スキャンダル一色のNEWS一色の日テレW杯番組、手越MC強行or降板に日本中が注目|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.20〕『この世界の片隅に』が「希少価値の高いドラマ」で 現在の記事数:285222件

-

スキャンダル一色のNEWS一色の日テレW杯番組、手越MC強行or降板に日本中が注目


NEWS・手越祐也

 6月14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、アイドルグループNEWSの手越祐也が未成年女性と飲酒をしていたと報じられた。未成年への飲酒を強要した同グループの小山慶一郎、加藤シゲアキが謝罪を行った直後という背景もあり、インターネット上で大きな波紋を呼んでいる。

「週刊文春」によると、手越は昨年12月に参加したパーティーで飲酒をしていたが、そこに同席していた女性のうち2人はタレントで当時19歳と17歳の未成年者だと発覚した。17歳だった女性の所属事務所は女性との契約を解除したが、飲酒については否定しているという。

 一連の報道を受け、ネット上では「連続でトラブルを起こしているんだから、ジャニーズ事務所はもっと責任を重く受け止めるべき」「加藤と小山だけじゃないのか」「これはもうNEWS解散だろうな」「ファンと事務所が甘やかした結果でしょ。しっかり罰を与えてほしい」「何も問題を起こしてない増田(貴久)くんが可哀想すぎる」など反響の声が相次いだ。

 加藤と小山に続いて問題が発覚した手越だが、NEWSのメンバーは以前にも数々のトラブルを起こして物議を醸している。

 2003年に森内貴寛が飲酒や喫煙、女性とのベッド写真などが週刊誌に報じられた。その後、森内はチームを脱退し、事務所も退所した。ちなみに、現在はONE OK ROCKのボーカル・Takaとして芸能活動を再開している。

 05年にはグループがスペシャルサポーターを務める「女子バレーボールワールドグランプリ 2005」の試合後に、当時未成年だった内博貴の飲酒が発覚。内は警察に補導され、最終的には無期限謹慎処分を受けた。

 翌06年には、同じく未成年だった草野博紀の飲酒問題も明らかになり、草野はグループを脱退。研修生として出直す結果となり、08年にはジャニーズ事務所を退所している。

 ほかにも、元メンバーの山下智久と錦戸亮は、共に飲酒した後に路上で一般人とトラブルを起こして警察沙汰になり、山下が書類送検されたこともある。

 NEWSは、脱退したメンバーも含め、飲酒絡みのトラブルがつきまとうようだ。9人で結成されたNEWSだが、不祥事などで脱退するメンバーが相次ぎ、現在は4人になっている。さらに、そのうち3人が現在、不祥事を追及されている。

 手越の処分に関してはまだアナウンスされていないが、ネット上には「ワールドカップ直前だからどうなることやら」と懸念する声が多数あがっている。というのも、手越は日本テレビ系で中継される2018 FIFAワールドカップ ロシア大会のメインキャスターに抜擢されており、「責任とってキャスター降板になってほしい」「手越はメインキャスターを降りるべき」といった指摘も多い。

 さらに、番組のテーマソングがNEWSの新曲『BLUE』という点に関しても、「不祥事が続いているグループの曲なんて使ってほしくない」「これでテーマソングが変わらなかったら、ジャニーズは懲りてないと思う」などと批判が続出している。

 NEWSが前面に押し出されている今回のワールドカップだが、果たしてジャニーズ事務所はどのような決断を下すのだろうか。(文=編集部)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
『この世界の片隅に』が「希少価値の高いドラマ」である理由…なぜ視聴者は深く感情移入?

「日曜劇場『この世界の片隅に』|TBSテレビ」より 原作漫画とアニメ映画版のヒットに加え、「夏に戦時

画像
安倍首相、休日に重要な政権運営事案を決定か…新聞の「首相動静」から見える行動原理

安倍晋三首相(写真:ZUMA Press/アフロ) 7月の西日本豪雨の際、安倍晋三首相の初動対応が遅

画像
駅売店の一部のサンドイッチ、使用禁止の添加物を使用…直接摂取すると危険な添加物

「Gettyimages」より私「このポテトサンド、ハムが入っていないのに亜硝酸の表示があるのは、な

画像
英会話重視の英語教育、子どもの英語力が極端に低下…無口で高学力の学生が大学入試不合格

「Gettyimages」よりなぜ入試で英会話能力が問われなければならないのか 大学入試で英会話能力

画像
篠原涼子もやっていた『深夜のママ友会』に批判殺到「不良ママも良いとこだわ」

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】Thinkstock/Photo by Minerva

画像
ウーバー、ネット広告詐欺をめぐり広告代理店を提訴

ウーバー・テクノロジーズ本社(写真:AP/アフロ) 不正にアップロードされた漫画が読み放題――違法サ


-