ぺんてるの落書きカフェバーが帰ってくる! “夜のらくがき”も楽しめる「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」がオープン|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.16〕「料理しない夫」は"未来永劫"変わらないのか得意 現在の記事数:253001件

-

ぺんてるの落書きカフェバーが帰ってくる! “夜のらくがき”も楽しめる「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」がオープン


ぺんてるの落書きカフェバーが帰ってくる! “夜のらくがき”も楽しめる「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」がオープン

金土のバータイムにはちょっと珍しい“夜のらくがき”を堪能

 文具メーカーのぺんてるによる、店内のものすべてに落書きできるカフェバー「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」が2017年2月4日~3月31日の期間限定で帰ってきます。

【画像】子供と一緒に楽しめそう

 3回目となる今回のテーマは「RAKUGAKI FACTORY」。テーブルや椅子、壁に床、柱だけでなく、白い研究デスクや研究用の書籍などに自由に落書き可能です。

 過去2014年と2015年に1回ずつ開催し、どちらも約2カ月間という期間限定ながら合計で1万1000人以上が来店したという人気の企画。フード&ドリンクメニューでも、ソースで落書きが楽しめるものやパステルカラーのドリンクなど工夫を凝らしていて、前回好評だったメニューに加えて新メニューも登場する予定です。

 さらに、期間中に開催されるイベント・ワークショップも前回よりパワーアップ。大好評の「自分だけのオリジナルインキ色のサインペンを作るワークショップ」(2月15日開催)はもちろん、“布描きくれよん”でオリジナル・トートバッグを製作する「お絵描きトートバッグ」(3月15日開催)など、子供から大人まで楽しめる内容のものが用意されています。

 また毎週金曜日と土曜日の夜(バータイム)には、ちょっと大人な「Night RAKUGAKI」を開催。ブラックライトで光る蛍光色のスクールガッシュ(水彩絵の具)を使用し、幻想的な雰囲気を味わえる“夜のらくがき”が楽しめます。

 その他、バレンタインに向けたテクニックを学べる「チョコペン教室」(2月11日開催)、書道の有段者と師範資格を持つぺんてる社員による「ぺんてる筆 書道教室」(3月8日開催)、オリジナル雛人形を作る「雛人形絵付け」(3月1日~3日開催)、キャップから後軸にインキなど選んでオリジナルサインペンを組み立てる「CRAZY Sign Pen」(2月22日開催)、さらにリニューアルした全身らくがきOKな「Dr.キャンバス」が登場するイベント等も実施されます(2月4日・2月24日・3月22日・3月31日開催)。

 各イベント・ワークショップは事前予約制のものもあるので、公式サイトで行く前に詳細をチェックしておきましょう。営業時間はカフェタイムが12時~17時、バータイムが18時~23時30分まで。

【関連記事】 落書きし放題のカフェバー再び ぺんてるの「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」オープン イグアナにカメレオンにヘビ! は虫類カフェでとってもキュートな“はちゅ”たちと触れ合ってきた 大人向け「ベイブレードバー」期間限定で登場 対戦できるスペースも 目前にキャラ絵 「白猫プロジェクト」コラボカフェがぼっちでも壁に話しかけられる神仕様 コラボ専門のカフェ「ヴィレッジヴァンガードカフェ」が新宿にオープン 第1弾でサンリオキャラが勢揃い
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:YAHOOニュース

同カテゴリの新着記事

画像
「料理しない夫」は"未来永劫"変わらないのか得意なほうがやればいいけれど…

この連載の一覧はこちら家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一

画像
「3歳児のむし歯率」が最も高い県はどこかワースト県は28.8%、ベスト県は11.8%

むし歯有病率は、地域差が大きい(写真:TATSU / PIXTA)歯の健康維持は、体全体の健康を維持

画像
中国人の出入り禁じたポーラ販売店の末路11月下旬の騒動、法的にどんな問題がある?

「中国の方出入り禁止」の張り紙は、法的にどんな問題があるのだろうか(写真:タカス / PIXTA)化

画像
40代の「ツアーひとり参加」がおすすめな理由益田ミリさんに聞いてみた

一瞬だけ、違う人生を生きられるのが旅の醍醐味だ(写真 : Takuma / PIXTA)「美しいもの

画像
「ずるい人間でした」清水良太郎被告が裁判で作詞や作曲がはかどるといううわさを聞いて

 上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。ものまねタレントの清水アキ

画像
人気クラシック音楽祭が池袋に拡張するワケ「ラ・フォル・ジュルネ」、14年目の大変身

丸の内エリアに加えて、池袋エリアが新たな開催地として加わることになったラ・フォル・ジュルネ(写真:ラ


-