世界の糖尿病人口が4億人突破!気づかないうちに進行、重症化の危険|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.23〕東京は女性の暮らしやすさで世界2位だった19都市 現在の記事数:249803件

-

世界の糖尿病人口が4億人突破!気づかないうちに進行、重症化の危険


ついに世界の糖尿病人口が4億1500万人に! 米国で4人に1人「自分が糖尿病」と知らないの画像1<無自覚な>糖尿病患者や糖尿病予備軍が増加(depositphotos.com)

血糖値が乱高下する「血糖値スパイク」に要注意

 また、糖尿病は「アメリカの死因の第7位」で、アジア人や白人よりもアメリカ先住民、アラスカ先住民、黒人、ヒスパニック系で高かった。収入や教育レベルが低く、特に農村地域に暮らす人で糖尿病と糖尿病予備軍の発症率が高いことがわかった。

 米クイニピアック大学のハワード・セリンジャー医師は、「こうした人々に対して予防の重要性を啓発し、健康的な食生活や運動を促しつつ、一次ケアの提供を充実させることが糖尿病の蔓延を阻止するのに重要だ」と語った。

 日本の糖尿病の総患者数は、厚生労働省が実施している「患者調査」(14年)によると316万6000人。日本の人口は約1億2700万人なので、糖尿病の患者数は「約2%」に当たる。アメリカに比べて日本では糖尿病の患者の割合はかなり少ないが、だからといって安心はできない。冒頭で述べたとおり、本人が気づかないうちに病状が進行している可能性があるからだ。

 また、健康診断では判断できない糖尿病予備軍もある。それが「血糖値スパイク」だ。「スパイク」とは、とがったものを表し、血糖値スパイクは血糖値が急激に上昇した後で急激に下降する現象を指す。

 血糖値スパイクの人は、冒頭の3項目に当てはまる。ひどい場合は、食事をした後でガクッと気絶するように眠ってしまい、空腹時は落ち着きを失う。

「糖尿病は太っている男性の病気」と思われがちだ。しかし、血糖値スパイクはやせ形の女性にも見られる。健康診断で「正常」と判断されても、糖尿病対策を心がけたい。(文=森真希)

森真希(もり・まき)医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
東京は女性の暮らしやすさで世界2位だった19都市を比較、ニューヨークは7位

 10月16日、トムソン・ロイター財団が世界19都市を対象に行った初の調査で、最も女性にやさしい都市

画像
「昭和飯」は女性の料理負担を増やしたのかそれでも女性が料理を作る理由

料理は手をかけるべきだという意識は、平成に働き始めた世代にも根付いているが…(写真:monzenma

画像
フランスの「加工写真」告知義務は、是か非か「若い女の子のため」というが…

モデルなどの加工写真に関する新しい法律が施行された(写真:jaspe / PIXTA)“撮ったその瞬

画像
JR九州を猛烈に突き動かした「逆境と屈辱感」「本気になって何が悪い」著者の唐池会長語る

もうダメだと思われた九州の鉄道は、JR発足時の1.4倍に拡大した(撮影:梅谷秀司)昨年上場を果たした

画像
史上最大級の台風、23日朝には関東を直撃一部自治体の開票作業は延期も

超大型で非常に強い台風21号は22日、四国の南の海上を北に進んだ。広い範囲で大雨や強風に見舞われ、2

画像
老後に「毎年取り崩せるおカネ」はいくらか「老後設計の基本公式」を使えば3分でわかる

「老後設計の基本公式」で計算すれば、誰でも3分で「老後に使えるおカネ」が「見える化」できます(写真:


-