<太宰府天満宮>ご神木「飛梅」開花 年末は19年ぶり|マネブ

マネブNEWS:〔2018.05.24〕節税でも脱税でもない「租税回避」で恩恵受ける人々 現在の記事数:260884件

-

<太宰府天満宮>ご神木「飛梅」開花 年末は19年ぶり


<太宰府天満宮>ご神木「飛梅」開花 年末は19年ぶり

太宰府天満宮の境内で咲いた梅の花=福岡県太宰府市で2016年12月31日午後4時48分、津村豊和撮影

 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)のご神木「飛梅(とびうめ)」が31日、開花した。例年は1月中旬以降で、年末の開花は1997年以来という。

 平年より暖かい日が多いためとみられ、白い八重の花が4輪ほど咲いた。祭神の菅原道真が京都から左遷された際、慕って飛んできたと伝わり、毎年春一番に花をつける。

 一足早い春の知らせに、学問の神様として知られる天満宮は「受験生をはじめ、元日から大勢の人に縁起の良い春を感じてもらえれば」。【佐野格】

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
節税でも脱税でもない「租税回避」で恩恵受ける人々…払わなくてもよい税金をあえて払う?

「Getty Images」より 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな銀行は「りそな銀行」です。

画像
【スルガ銀行・不正融資】幹部が続々退職で真相隠蔽…社外取締役・監査役に大物エリートずらり

スルガ銀行本店(「Wikipedia」より) 泥船から逃げ出すのはネズミだけではない。スルガ銀行は5

画像
日大アメフト部・内田前監督、自身の強大な権力への過信がアダに…選手に責任かぶせ自己保身

日大アメフト部悪質タックル問題、内田正人監督が辞意表明(日刊スポーツ/アフロ) アメリカンフットボー

画像
六代目山口組が他陣営の切り崩しを活発化…その裏には8月1日に迫ったタイムリミットがあった

来年にも出所が予定される髙山清司若頭 五代目体制を発足させた神戸山口組中核組織「五代目山健組」本部に

画像
【悪質タックル選手会見】日大・内田前監督、傷害罪で懲役刑の可能性は?

日大アメフト悪質反則問題の会見で記者から質問を受ける宮川泰介選手(日刊スポーツ/アフロ) 5月6日の

画像
アメフト部監督が経営を牛耳る日大、もはや大学行政の問題…理事長が会見しない異常さ

5月22日、記者会見をする日本大学・宮川泰介選手(写真:日刊現代/アフロ) 日本大学対関西学院大学の


-