京奈和道 岩出根来IC~和歌山JCT間と和歌山JCT(4方面)の走行動画紹介|マネブ

マネブNEWS:〔2017.03.25〕鈴木大地氏「東京五輪、金メダル30個目指す」スポ 現在の記事数:236703件

-

京奈和道 岩出根来IC~和歌山JCT間と和歌山JCT(4方面)の走行動画紹介


京奈和道 岩出根来IC~和歌山JCT間と和歌山JCT(4方面)の走行動画紹介

写真:Impress Watch

 3月18日16時に京奈和自動車道路の和歌山県区間最後の未開通区間だった岩出根来IC(インターチェンジ)~和歌山JCT(ジャンクション)が開通し、阪和自動車道と接続した。本稿では、同区間ならびに、京奈和道と阪和道とを接続する和歌山JCTを4方面で走行した動画を紹介する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 開通時刻に先立って行なわれた式典(別記事「京奈和道の和歌山県区間が全通し阪和道と接続。開通式典には石井国交相が臨席」参照)でも紹介したとおり、今回開通区間自体は無料通行区間だが、岩出根来ICに設けられた料金所で阪和道の料金を徴収するルールとなっている。

 開通区間の延長約6.5kmのうち、約2kmが岩出トンネルとなっており、さらに3kmほどは和歌山JCTの範囲となる。和歌山JCTは大阪方面と和歌山方面で線形が大きく異なっており、大阪方面は阪和道と京奈和道の交差部付近で接続するのに対し、和歌山方面は2~3km阪和道と並行したうえで合流する格好になる。したがって、阪和道上の分岐/合流部はかなり離れた位置にある。

 ちなみに阪和道の泉南IC/阪南IC~和歌山北IC/和歌山IC間には紀ノ川SA(サービスエリア)があるが、両方面ともに紀ノ川SAの手前で分岐、またはSAの先で合流するため、京奈和道と紀ノ川SAを併せて利用することはできないようになっている。

 開通区間内の岩出トンネルは、途中に緩やかな勾配があり、奈良県方面へ行く場合は下り、阪和道方面へ行く場合は上りとなる。気が付くとスピードが変化している。特に奈良県方面へ向かう場合は、トンネルのすぐ先に料金所があり、混雑しているとトンネル内から渋滞する可能性がある。トンネル内での下り勾配でうっかりスピードがのっていると、追突の危険もあるので注意を要する。

 それでは、以下に開通区間の走行動画を紹介する。動画は3本。岩出根来ICから阪和道の和歌山県方面のJCTへ走行した動画、その逆向きに走行した動画。そして和歌山JCTの4方面それぞれを走行した動画をまとめたものとなる。少し長いので動画はいずれも早回しに加工している。

トラベル Watch,編集部:多和田新也

【関連記事】 京奈和道の和歌山県区間が全通し阪和道と接続。開通式典には石井国交相が臨席 岩出根来IC~和歌山JCT間が3月18日16時開通 新名神高速 城陽JCT・IC~八幡京田辺JCT・ICが4月30日15時に開通 第二京阪道路と京奈和自動車道が直結。京都府域で初の高速道路ナンバリング標識設置 フルーツのまち和歌山県紀の川市で女子を魅了するとっておきの1日(前編) フルーツで美と健康体験の巻 阪和道と京奈和道を接続する和歌山JCTの開通時刻は3月18日16時 高速道路ナンバリング標識設置、開通記念イベントも実施 国道26号第二阪和国道の全線開通日決定 4月1日に淡輪ランプ~平井ランプが開通、和歌山県北部のアクセス向上
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
鈴木大地氏「東京五輪、金メダル30個目指す」スポーツ庁長官が見据える2020年とその先

「東京五輪で、日本の金メダル30個。大いに結構だと思います」と力を込める鈴木大地・スポーツ庁長官(撮

画像
それでもドル高にかける「ミセスワタナベ」「1ドル110円割れ定着」なら方向転換も?

 3月23日、日本の個人投資家「ミセスワタナベ」が、持ち前の逆張り戦略でトランプラリーの調整相場に立

画像
ロンドン襲撃事件、犯人の男は英国生まれ数年前にMI5の調査を一度受けていた

 3月23日、ロンドンの国会議事堂付近で発生した襲撃事件で射殺された男について、警察は23日、イング

画像
NYドル、一時1ドル110円64銭まで下落オバマケア代替法案の採決注視、小動き

 3月23日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で4カ月ぶりの安値水準付近で推移した。昨年1

画像
米国株式市場、主要指数は小幅下落で終了「オバマケア代替法案」の採決延期で

 3月23日、米国株式市場は、主要株価指数が小幅下落して取引を終了した。NYSEで20日撮影(201

画像
ヤフー・ジャパン、自動運転分野に本格参入 SBドライブに出資

 3月24日、ヤフーは、自動運転技術を開発するソフトバンク傘下のSBドライブに出資し、自動運転分野に


-