世界の糖尿病人口が4億人突破!気づかないうちに進行、重症化の危険|マネブ

マネブNEWS:〔2017.08.23〕売れているビジネス・経済書200冊ランキング「改 現在の記事数:246213件

-

世界の糖尿病人口が4億人突破!気づかないうちに進行、重症化の危険


ついに世界の糖尿病人口が4億1500万人に! 米国で4人に1人「自分が糖尿病」と知らないの画像1<無自覚な>糖尿病患者や糖尿病予備軍が増加(depositphotos.com)

血糖値が乱高下する「血糖値スパイク」に要注意

 また、糖尿病は「アメリカの死因の第7位」で、アジア人や白人よりもアメリカ先住民、アラスカ先住民、黒人、ヒスパニック系で高かった。収入や教育レベルが低く、特に農村地域に暮らす人で糖尿病と糖尿病予備軍の発症率が高いことがわかった。

 米クイニピアック大学のハワード・セリンジャー医師は、「こうした人々に対して予防の重要性を啓発し、健康的な食生活や運動を促しつつ、一次ケアの提供を充実させることが糖尿病の蔓延を阻止するのに重要だ」と語った。

 日本の糖尿病の総患者数は、厚生労働省が実施している「患者調査」(14年)によると316万6000人。日本の人口は約1億2700万人なので、糖尿病の患者数は「約2%」に当たる。アメリカに比べて日本では糖尿病の患者の割合はかなり少ないが、だからといって安心はできない。冒頭で述べたとおり、本人が気づかないうちに病状が進行している可能性があるからだ。

 また、健康診断では判断できない糖尿病予備軍もある。それが「血糖値スパイク」だ。「スパイク」とは、とがったものを表し、血糖値スパイクは血糖値が急激に上昇した後で急激に下降する現象を指す。

 血糖値スパイクの人は、冒頭の3項目に当てはまる。ひどい場合は、食事をした後でガクッと気絶するように眠ってしまい、空腹時は落ち着きを失う。

「糖尿病は太っている男性の病気」と思われがちだ。しかし、血糖値スパイクはやせ形の女性にも見られる。健康診断で「正常」と判断されても、糖尿病対策を心がけたい。(文=森真希)

森真希(もり・まき)医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
売れているビジネス・経済書200冊ランキング「改正民法」関連書籍が1位を獲得

今週の1位は『これならわかる改正民法と不動産賃貸業』(画像:ふじよ / PIXTA)アマゾンの協力の

画像
英ビッグベン、修復作業開始前の「鳴り納め」作業員の安全を最優先、4年間の沈黙へ

 8月21日、「ビッグベン」の愛称で知られる英議会議事堂の時計台が、修復作業開始前の「鳴り納め」をし

画像
ドゥダメル氏、米国公演中止は「心が痛む」ベネズエラ大統領を批判したため中止命令

8月21日、ベネズエラ出身の新進気鋭の世界的指揮者、グスターボ・ドゥダメル氏(36)は、同国政府が支

画像
ナポリ沖リゾート地イスキア島で地震の被害少なくとも2人が死亡、約40人が負傷

 8月21日、イタリア・ナポリ沖のリゾート地イスキア島で地震があり、地元の病院関係者によると、建物が

画像
99年ぶり米大陸横断の皆既日食、全米が沸くトランプ大統領も息子のバロン君らと観測

 上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。日本時間22日未明からアメ

画像
米ドルは109円前半で伸び悩み、上値重い市場は「ジャクソンホール会合」での材料待ち

 8月22日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の10


-