『下町ロケット』視聴率1ケタ台目前の危機…前作の内容前提&複雑過ぎで理解困難|マネブ

マネブNEWS:〔2018.11.03〕『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立 現在の記事数:288008件

-

『下町ロケット』視聴率1ケタ台目前の危機…前作の内容前提&複雑過ぎで理解困難


阿部寛

 阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第2話が10月21日に放送され、平均視聴率は初回から1.5ポイントダウンの12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となった。まずまずの数字ともいえるが、2015年に放送された前シリーズと比べると「期待外れ」という印象も広がりつつある。このまま視聴率が下落を続ければ、予想外の1ケタ台突入という事態も考えられるだけに、テコ入れが急務といえるだろう。

 第2話では、佃航平(阿部)が社長を務める佃製作所が新しい事業として取り組み始めたトランスミッションの納品先であるギアゴーストが経営危機に直面。ライバル会社のケーマシナリーが特許侵害を指摘し、顧問弁護士の中川京一(池畑慎之介)を通して15億円のライセンス使用料を要求してきたためだ。

 中川といえば、前シリーズでもナカシマ工業の顧問弁護士として登場し、今回と同じように特許侵害訴訟を起こしてきた悪徳弁護士。そのときは勝利を勝ち取った佃製作所だったが、今回も新事業を中川に邪魔される展開に。

 そこで、佃製作所の顧問弁護士・神谷修一(恵俊彰)のアドバイスを受け、ギアゴーストと協力して、逆にケーマシナリーが特許侵害を犯していないかを調べ上げ、うまくいけば“クロスライセンス契約”に持ち込むという作戦に出たのだった。

 だが、結局は特許侵害を犯している部品を見つけることができず。しかし、最終的には佃は出資者となることを決断し、ギアゴーストとともに歩んでいくことを決めたのだった。そして、実はその裏で佃製作所側に、ケーマシナリー側の中川とつながっているスパイがいるのか? と思わせたところでエンディングを迎えた。

 すでに、原作者の池井戸潤のファン、前シリーズのファンを取り込んでいるだけあって全体的には「熱くて面白かった」「2作目もとても面白い」「ハラハラドキドキの展開。

 来週も楽しみだ!」という声が続出しているが、一部では展開の早さを指摘する声も。

 というのも、今回の続編では再び中川が登場し、前シリーズを見ていることが前提で話が展開されていったためだ。当然、視聴者のなかには前シリーズを見てなかったりする人も多数いるはずだ。それにもかかわらず、いきなり「うちは(悪徳弁護士の)蛇野郎に勝ったじゃないですか!」と啖呵を切られてもまったく話の展開についていけない。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立つ」「ただただ感服」と絶賛続出!

『ブラックスキャンダル』公式サイトより 芸能界の“ゲス”な部分を描く連続テレビドラマ『ブラックスキャ

画像
松田聖子、ライブ料金「9万円」にファンからも悲鳴…ネット上で議論呼ぶ

「松田聖子オフィシャルサイト」より よほどの自信の表れなのか、それとも強気の設定なのか――。 松田聖

画像
『獣になれない私たち』新垣結衣が下ネタ連発&演技力不足を露呈の「公開処刑」状態

『獣になれない私たち』公式サイトより 新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める連続テレビドラマ『獣にな

画像
有働アナ『zero』視聴率惨敗、局内で打ち切りも取り沙汰…落合陽一氏にクレーム多数

「Gettyimages」より 10月1日より、3月にNHKを退職しフリーアナウンサーとなった有働由

画像
女子駅伝、批判殺到の審判員「四つんばい」続行判断は妥当…危険な駅伝、運営元の不備露呈

「岩谷産業 陸上競技部 HP」より 10月21日に行われた全日本実業団対抗女子駅伝予選会(通称:プリ

画像
任侠山口組最高幹部が解散届を提出か…強盗犯を「見せしめ」で暴行したヤクザに何が?

インターネットカジノ店を襲った強盗に待っていたものとは…(写真はイメージ/(c)Fotolia) 今


-