人種や民族を超えた結婚、米国でじわり増加2015年に結婚したカップルのうち17%が相当|マネブ

マネブNEWS:〔2018.02.22〕「強化と集客」フットサル界が抱える2大課題日本に 現在の記事数:256784件

-

人種や民族を超えた結婚、米国でじわり増加2015年に結婚したカップルのうち17%が相当


 5月18日、ピュー・リサーチ・センターが発表した調査によると、1967年に米最高裁が人種や民族を超えた結婚を合法と判断したことをきっかけに、過去50年間にこうした結婚が5倍以上に増加している。こうした結婚の割合が最も高かったのはホノルル。写真は2012年2月撮影(2017年 ロイター/Michaela Rehle)

[ワシントン 18日 ロイター] - ピュー・リサーチ・センターが18日に発表した調査によると、1967年に米最高裁が人種や民族を超えた結婚を合法と判断したことをきっかけに、過去50年間にこうした結婚が5倍以上に増加している。

2015年に結婚したカップルの17%が、人種や民族が異なっていた。合法化の判断があった1967年当時、この割合はわずか3%だった。

また、こうした結婚は社会にとって好ましいと考えている成人が全体の39%となり、その割合は7年間で15ポイント上昇した。

調査は、国勢調査局のデータに基いている。それによると、既婚米国人の10%に当たる1100万人が人種や民族の異なる配偶者を持っていた。

今回の調査では、対象者をまずヒスパニック系かそれ以外かで分類し、その後、白人、黒人、アジア人、インド系米国人、多民族、その他の人種に分類した。

こうした結婚の割合が最も高かったのはホノルルの42%、ミシシッピ州ジャクソンビルとノースカロライナ州アッシュビルでは3%で最も低かった。

人種・民族の違うカップルの結婚が最も顕著に増加したのは黒人で、1980年の5%から18%となった。同じ期間に、白人ではこの割合が4%から11%に増加したものの、人種や民族を超えた結婚が最も少ないグループとなった。

Copyright © 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
「強化と集客」フットサル界が抱える2大課題日本にフットサル文化は根付くのか?

1月21日、プレーオフの決勝でペスカドーラ町田を下し、2年ぶり10度目のリーグ王者に輝いた名古屋オー

画像
「五輪マネー」が不祥事多発でも揺るがぬワケ欧米都市が消極的な中でアジアがけん引

2月19日、もし国際オリンピック委員会(IOC)が上場企業だったなら、相次ぐ手痛いニュースに飲みこま

画像
アイスダンス、「衣装トラブル」防止策とは?各選手がテープやのりを使って創意工夫

 2月20日、平昌冬季五輪のフィギュアスケート・アイスダンスに出場している女性選手たちは、衣装のトラ

画像
世界一高層、高さ356mのホテルがオープンゲボラ・ホテル、中東のドバイに開業

 2月20日、世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」がある中東のドバイで19日、高さ356メート

画像
「少年ジャンプ」伝説の編集長が変えた男社会ドラゴンボール、ドラクエを生み出した

白泉社代表取締役を務める鳥嶋和彦さん(写真:AERA dot.)2018年に創刊50周年を迎え、1月

画像
宮原4位・坂本5位、ザギトワが世界最高得点平昌五輪フィギュア女子ショートプログラム

平昌冬季五輪フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)、宮原知子(写真)は自己ベストの75.9


-