人種や民族を超えた結婚、米国でじわり増加2015年に結婚したカップルのうち17%が相当|マネブ

マネブNEWS:〔2017.10.23〕東京は女性の暮らしやすさで世界2位だった19都市 現在の記事数:249803件

-

人種や民族を超えた結婚、米国でじわり増加2015年に結婚したカップルのうち17%が相当


 5月18日、ピュー・リサーチ・センターが発表した調査によると、1967年に米最高裁が人種や民族を超えた結婚を合法と判断したことをきっかけに、過去50年間にこうした結婚が5倍以上に増加している。こうした結婚の割合が最も高かったのはホノルル。写真は2012年2月撮影(2017年 ロイター/Michaela Rehle)

[ワシントン 18日 ロイター] - ピュー・リサーチ・センターが18日に発表した調査によると、1967年に米最高裁が人種や民族を超えた結婚を合法と判断したことをきっかけに、過去50年間にこうした結婚が5倍以上に増加している。

2015年に結婚したカップルの17%が、人種や民族が異なっていた。合法化の判断があった1967年当時、この割合はわずか3%だった。

また、こうした結婚は社会にとって好ましいと考えている成人が全体の39%となり、その割合は7年間で15ポイント上昇した。

調査は、国勢調査局のデータに基いている。それによると、既婚米国人の10%に当たる1100万人が人種や民族の異なる配偶者を持っていた。

今回の調査では、対象者をまずヒスパニック系かそれ以外かで分類し、その後、白人、黒人、アジア人、インド系米国人、多民族、その他の人種に分類した。

こうした結婚の割合が最も高かったのはホノルルの42%、ミシシッピ州ジャクソンビルとノースカロライナ州アッシュビルでは3%で最も低かった。

人種・民族の違うカップルの結婚が最も顕著に増加したのは黒人で、1980年の5%から18%となった。同じ期間に、白人ではこの割合が4%から11%に増加したものの、人種や民族を超えた結婚が最も少ないグループとなった。

Copyright © 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
東京は女性の暮らしやすさで世界2位だった19都市を比較、ニューヨークは7位

 10月16日、トムソン・ロイター財団が世界19都市を対象に行った初の調査で、最も女性にやさしい都市

画像
「昭和飯」は女性の料理負担を増やしたのかそれでも女性が料理を作る理由

料理は手をかけるべきだという意識は、平成に働き始めた世代にも根付いているが…(写真:monzenma

画像
フランスの「加工写真」告知義務は、是か非か「若い女の子のため」というが…

モデルなどの加工写真に関する新しい法律が施行された(写真:jaspe / PIXTA)“撮ったその瞬

画像
JR九州を猛烈に突き動かした「逆境と屈辱感」「本気になって何が悪い」著者の唐池会長語る

もうダメだと思われた九州の鉄道は、JR発足時の1.4倍に拡大した(撮影:梅谷秀司)昨年上場を果たした

画像
史上最大級の台風、23日朝には関東を直撃一部自治体の開票作業は延期も

超大型で非常に強い台風21号は22日、四国の南の海上を北に進んだ。広い範囲で大雨や強風に見舞われ、2

画像
老後に「毎年取り崩せるおカネ」はいくらか「老後設計の基本公式」を使えば3分でわかる

「老後設計の基本公式」で計算すれば、誰でも3分で「老後に使えるおカネ」が「見える化」できます(写真:


-