小沢一郎氏、裁判官と検察の癒着を公然と批判|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.21〕『花のち晴れ』、『花男』続編なのに脚本が放送事故 現在の記事数:261909件

-

小沢一郎氏、裁判官と検察の癒着を公然と批判


自由党共同代表の小沢一郎氏(左)と山本太郎氏(右)(写真:日刊スポーツ/アフロ) 自由党が6月12日、定例の代表記者会見を参議院議員会館で開いた。小沢一郎・山本太郎両代表が出席。司会は玉城デニー幹事長兼国会対策委員長が務めた。代表会見は原則として国会会期中は毎週行われている。

 まず注目されたのは、6月10日投開票の新潟県知事選挙の総括である。小沢・山本両代表をはじめ、与野党の党首級が地元入りし、総力戦の様相を呈した選挙戦。「国政の行方に直結する分岐点」(野党党首)との見方がもっぱらだった。

 世論調査の生の数字を見た選挙コンサルタントが「本当にいい戦いをしている」と漏らす大接戦。結局、3万7102票の僅差で花角英世氏(自民・公明両党支持)が池田千賀子氏(立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党と衆院会派「無所属の会」推薦)を振り切った。

 小沢氏は「マイナスからのスタートだったけれども、総合的に見ると、勝てる選挙だった」と断言。地域別にみると、「新潟(市)で1万7000~1万8000(票の差がついた)。佐渡で1万数千(同前)」と分析した。

 花角氏の地元である佐渡市はともかく、浮動票を抱える都市部・新潟市で差がついたのはなぜなのだろうか。小沢氏は、理由をこう述べた。

「選挙戦術的な問題も、もちろんある。党首がそろって街頭(演説)をやったって、イメージづくりにはなるけど、票が入るわけではない。原子力発電の問題でも、候補者の踏み込んだ発言に対して内部で異論が出たりした。その結果、『再稼働を絶対にさせない』という強い主張ができなかったこともあるだろう。そういった選挙態勢的な問題が一番大きい」

「野党がひとつの心に合わせてやるということが一番大事。その点で各党が一生懸命やったけども、たぶん県民のみなさんには『一体となった』というまでの感じはなかったのかもしれない。そういう点について、具体的に我々は反省して、次に備えるべきだ」

 山本氏は「勝っときたかった」と力を込めた。「安倍晋三政権を倒す」という国政の課題のために野党各党が地方選挙で張り切っている様子に「納得いかない」との声が地域で出ていたことを指摘。「国がさんざんやらかしたことの後始末を自治体がやらされることに関して、現地で一人ひとり説明していった」と選挙戦を振り返った。

 小沢氏は前日、東京高等裁判所が袴田巌元死刑囚に対する再審開始を認めない決定をしたことにも言及。「司法の判断について政治家が口をはさむべきではない」としながらも、刑事司法の問題点に切り込んだ。

「『検挙率が高い』と自慢するが、ほとんどは自白などに基づいたもの。旧態依然とした捜査方法を今なお継続している。裁判官と検察官の相互交流といえば聞こえはいいけれども、両者の癒着の問題は非常に大きい。警察、検察だけでなく、裁判所も含めた司法改革をもっと進めていかなければならない」

 今後も、自由党の動向に注目したい。(文=片田直久/フリーライター)

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:ビジネスジャーナル

同カテゴリの新着記事

画像
『花のち晴れ』、『花男』続編なのに脚本が放送事故レベルに矛盾だらけでドラマ理解不能

『花のち晴れ ~花男 Next Season~』公式サイトより 杉咲花が主演を務める連続テレビドラマ

画像
木村拓哉、フジテレビに絶縁状か…月9出演オファーを拒否か

フジテレビ(「Gettyimages」より) 14日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が木村拓哉の次回作

画像
東京都庁の無料「絶景」展望室に外国人観光客殺到…ダイヤモンド富士も夜景も一望

建設中の国立競技場と東京タワーが見える(都庁南展望室からの眺望) 東京都庁を訪れると、午前中から外国

画像
【大阪北部地震】50キロ圏は再び同程度の大地震発生の危険性…都市直下型地震の怖さ

地震で茨木市の寺が崩れる(写真:日刊スポーツ/アフロ) 6月18日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震

画像
拉致被害者家族会が辻元清美議員を猛批判…「拉致問題を政局に利用」

立憲民主党の辻元清美議員(写真:アフロ) 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。 先週の米朝首脳会

画像
【大阪北部地震】日本列島全体が大地震の頻発時期に…大阪、大地震の再発生に要警戒

箕面市内の粟生霊園では墓石が倒れる(写真:日刊スポーツ/アフロ) 18日に発生した大阪北部地震は、5


-