨシックス<3221>、シュッピン<3179>、日セラミク<6929>、日東工<6651>、ダイワボHD<3107>などは下落している。 東京外国為替市場は午前9時20分時点で、1ドル=110円台の半ば(12日終値は1ドル=110円31−33銭)、1ユーロ=129円台の後半(同130円09−13銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2000円−2万2300円(20日終値2万2199円00銭) 21日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、マネックスGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
21日寄り付きの日経平均株価=88円46銭安の2万2110円54銭

 21日の日経平均株価は前日比88円46銭安の2万2110円54銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均が続落スタート、対ドルで円高に振れ売りが優勢=21日寄り付き

 21日の日経平均株価は、前週末比88円46銭安の2万2110円54銭と続落してスタート。20日の米

画像
日経平均は120円程度安、為替市場での円高の動きが重しに=21日寄り付き

 21日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比120円程度安い2万2080円前後で推移。午前9時


-