三田佳子・次男が覚せい剤で逮捕、三田の説明「統合失調症を抱え」に強い疑問を感じる|マネブ

マネブNEWS:〔2018.11.03〕『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立 現在の記事数:288008件

-

三田佳子・次男が覚せい剤で逮捕、三田の説明「統合失調症を抱え」に強い疑問を感じる


「Gettyimages」より

 次男が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された件について、女優の三田佳子さんが報道各社にコメントを発表したが、私は違和感を覚えた。私が引っかかったのは、「統合失調症を抱え」という箇所で、本当に統合失調症なのだろうかという疑問を抱かずにはいられなかった。

 このような疑問を抱いたのは、次の2つの理由による。

(1)統合失調症の患者が覚せい剤を使用することはまれ。(2)覚せい剤の使用によって発症する覚せい剤精神病では、幻覚や妄想など、統合失調症に類似した症状が認められる。

(2)については解説が必要だろう。覚せい剤を体内に取り込むと、脳内のドーパミンという神経伝達物質が過剰になり、それによって幻覚や妄想が出現するのが覚せい剤精神病である。一方、統合失調症も、ドーパミンの過剰によって発症すると考えられている(ドーパミン仮説)。

 ドーパミンの過剰が覚せい剤によって引き起こされるのか、それとも統合失調症によって引き起こされるのかという違いがあるだけで、臨床症状がよく似ているので、ときには鑑別診断が難しい。たとえば、路上で刃物を振り回しながら暴れている人が警察に保護され、幻覚や妄想が認められると、精神科病院に入院させられるが、本人が覚せい剤を使用していた事実を隠していれば、統合失調症と診断される可能性がある。

 当然、精神科医は腕の注射痕を確認する。だが、最近は「あぶり」と呼ばれる加熱吸引や、錠剤の経口摂取が増えているので、注射痕があるとは限らない。だから、覚せい剤の使用によって幻覚や妄想が出現したのに、統合失調症と誤診されることがないわけではない。

 もちろん、臨床症状には違いがある。まず、覚せい剤精神病では幻視が多いのに対して、統合失調症では幻聴が多い。また、妄想内容も、覚せい剤精神病では本人が置かれている状況に反応したものが多いのに対して、統合失調症では現実離れした荒唐無稽なものが多い。このような微妙な違いを観察しながら、診断するわけだが、臨床経験を積んだ精神科医でも判断に迷うことがある。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
『ブラックスキャンダル』がメチャ面白い!「鳥肌立つ」「ただただ感服」と絶賛続出!

『ブラックスキャンダル』公式サイトより 芸能界の“ゲス”な部分を描く連続テレビドラマ『ブラックスキャ

画像
松田聖子、ライブ料金「9万円」にファンからも悲鳴…ネット上で議論呼ぶ

「松田聖子オフィシャルサイト」より よほどの自信の表れなのか、それとも強気の設定なのか――。 松田聖

画像
『獣になれない私たち』新垣結衣が下ネタ連発&演技力不足を露呈の「公開処刑」状態

『獣になれない私たち』公式サイトより 新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める連続テレビドラマ『獣にな

画像
有働アナ『zero』視聴率惨敗、局内で打ち切りも取り沙汰…落合陽一氏にクレーム多数

「Gettyimages」より 10月1日より、3月にNHKを退職しフリーアナウンサーとなった有働由

画像
女子駅伝、批判殺到の審判員「四つんばい」続行判断は妥当…危険な駅伝、運営元の不備露呈

「岩谷産業 陸上競技部 HP」より 10月21日に行われた全日本実業団対抗女子駅伝予選会(通称:プリ

画像
任侠山口組最高幹部が解散届を提出か…強盗犯を「見せしめ」で暴行したヤクザに何が?

インターネットカジノ店を襲った強盗に待っていたものとは…(写真はイメージ/(c)Fotolia) 今


-