富岡八幡宮で殺傷事件、宮司ら2人が死亡現場に血の付いた日本刀とサバイバルナイフ|マネブ

マネブNEWS:〔2018.05.24〕節税でも脱税でもない「租税回避」で恩恵受ける人々 現在の記事数:260884件

-

富岡八幡宮で殺傷事件、宮司ら2人が死亡現場に血の付いた日本刀とサバイバルナイフ


現場付近を調べる捜査員ら(7日午後9時46分、東京都江東区で)=大石健登撮影

7日午後8時35分頃、東京都江東区富岡の富岡八幡宮の敷地内で、複数の人が刃物で切りつけられたとの110番があった。

東京消防庁や警視庁深川署などによると、2人が死亡、2人が負傷した。

同署幹部などによると、被害者の1人は、富岡八幡宮の女性宮司。宮司専属の男性運転手も負傷したという。現場には血の付いた日本刀とサバイバルナイフが残されており、警視庁が凶器と見て、確認を進めている。

捜査関係者によると、被害者のうち一人は、車から降りたところを刃物で刺されたという。通報を受けた警察官が現場に駆けつけるとほかにも人が倒れていたという。

事件直後、現場に日本刀のような刃物を持った男女がいたとの情報もあり、同庁で調べている。

現場は門前仲町駅の東約300メートル。富岡八幡宮は江戸時代の勧進相撲発祥の地。境内には大相撲の歴代横綱のしこ名を刻んだ「横綱力士碑」がある。江戸三大祭りの一つ、深川八幡祭りが行われる。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
節税でも脱税でもない「租税回避」で恩恵受ける人々…払わなくてもよい税金をあえて払う?

「Getty Images」より 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな銀行は「りそな銀行」です。

画像
【スルガ銀行・不正融資】幹部が続々退職で真相隠蔽…社外取締役・監査役に大物エリートずらり

スルガ銀行本店(「Wikipedia」より) 泥船から逃げ出すのはネズミだけではない。スルガ銀行は5

画像
日大アメフト部・内田前監督、自身の強大な権力への過信がアダに…選手に責任かぶせ自己保身

日大アメフト部悪質タックル問題、内田正人監督が辞意表明(日刊スポーツ/アフロ) アメリカンフットボー

画像
六代目山口組が他陣営の切り崩しを活発化…その裏には8月1日に迫ったタイムリミットがあった

来年にも出所が予定される髙山清司若頭 五代目体制を発足させた神戸山口組中核組織「五代目山健組」本部に

画像
【悪質タックル選手会見】日大・内田前監督、傷害罪で懲役刑の可能性は?

日大アメフト悪質反則問題の会見で記者から質問を受ける宮川泰介選手(日刊スポーツ/アフロ) 5月6日の

画像
アメフト部監督が経営を牛耳る日大、もはや大学行政の問題…理事長が会見しない異常さ

5月22日、記者会見をする日本大学・宮川泰介選手(写真:日刊現代/アフロ) 日本大学対関西学院大学の


-