韓国のプロ野球、観客の7割が20~30代&女性殺到の秘密…野外フェス化で客熱狂|マネブ

マネブNEWS:〔2018.11.03〕『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立 現在の記事数:288595件

-

韓国のプロ野球、観客の7割が20~30代&女性殺到の秘密…野外フェス化で客熱狂


韓国・プサンにあるサジク球場

 日本のプロ野球ファンで、ボリュームゾーンとなる年代はどこだろう。2017年にニールセンスポーツ社が行った調査によると、40歳以上が54%を占めている。なかでも、全体の37%は40~50代の男性。「カープ女子」「オリ姫」などと呼ばれる女性ファンが増えてはいるものの、全体的にみるとやはり、プロ野球は“おじさんに人気のスポーツ”だとデータが示している。

 一方で、韓国のプロ野球はまったく違った結果となっている。球場を訪れる観客の約70%が20~30代の若者で、約40%が女性だという(スポーツマーケティングの専門調査機関・SMS社の調査による)。なぜ若い野球ファンが多いのか、筆者は実際に韓国へ行き、野球観戦をしてきた。現地で観客の生の声を聞いたり、専門家にインタビューしたりすることで答えが見えてきたが、その前に韓国のプロ野球について簡単に紹介したい。

 日本のプロ野球は12球団・2リーグ制。一方の韓国は10球団・1リーグ制だ。年間試合は144試合で、日本(143試合)とほぼ変わらない。日本野球では、リーグの上位3チームが日本シリーズ出場を競うクライマックスシリーズがある。韓国では5位までが、クライマックスシリーズに相当するポストシーズンに出場できる。

 このように運営面での違いはあるが、もちろん野球の基本ルールは変わらない。同じコンテンツを提供しているのに、なぜファン層が大きく異なるのだろう。

 筆者が向かったのは韓国・プサンにあるサジク球場。観戦したのは本拠地のロッテジャイアンツと、ハンファイーグルスのナイターだ。16時になると、会場はかなりの混雑具合。入場口まで長蛇の列ができ、移動もままならないほどだった。 球場内は確かに若者や女性の姿が目立つ。野球場というより、遊園地や音楽ライブのような客層だと感じた。 もちろん、会場も超満員である。観客たちの表情やしぐさからは、試合開始を心待ちにしているワクワク感があふれていた。 そして試合開始。まず感じたのは、観客たちの一体感だ。対戦相手であるイーグルスの投手が牽制球を投げた際は、「マ!」という掛け声が球場中に響き渡る。これは、「(牽制球を)止めろ!」という言葉なのだそう。またジャイアンツの選手が三振やエラーをすると、一斉に「ケンチャナ!(ドンマイ)」とフォローする。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立つ」「ただただ感服」と絶賛続出!

『ブラックスキャンダル』公式サイトより 芸能界の“ゲス”な部分を描く連続テレビドラマ『ブラックスキャ

画像
松田聖子、ライブ料金「9万円」にファンからも悲鳴…ネット上で議論呼ぶ

「松田聖子オフィシャルサイト」より よほどの自信の表れなのか、それとも強気の設定なのか――。 松田聖

画像
『獣になれない私たち』新垣結衣が下ネタ連発&演技力不足を露呈の「公開処刑」状態

『獣になれない私たち』公式サイトより 新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める連続テレビドラマ『獣にな

画像
有働アナ『zero』視聴率惨敗、局内で打ち切りも取り沙汰…落合陽一氏にクレーム多数

「Gettyimages」より 10月1日より、3月にNHKを退職しフリーアナウンサーとなった有働由

画像
女子駅伝、批判殺到の審判員「四つんばい」続行判断は妥当…危険な駅伝、運営元の不備露呈

「岩谷産業 陸上競技部 HP」より 10月21日に行われた全日本実業団対抗女子駅伝予選会(通称:プリ

画像
任侠山口組最高幹部が解散届を提出か…強盗犯を「見せしめ」で暴行したヤクザに何が?

インターネットカジノ店を襲った強盗に待っていたものとは…(写真はイメージ/(c)Fotolia) 今


-