日経平均株価の2万円回復はいつになるのか外国人投資家の動きは今春の状況と似ている|マネブ

マネブNEWS:〔2017.11.24〕芸能事務所、一斉にジャニーズ潰し始動…飯島三智氏 現在の記事数:251707件

-

日経平均株価の2万円回復はいつになるのか外国人投資家の動きは今春の状況と似ている


日経平均は一気に2万円回復となるのか(写真:TOMO/PIXTA)

北朝鮮情勢の緊迫化によるリスク回避の動きも、ひとまず一服したようだ。12日の日本株は日経平均株価が大幅続伸、終値は1万9776円と約1カ月ぶりの高値をつけた。たった2日間で500円以上も上昇し、2万円回復に向かっているようにも見えるが、一段の上昇があるのか。テクニカル面からアプローチしてみた。

外国人投資家の動向は、春の底入れ時期と似た動きに?

日本株の売買シェアの約7割を占めるのは海外投資家だ。海外投資家が大幅に日本株を買い越ししてくれば、株価の上昇トレンドは誰の目にも明らかになる。だが、そうでなくても、売り越し額が徐々に縮小していけば上昇トレンドへの転換が期待できる。実は、今秋の海外投資家の動きは、今春と3つの部分で似ており、今後の見通しの一つのヒントになりそうだ。

改めて今春の動きを振り返って見よう。日経平均は4月14日に年初来安値1万8335円をつけた。当時を振り返ると、①地政学リスクの高まり(フランス大統領選挙の懸念と北朝鮮情勢のミサイル発射等)、②海外勢の7週連続売り越し(計1.16兆円)、③テクニカル分析でよく用いられる「フィボナッチ計算値」で算出される「38.2%押し」の1万8341円前後で、株価が下げ渋った(38.2%とは、2016年11月安値1万6251円から2017年3月高値1万9633円までの上げ幅に対する下落分に相当)。

その後は海外投資家が9週連続で買い越しに転じ、6月の日経平均株価は年初来高値2万0230円まで買われた。

一方の9月相場はどうか。日経平均株価は8日に1万9274円まで売られた。足元をみると、①北朝鮮など地政学リスクの高まり+米ハリケーンによる悪影響懸念、②海外勢は6週連続売り越し(計0.85兆円)、③「フィボナッチ計算値」で算出される「半値押し」の1万9283円(4月安値1万8335円から6月高値2万0230円までの上げ幅に対して、約半分下がった)前後で反転上昇、下げ渋りをみせている。

さらに、東京証券取引所が発表する足元の4週間の海外勢による売り越し額をみると、現物では2700億円台から600億円台へ、週を追うごとに縮小の傾向が見られる。

一方、年金基金の動向を映すとされる信託銀行の動向は4週連続で買い越しており、日本株は売り一巡感も台頭している。例年、海外勢は例年秋から年末にかけて、日本株を買い越す傾向がみられる。現状、外国人投資家の動きと相場の動きは春と似ており、海外勢が例年と似たような動きをするなら、ここから日本株は上昇することも考えられる。

当面の好材料は出尽くした

ただ、ここからの戻り余地は限定的だろうと筆者は予想する。前週末に、懸念されていた米国の連邦債務上限の引き上げ問題が議会で当面の決着を見たうえ、同国でのハリケーンの被害予想額も、当初想定よりも限定的にとどまり、景気の下押し懸念も後退した。さらに、9月9日に建国記念日を迎えた北朝鮮がミサイル発射などの挑発行為に出なかったことも、市場参加者に安堵感を与えた。つまり、当面の好材料がすべて出尽くした感があるからだ。

11日に、国連安全保障理事会が北朝鮮に対する追加制裁を採択したが、当初米国が意図したほど厳しくはないとはいえ、初めて北朝鮮への石油の規制に踏み込み、北朝鮮の挑発行動への懸念は依然くすぶり続けている。

また、信用売り株数を売買高で割った東証の「空売り比率」は前週に一時45%まで高まっていたものの、足元では37%まで低下している。東証1部売買代金が2兆円前後とさほど増えてないことから見ても、新規の買いで上昇したというよりも、買い戻しで上げたというほうが正しそうで、一段の上昇材料は今のところない。日経平均2万円を目の前にして、ここからさらに上昇するかどうかはあまり楽観的にならないほうがいいかもしれない。

視覚的にわかりやすいテクニカル指標である、移動平均線から見た相場の方向性や節目も確認しておきたい。足元の日経平均株価は短期投資家の損益分岐点とされる25日線1万9543円(12日時点)を約1カ月ぶりに上回った。しかしながら、中期投資家の損益分析点とされる75日線の水準1万9861円(同)には届いていない。さらに移動平均の向きは相場のトレンドを示すと言われるが、75日線はまだ「右肩下がり」を続けており、当面の相場は上昇と読むにはまだ早いかもしれない。この75日線の水準は戻りのメドとして意識されそうだ。

一方、長期投資家の損益分岐点とされる200日線は、1万9420円(同)にあり、株価はこの前後で何度も下げ渋りをみせている通り、下値は固そうだ。仮に薄商いが続くようであれば、方向感がでないまま、75日線から200日線の間で株価が往来する「ボックス相場」も想定される。

すぐ上昇とは行かないが、底入れの条件は整いつつある

もうひとつ、日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)も参考にしてみたい。これは、市場が期待する日経平均株価の、将来1カ月間の変動の大きさを表す数値で、%単位であらわされるものだ。株価が大きく変動するするときに急上昇する傾向があるなど、この数値の大小が、将来の値動きを示唆するといわれる。日経平均株価は2営業日で500円超も反発したが、日経平均VIは逆に20%前後から13%台へ低下している。権利を取引するオプション市場での参加者は、いったん相場が落ち着くとみていることを意味する。

以上のことから、9月の日本株は、ここから一段の上昇までには至らず、下値を固める展開になるかもしれない。海外投資家の売買動向や地政学リスクなどに目配りしつつ、売買代金が増加するかどうかにも、注目しておきたい。すぐに上昇とはいかないまでも、秋相場の底入れの条件は整いつつあると考える。

さて、私が所属している非営利の団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では「テクニカル分析についてもっと学びたい」という読者の方々のために、有名な「ボリンジャーバンド」の開発者であるジョン・ボリンジャー氏を東京(11月18日土曜日)と大阪(11月25日土曜日)にお招きし、セミナーを開催いたします。もちろん、日本語の通訳もつきます。

ボリンジャー氏が自ら開発した「武器」を使って日本株を分析すると、どのように映るのでしょうか?今後は上昇でしょうか、それとも下落でしょうか。ご興味のある方は、こちらから、ぜひお申し込みください。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
芸能事務所、一斉にジャニーズ潰し始動…飯島三智氏、東京パラリンピック・サポの権利保持か

ジャニーズ事務所(撮影=編集部) 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が共演したインターネ

画像
『奥様は、取り扱い注意』に嫌な予感…まさかの「続きは映画で」オチか

綾瀬はるか 綾瀬はるかが主演を務める連続テレビドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第8話

画像
AIに企業が抱く大きな誤解

「Thinkstock」より「AI元年」の到来 2017年も残すところあと1カ月ほどになり、今年の総

画像
私が「エイジアン・ビッチ!」と呼ばれた理由~増えるアジア系への差別 in アメリカ

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】youtubeより

画像
iPhoneX、買ったらすぐやるべき3つのこと「顔認証」の精度はどんどん上げられる

ホームボタンが廃止された「iPhone X」の使い勝手はどうなのだろうか(筆者撮影)目玉機能の1つと

画像
日経平均は続伸、買い一巡後は伸び悩み先高感は引き続き強く、内需株への期待も

 11月22日、東京株式市場で日経平均は続伸した。前日の欧米株高を受けて、東京市場にも海外勢の資金が


-