任侠山口組・織田代表襲撃事件から1年…注目の定例会、山口組再編への重大発表はあったのか?|マネブ

マネブNEWS:〔2018.09.19〕イモトアヤコに「ブス」連呼で襲い掛かる男たち『イ 現在の記事数:286232件

-

任侠山口組・織田代表襲撃事件から1年…注目の定例会、山口組再編への重大発表はあったのか?


襲撃事件から1周年、物々しい雰囲気に包まれた古川組本部前

 2017年9月12日。関西地方は天候がすぐれず、ときおり雨が滴り落ちていた。そんななか、神戸市の路上で突如として起きた任侠山口組・織田代表襲撃事件。織田代表の警護を務めた組員が、対立する神戸山口組組員に銃撃され命を落とすという惨劇が起きたのである。

 あの事件から1年。事件現場には花が手向けられ、「勇者へ 安らかに 元警護隊」と書かれた立て札が添えられていた。そして、兵庫県尼崎市内にある任侠山口組傘下の二代目古川組本部では、亡き組員の一周忌がしめやかに執り行われたのである。

 当サイトでも何度もお伝えした通り、8月に急浮上した任侠山口組の六代目山口組加入説【参考記事:「任侠山口組が六代目山口組に加入!?」】。瞬く間にその噂が流布し錯綜したために、関係者らの間でも、「もしかしたら、この9月12日を節目として大きく動き出すのではないか」とする見方があった。そのため同日の二代目古川組本部前には、朝から報道関係者や警戒にあたる警察官が大勢詰めかけていたのである。

 一方で、業界関係者らの間で「そういった動きはない」と否定する声が上がっていたのも確かだ。

「すでに六代目山口組サイドでは、任侠山口組の迎え入れを真っ向から否定してみせたといわれており、任侠山口組でも、今後を見据え、組織内を改革させる通知を関係者らに流していた。状況的に、どう考えても重大発表があるとは考えにくい」(地元組織幹部)

 そんな憶測が流れるなか、織田代表が11時過ぎに二代目古川組に入ると一周忌法要が始まり、法要終了後には4カ月ぶりとなる定例会が同所で開催されたようだ。

「結局、そこでも六代目サイドへの加入話などは出なかったようだ。ただ織田代表自ら、これまで通り組織を拡大させていく方針であることを明かしたと聞いている。そのなかで、来年に迫った髙山清司・六代目山口組若頭の出所を意識した発言も出たという話だ」(捜査関係者)

織田代表、関東に進出か?

 織田代表があらためて表明したという勢力拡大路線。これは、六代目山口組と合流することなく、任侠山口組を業界内で無視できない存在へと発展させていこうとする意思表示とも取れる。そして、定例会閉会後、織田代表は大阪市中央区島之内にある、自身が所有する織田ビルへと入り、そこであらためて亡き組員を祀る祭壇への開眼式を行ったとみられている。

 果たして、今回の任侠山口組の加入説は一体どこから流布されたものだったのだろうか。すべてが噂だけであったのか。それとも、そういった動きが実際に起きていたのか。ある幹部は、このように述べている。

「すべてがデタラメだったかといえば、必ずしもそうではないだろう。そういった動きがあったというのは、六代目サイドだけでなく神戸サイドからも聞こえてきていた。しかし結果として、実現するには至らなかったという見方が妥当だろう。その裏では、任侠を迎え入れようとする一部勢力と、それに反対する勢力との衝突があったという話もあれば、任侠山口組が加入した場合の条件に折り合いがつかなかったという話もある。どちらにしても、加入や統合するには、まだ時間が必要とされたということではないか」

 この幹部の見立てによれば、当面は六代目山口組、神戸山口組、任侠山口組と3つの山口組が並行するかたちで存在し、大きな抗争に発展しないまでも、移籍や切り崩しといった引き抜きは続いていくだろうという。そして、そのなかで、分裂騒動により取り締まりを強化させ続ける警察当局の動きがキーになっていくとも指摘する。確かに、少なくとも派手な抗争事件を起こさせないためにも、警察当局が今後も警戒の手を緩めることはないだろう。

 また、任侠山口組系組織で設立された親睦会・関東同志会の会長に織田代表が自ら就任したことから、今後は代表自ら関西方面だけではなく、関東方面も視野に入れて活動していくのではないかとみられている。(文=沖田臥竜/作家・元山口組二次団体幹部)

●沖田臥竜(おきた・がりょう)元山口組二次団体最高幹部。2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。最新小説『死に体』(れんが書房新社)が発売中。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
イモトアヤコに「ブス」連呼で襲い掛かる男たち『イッテQ!』演出に批判

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】イモトアヤコInstagramより

画像
『東京ラブストーリー』再放送、27年前の日本が衝撃的…ケータイない、女性は肩パッド

鈴木保奈美 織田裕二と鈴木保奈美が共演した大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の再放

画像
『西郷どん』西郷隆盛のキャラが半端すぎ!視聴率も続落…せっかくの伏線も無駄に

『西郷どん』公式サイトより 鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第35回「戦の鬼」が

画像
橋本環奈、控え室での「大物発言」が周囲を驚かす

橋本環奈(「アクティブハカタ 公式HP」より) 現在公開中の映画『銀魂2 - 掟は破るためにこそある

画像
「番組降りる!」有働由美子アナ、セクハラ騒動受け『NEWS ZERO』で言いたい放題?

「Gettyimages」より 日本テレビ報道局所属の元解説委員だった青山和弘氏のセクハラ騒動が、波

画像
もっとも高価な魚沼産コシヒカリが食味ランキングで陥落…つや姫とひとめぼれが逆転

コメ離れに歯止めをかけられるか 新米(2018年産)が出回る時季になった。 筆者の自宅近くのスーパー


-