斉藤由貴、不倫相手が離婚調停中でもテレビ復帰で家庭円満アピール→批判殺到で再び窮地|マネブ

マネブNEWS:〔2018.07.20〕覚せい剤事件の酒井法子、「子どもの健全育成大使」 現在の記事数:262900件

-

斉藤由貴、不倫相手が離婚調停中でもテレビ復帰で家庭円満アピール→批判殺到で再び窮地


斉藤由貴オフィシャルブログ「Famme Fatale」より

 昨年8月、自身の主治医だった医師との不倫が報じられた斉藤由貴。会見では不倫を認めなかったものの、次々と“証拠”が出てきて結局認めざるを得ない状況に追い込まれた。

 会見では「すでに関係を精算した」と話したが、昨今は世間が不倫に厳しいことから仕事は減少。auのテレビCMを含め、出演が決まっていた大河ドラマ『西郷どん』(NHK)も降板し、しばらくテレビの世界からは距離を置いていた。

 しかし、今年5月になるとバラエティ番組『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に出演し、不倫ネタにも触れ、出演者からいじられる始末。娘も「普通のお母さんより、スリリングなほうが好きだよ」と母親の不倫に寛容的な面を見せ、スタジオを驚かせた。

 そんな“復帰モード”だった斉藤だが、事態は一変した。「週刊現代」(講談社)が、元不倫相手の医師が現在離婚調停中であることを報じたのだ。テレビ関係者はこう話す。

「『一周回って〜』でテレビ復帰し、謹慎状態も解けたのかと思わせましたが、さすがにお相手が離婚調停中となると、その奥様があまりに不憫ですし、“加害者”側に加担するようなことはできないので、起用しにくい状況です」

 番組では大学1年生になる長女がインタビューを受けていたが、年頃の女の子が母親の不倫について突っ込まれるなどあまりにショッキングな出来事だろう。想像以上に大人びた娘は、娘というより斉藤の母親のような感じで、番組のインタビューでは娘に救われた気持ちなのではないだろうか。

 斉藤は、以前より仕事は減ったものの、ストップはしていない状況。医師は斉藤の下着を被った写真を掲載され、まるで生き地獄だが、一番地獄なのはその妻だろう。

 斉藤は今年2月に出演映画『三度目の殺人』(東宝、ギャガ)で「第60回ブルーリボン賞」の助演女優賞を受賞した際に、お祝いとして夫と食事に行ったことをテレビのインタビューで話し、視聴者から「相手の奥さんのことを考えていない発言」「傷ついた心をさらにえぐる行為だ」などと猛批判された。

「斉藤は昔から空気が読めないことで有名ですが、さすがに人の家庭を壊しておいて自分の家庭が円満なことを公の場で発言するのはモラルに欠けますよね。天然なのでしょうが、昔からそういった雰囲気が反感を買い、大女優や元アイドルたちにも彼女が苦手という人は少なくなかったですね」(芸能記者)

“女が嫌いな女”は不幸にならないのかもしれない。(文=編集部)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
覚せい剤事件の酒井法子、「子どもの健全育成大使」就任が議論呼ぶ…「子どものために汗」

酒井法子 酒井法子が、子どもの健全育成活動をPRする「子ども健全育成大使」に任命され、7月18日に都

画像
「驚きの活躍」FIFAが認めた乾貴士…評価できなかった日本の未成熟な評価基準

乾貴士(写真:AP/アフロ) 2018 FIFA ワールドカップ(W杯)・ロシア大会が閉幕したが、同

画像
のん(能年玲奈)が侵していた禁断の業界タブー…女優復帰宣言に業界内で総スカン

のん NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK/2013年4~9月)のヒロインとして大ブレークした

画像
公共放送のNHKが不祥事連発で大迷惑のジャニーズを「切れない」裏事情

ジャニーズ事務所(撮影=編集部) NEWSが司会を務めるテレビ番組『ザ少年倶楽部 プレミアム』(NH

画像
石原さとみ、演技がネット上でネタ化「キムタク化」「『高嶺の花』なのに所作が下品」

「高嶺の花|日本テレビ」より 現在、女優の石原さとみが主演を務める連続テレビドラマ『高嶺の花』(日本

画像
ISSA、禁断のタブー…結婚発表後なのに会見で結婚ネタNG通達の事情

ISSA DA PUMPのISSAが「女性セブン」(小学館/7月5日号)に極秘結婚を報じられたことを


-