吉田鋼太郎、強い印象を残す演技力の源泉ナイスミドルは年下から学んでいる|マネブ

マネブNEWS:〔2018.11.03〕『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立 現在の記事数:288039件

-

吉田鋼太郎、強い印象を残す演技力の源泉ナイスミドルは年下から学んでいる


ナイスミドルの称号はほしいままに吉田鋼太郎の快走は続く「半沢直樹」「花子とアン」「ドクターX」「刑事7人」等々、出演のたびに強い印象を残す。演出家・蜷川幸雄の遺志を継ぎ彩の国シェイクスピア・シリーズの芸術監督に就任。ナイスミドルの称号はほしいままに吉田鋼太郎の快走は続く。“鋼”は堅牢なだけでなく、柔軟性をも併せ持つ当記事は『GALAC』1月号(12月6日発売)からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

ナイスミドルは、年下に学ぶ。

鍛えられた“鋼”は堅牢なだけでなく、しなやかな柔軟性をも併せ持つ。もちろん切れ味は鋭い。まさに俳優・吉田鋼太郎そのものだ。

高2の夏、シェイクスピア劇と出会い、「こんなに面白い世界があるのか」と衝撃を受けた。上智大学ではシェイクスピア研究会に入り、演劇の道へ。以来、40年近くシェイクスピアと向き合い、“シェイクスピア俳優”の異名を持つまでになった。

演出家・蜷川幸雄に才能を認められ、2000年さいたま芸術劇場『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の『グリークス』に初参加、2004年『タイタス・アンドロニカス』では主役に抜擢され、蜷川が最も信頼をおく俳優として知られるようになった。2016年、その蜷川の遺志を受け継ぎ、さいたま芸術劇場主宰『彩の国シェイクスピア・シリーズ』2代目芸術監督に就任した。

「蜷川さんがおやりになったことは蜷川さん一代で終わり。蜷川さんは天才なのでそれを継ぐなどおこがましいことですが、そこに関わらせていただいた人間として、蜷川さんのことはほかの俳優よりは多少わかっているので。蜷川さんも自分も『シェイクスピアってこんなに面白いんだよ』と思ってやってきたので、同志としてやらせていただこうかと」

『アテネのタイモン』彩の国さいたま芸術劇場大ホール。2017年12月15日(金)~29日(金)。演出:吉田鋼太郎/出演:吉田鋼太郎、藤原竜也、柿澤勇人、横田栄司ほか

舞台俳優として知る人ぞ知る存在だった吉田をテレビドラマで見かけるようになって、まだ数年しか経っていないのが信じられない。「ギルティ 悪魔と契約した女」の権力欲の強い警視、「カラマーゾフの兄弟」の暴君な父、「半沢直樹」での理解ある上司、「MOZU」の暴力的な男……立て続けに出演したすべての作品で強烈なインパクトを残した。

なかでも、NHK朝ドラ「花子とアン」での九州の石炭王・嘉納伝助は、ともすればただの悪者になりかねないところを、悲哀に満ちた無骨な男という人間味あるキャラクターに仕上げ、惚れ惚れする男っぷりに世の女性たちは色めき、“伝助萌え”なる言葉まで生まれた。

「トットてれび」で演じた森繁久彌役も忘れられない。「吉田さんがいいんじゃない。スケベそうだから(笑)」と、黒柳徹子の推薦により決まったという。たしかに通りすがりに女優のお尻を触ったり、徹子に会うたび「1回どう?」と誘うお茶目な森繁さんを、品よく演じられる俳優はそうはいないだろう。

「森繁さんって不思議な方なんです。二枚目というわけではないのに、大スターでチャーミングで、演技も達者で。石原裕次郎でも勝新太郎でもない。共感する部分も多く、スケベなところも一緒ですし(笑)。将来、あんなふうになれたらいいなって思いますね」

「年下から学ぶことは多い」吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう)/1959年1月14日生まれ。東京都出身。174cm・68kg。上智大学文学部ドイツ文学科在学中、シェイクスピア研究会公演で初舞台。大学中退後、劇団四季、シェイクスピア・シアター、東京壱組を経て、97年劇団AUNを結成。シェイクスピアやギリシャ悲劇など数々の舞台に出演、演出も手掛ける。2016年さいたま芸術劇場主宰「彩の国シェイクスピア・シリーズ」2代目芸術監督に就任。2001年紀伊國屋演劇賞個人賞、14年芸術選奨演劇部門文部科学大臣賞受賞。主な舞台は『タイタス・アンドロニカス』『オセロー』『リタルダンド』『アントニーとクレオパトラ』『ヘンリー四世』(いずれも主演)。主な映画は『シュアリー・サムデイ』(監督:小栗旬)、『アンフェアthe end』(佐藤嗣麻子)、『三度目の殺人』(是枝裕和)、『ミックス。』(石川淳一)。主なテレビは「ギルティ 悪魔と契約した女」(関西テレビ)、「カラマーゾフの兄弟」(フジテレビ)、「刑事7人」(テレビ朝日)、「東京センチメンタル」(テレビ東京)、「ゆとりですがなにか」(日本テレビ)、「花子とアン」「トットてれび」「真田丸」(NHK)ほか。

吉田といえば、小栗旬や藤原竜也など若手俳優からの信頼も厚い。同じ芝居を作る仲間として仲良くなったという。「年下から学ぶことは多い」と吉田。

「彼らからは学ぶことだらけです。年をとると、どんどん嫌な人間になってくるし、頑固になってくるし、人の話は聞かなくなってくるし、どんどん、どんどん欠点がさらけ出されていく……。

彼らを見ていると、ストイックだし、ちゃんと人と付き合うし、無礼じゃないし……。彼らを見て『自分もちゃんとしなきゃいけない』って。逆に同年代と付き合うのはイヤですね。なんの勉強にもならない。どこが痛いの、どこが悪いのばかりで」

舞台から映像に活躍の場を拡げたのも彼らの後押しによるものだ。若手俳優からの刺激が吉田をさらに進化させる。最近ではNHK「所さん、大変ですよ!」での臨場感あふれるナレーションも好評だ。なんと初見でナレーションをつけているというから驚く。「収録前に『今日のはどうでした?』って聞かれて、『台本読んでないからわからない』って言ったら、読んでないことバレちゃったんだよ」と、悪戯っ子のように笑った。

今、一番やりたいことは「時代劇」。

「テレビの時代劇が少なくなってきているので、僕らの世代がやらなくてはと。僕らも(北大路)欣也さんたちを見て憧れていた世代なので。僕は戦国時代、とくに武田信玄が好きだから、信玄をやりたいですね」

俳優・吉田鋼太郎がまたひとつ新たな扉を開く日は近い。

(取材・文/桧山珠美 写真/山﨑祥和)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立つ」「ただただ感服」と絶賛続出!

『ブラックスキャンダル』公式サイトより 芸能界の“ゲス”な部分を描く連続テレビドラマ『ブラックスキャ

画像
松田聖子、ライブ料金「9万円」にファンからも悲鳴…ネット上で議論呼ぶ

「松田聖子オフィシャルサイト」より よほどの自信の表れなのか、それとも強気の設定なのか――。 松田聖

画像
『獣になれない私たち』新垣結衣が下ネタ連発&演技力不足を露呈の「公開処刑」状態

『獣になれない私たち』公式サイトより 新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める連続テレビドラマ『獣にな

画像
有働アナ『zero』視聴率惨敗、局内で打ち切りも取り沙汰…落合陽一氏にクレーム多数

「Gettyimages」より 10月1日より、3月にNHKを退職しフリーアナウンサーとなった有働由

画像
女子駅伝、批判殺到の審判員「四つんばい」続行判断は妥当…危険な駅伝、運営元の不備露呈

「岩谷産業 陸上競技部 HP」より 10月21日に行われた全日本実業団対抗女子駅伝予選会(通称:プリ

画像
任侠山口組最高幹部が解散届を提出か…強盗犯を「見せしめ」で暴行したヤクザに何が?

インターネットカジノ店を襲った強盗に待っていたものとは…(写真はイメージ/(c)Fotolia) 今


-