人種や民族を超えた結婚、米国でじわり増加2015年に結婚したカップルのうち17%が相当|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.16〕「料理しない夫」は"未来永劫"変わらないのか得意 現在の記事数:253001件

-

人種や民族を超えた結婚、米国でじわり増加2015年に結婚したカップルのうち17%が相当


 5月18日、ピュー・リサーチ・センターが発表した調査によると、1967年に米最高裁が人種や民族を超えた結婚を合法と判断したことをきっかけに、過去50年間にこうした結婚が5倍以上に増加している。こうした結婚の割合が最も高かったのはホノルル。写真は2012年2月撮影(2017年 ロイター/Michaela Rehle)

[ワシントン 18日 ロイター] - ピュー・リサーチ・センターが18日に発表した調査によると、1967年に米最高裁が人種や民族を超えた結婚を合法と判断したことをきっかけに、過去50年間にこうした結婚が5倍以上に増加している。

2015年に結婚したカップルの17%が、人種や民族が異なっていた。合法化の判断があった1967年当時、この割合はわずか3%だった。

また、こうした結婚は社会にとって好ましいと考えている成人が全体の39%となり、その割合は7年間で15ポイント上昇した。

調査は、国勢調査局のデータに基いている。それによると、既婚米国人の10%に当たる1100万人が人種や民族の異なる配偶者を持っていた。

今回の調査では、対象者をまずヒスパニック系かそれ以外かで分類し、その後、白人、黒人、アジア人、インド系米国人、多民族、その他の人種に分類した。

こうした結婚の割合が最も高かったのはホノルルの42%、ミシシッピ州ジャクソンビルとノースカロライナ州アッシュビルでは3%で最も低かった。

人種・民族の違うカップルの結婚が最も顕著に増加したのは黒人で、1980年の5%から18%となった。同じ期間に、白人ではこの割合が4%から11%に増加したものの、人種や民族を超えた結婚が最も少ないグループとなった。

Copyright © 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
「料理しない夫」は"未来永劫"変わらないのか得意なほうがやればいいけれど…

この連載の一覧はこちら家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一

画像
「3歳児のむし歯率」が最も高い県はどこかワースト県は28.8%、ベスト県は11.8%

むし歯有病率は、地域差が大きい(写真:TATSU / PIXTA)歯の健康維持は、体全体の健康を維持

画像
中国人の出入り禁じたポーラ販売店の末路11月下旬の騒動、法的にどんな問題がある?

「中国の方出入り禁止」の張り紙は、法的にどんな問題があるのだろうか(写真:タカス / PIXTA)化

画像
40代の「ツアーひとり参加」がおすすめな理由益田ミリさんに聞いてみた

一瞬だけ、違う人生を生きられるのが旅の醍醐味だ(写真 : Takuma / PIXTA)「美しいもの

画像
「ずるい人間でした」清水良太郎被告が裁判で作詞や作曲がはかどるといううわさを聞いて

 上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。ものまねタレントの清水アキ

画像
人気クラシック音楽祭が池袋に拡張するワケ「ラ・フォル・ジュルネ」、14年目の大変身

丸の内エリアに加えて、池袋エリアが新たな開催地として加わることになったラ・フォル・ジュルネ(写真:ラ


-