日経平均は90円程度高、米国株高受け堅調に推移、3月機械受注の影響は限定的のもよう=17日寄り付き|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か 現在の記事数:285310件

-

日経平均は90円程度高、米国株高受け堅調に推移、3月機械受注の影響は限定的のもよう=17日寄り付き


 17日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比90円程度高の2万2810円前後で推移。午前9時04分には、同122円06銭高の2万2839円29銭まで上げ幅を拡大している。現地16日の米国株式は、米4月鉱工業生産が前月比0.7%増と市場予想平均の同0.6%増を上回ったことなどを好感。NYダウ、ナスダックがともに反発した動きを受け、買いが優勢となっている。内閣府が取引開始前に発表した3月機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比3.9%減で、市場予想平均の同3.0%減を下回ったが、反応は限られた。16日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値は、16日の大阪取引所終値比70円高の2万2810円だった。 業種別では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などの銀行株や、旭硝子<5201>、ガイシ<5333>などのガラス土石株が上昇。オリンパス<7733>、HOYA<7741>などの精密機器株や、帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維株も高い。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、王子HD<3861>、北越紀州<3865>などのパルプ紙株も堅調。コマツ<6301>、日立建機<6305>などの機械株や、浜ゴム<5101>、ブリヂス<5108>などのゴム製品株も上げている。 個別では、アイネス<9742>、キャリアイン<6538>、ランド<8918>、リョービ<5851>、UMCエレ<6615>などが上昇。半面、ARM<8769>、日東工<6651>、物語コーポ<3097>、ユニプレス<5949>、ペッパー<3053>などは下落している。 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=109円台の後半(9日終値は1ドル=109円71−72銭)、1ユーロ=130円台の前半(同129円88−92銭)で取引されている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2000円−2万2300円(20日終値2万2199円00銭) 21日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、ソフトバンクGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(2)みずほ、日本郵政、マネックスGなど

 21日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。みずほ<8411> 

画像
21日寄り付きの日経平均株価=88円46銭安の2万2110円54銭

 21日の日経平均株価は前日比88円46銭安の2万2110円54銭で寄り付いた。提供:モーニングスタ

画像
日経平均が続落スタート、対ドルで円高に振れ売りが優勢=21日寄り付き

 21日の日経平均株価は、前週末比88円46銭安の2万2110円54銭と続落してスタート。20日の米

画像
日経平均は120円程度安、為替市場での円高の動きが重しに=21日寄り付き

 21日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比120円程度安い2万2080円前後で推移。午前9時


-