「ゆる鉄」たちが愛する缶詰スナックの正体ガチもノンガチも集まる「キハ」の吸引力|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.18〕新潟県知事選の辛勝で与党が勘違い…自民党内が真っ 現在の記事数:261764件

-

「ゆる鉄」たちが愛する缶詰スナックの正体ガチもノンガチも集まる「キハ」の吸引力


カウンターには数十種類もの缶詰が!(写真:筆者撮影)

スナックの魅力は奥深い。大人たちが普段、会社では見せない顔を見せる場所。見知らぬ人と、楽しい一夜をともにできる場所。家よりも落ち着く場所。ママやマスターに話を聞いてもらえる場所。共感できる仲間が集う場所……。

それらの要素が複合的に組み合わさったものこそ、“スナック”である。スナックに通う人は、ママやマスターの人柄、ホスピタリティ、あるいは店のコンセプトに共感と愛着をおぼえ、やがて常連客へとなっていく。

カップ酒と缶詰片手に電車旅がコンセプト

具体的な目的は問わない。スナックならではの魅力に惹かれて集まる人がいて、それを受け入れるママ・マスターの存在があれば、それはまさしくスナックであると言えよう。それが、鉄道ファンが集まる場所であったとしても……。

“鉄道ファンが集まる場所”と聞くと、素人には敷居が高いイメージがある。「電車の話ができないと受け入れてもらえないのではないか」と、不安を感じる方も多いだろう。今回の舞台となる「キハ」は、“カップ酒と缶詰を片手にフラッと列車旅を”がコンセプト。まさに、鉄道ファンの終着駅のようなスナックだ。都営浅草線・東京メトロ日比谷線の人形町駅から5分ほど行くと、突如、踏切にある信号灯が現れる。

暗闇に突然明かりが!(筆者撮影)

「鉄道ファンでもそうでない人もお気軽にご乗車ください」――。これを見て、さほど鉄道に対する知識を持ち合わせていない筆者と編集者Mは胸をなでおろした。

路地に入ると、赤と白に塗られた京急線車両を彷彿とさせる外観が見えてきた。その佇まいは独特な雰囲気を感じさせる。

入口には乗り場の看板が掲げられ、扉は健全なガラス戸。中の様子がよく見える。これなら女性でも、お一人様でも、気軽に入れそうだ。

扉をあけると、そこはまるでビュッフェ車両の車内のようだった。カラオケの代わりに車掌のアナウンスや走行音が響く。奥には、立ち飲み形式のカウンターが。その上には何十種類もの缶詰が並んでいる。

周囲を見回すと、店内のいたるところに「駅の看板」「切符」「鉄道部品」など、鉄道ファン垂涎のお宝グッズが飾られている。戸惑っている私たちに、この店のマスターであり“助役”の二上さんが声をかけてくれた。

店内のいたるところに鉄道ファン垂涎のお宝グッズが(写真:筆者撮影)

名刺交換をしようとすると、二上さんはあるものを取り出した。「入鋏(にゅうきょう)」である。入鋏とは、乗車券や入場券などに入れるはさみのこと。何とも懐かしいアイテムだ。

こうして、私たちの列車旅がはじまった。

広告代理店からスナックのマスターに

「私が生まれたのは兵庫県で広告代理店に入社後、大阪から東京へと転勤し、ここ人形町で働くようになりました。忙しく働く人が多いこの街で、気軽に旅気分が味わえる。そんなお店を作ろうと思ったのが『キハ』のはじまりです。2006年12月に相方とともにお店を開店し、3年後からは一人で経営しています」

そう語る二上さん。さぞ、鉄道に詳しいのだろう。

広告マンからスナック経営に転じた二上さん(写真:筆者撮影)

「実は、鉄道のことはそれほど詳しくありません。鉄道に関するマニアックな話を期待されると、ちょっと困ってしまいます」。二上さんの趣味は、ゲームやアニメ、プラモデル、イラストなどとのこと。なるほど、メニューや店内の掲示物にはイラスト入りのものが多い。どれも自ら描いているそうだ。しかし、なぜ鉄道にこだわっているのだろうか。

「もともと、ちゃんとしたお酒をリーズナブルな価格で出したい、という想いが根底にありました。同時に、お酒をもっと楽しんでもらいたい、とも考えていたんです。何より、私自身が大の酒好きなものですから。それで、お酒を飲むシチュエーションを演出するために、“列車旅”を忠実に再現しました」

お酒を美味しく、そして楽しく飲んでもらうために選んだ鉄道というコンセプト、および缶詰立ち飲みスタイル。そこに、多趣味だからこそ鉄道マニアの熱量を理解できる二上さんならではの寛容さも加わって、現在のスタイルに落ち着いたようだ。さらに女性従業員も加わり、立派なスナックとなっている。

「ただ、お店のコンセプトとして鉄道を前面に掲げていることもあり、『キハ』はガチな鉄オタにも愛されるお店となりました。女性一人の常連客も多いですね。もちろん、初めての人でも安心してご来店いただけます」

「この“ぬるさ”がちょうどいいんです」

ところで、店名の「キハ」とはどういう意味なのだろうか。二上さんに聞くと、隣にいた男性客が慣れた手つきで資料を取り出した。

「キハはね、列車の種類を表す記号だよ。「キ」はディーゼルカー、「ハ」は普通車を表していて、合わせると“ディーゼルカーの普通車”という意味になるんです」。そう語るのは、この店の常連であり、いわゆる“撮り鉄”の水上さん。スマートフォンに保存された自慢の写真は、時刻表の表紙を飾るにふさわしい出来栄え。

2階への階段には、全国の「駅弁」が飾られている

「良い写真が撮れるならどこへでも行きますよ。この前は、車で12時間かけて東北まで行ってきました。ただ、ベストショットを撮影できる7時間前に行ったにもかかわらず、先に場所を取られていてね……」

そう悔しそうに語る水上さん。まさに筋金入りの撮り鉄だ。話題はお店のことに及んでいった。「やっぱりね、撮り鉄にもルールがあって。たとえば、カメラを構えている人の前には立たないとか、自分のことしか考えて行動しないとかね。でも、このお店ではそんな堅苦しいルールを言う人はほとんどいませんよ。むしろ鉄道マニアの人であればあるほど、この店で鉄道の話はしない。その“ぬるさ”がいいんですよ」。

確かに鉄道を熱く語る声は聞こえてこない。店内はゆったりとした空気が漂い、居心地がいい。

一人で来ていた男性にも話を聞いた。「キハ」には10年ほど通っているという、常連客の“やきめしさん”だ。

2階にあるテーブルには乗車券がびっしり(写真:筆者撮影)

「妻から紹介されて来たのがきっかけ。今では週2回、必ず来ているよ。僕は乗り鉄なんだけど、『キハ』に通う常連さんと会うのが楽しくて。電車好きが集まるサークルのようなノリですね」。聞くところによると、週末はみんなで「電車でGO!」などのゲーム大会を開催することもあるそうだ。

「“乗り鉄”とか“撮り鉄”とか“音鉄”とか、鉄道ファンにはいろいろな宗派があるんだけど、ここではそれぞれが主張しあうことは一切ない。輪を乱すことなく、いい感じのコミュニケーションができていると思うよ。だから仲間もできるし、リピーターも多いんだ」

缶詰は常時30~40種類!

もちろん、鉄道談議に花を咲かせている人もいるし、ときには本物の車掌さんが車両アナウンスをしてくれることもあるのだとか。「新規のお客さんが来たとき、助役が忙しいときは、常連さんが店の料金システムを代わりに説明したりしているよ。そのまま一緒に飲むこともあるしね」と、やきめしさんは教えてくれる。

風景やコンセプトは変われど、常連さんがマスターやママをサポートする姿はどの店も同じである。その背景には、スナック特有のお店に対する“愛情”がある

鉄道好きと鉄道には興味のない常連が交わってわきあいあい(写真:筆者撮影)

缶詰は、常時30~40種類ほど用意されている。スタンダードなものが中心だ。そのまま食べることもできるが、ひと手間加えたオリジナルメニューもある。コンビーフをまるごと揚げた「婚カツ」や「助役の唐揚げ」が人気とのこと。

われわれは定番の「塩味焼き鳥」をいただいた。盛り付けられた皿は、寝台列車「北斗星」の食堂車両で使われていたものだそうだ。細部にまでこだわりが感じられる。料金システムについても聞いてみた。

「入場券代として500円のチャージと、最初の20分は10分ごとに500円で飲み放題です。その後は2時間まで10分300円で飲み放題。生ビールやサワー、カップ酒など、アルコールの多くは飲み放題でOK、食事料金は別途です。料金は店内の“キハ運転時刻表”に明記もしています」

10分単位で飲み放題をしているお店はめずらしい。助役の二上さんはいう。「がんばれば10分で3杯はいけるでしょう。そう考えるとお得な料金だと思います。ただ、あんまり急いで飲むと酔いも回りやすいですけどね」。

スナ女・五十嵐の評価は?

最後に、スナ女・五十嵐が「キハ」を評価してみたい。

まずは、「入店スリル度」。冒頭でもふれた通り、ガラス扉は透明である。加えて、助役の二上さんが常に外を気にしていて、通りがかりの人にも笑顔を振りまいている。そうしたホスピタリティ満載のサービスにスリルは皆無だ(0点)。

次に「おつまみ充実度」であるが、豊富な種類の缶詰と、そこにひと手間加えたアレンジで、たとえ一次会であってもお腹を満たすことができるだろう。そういった点も考慮して70点をつけたい。「初心者&スナ女 受け入れられ度」はどうだろうか。常連や助役とのコミュニケーションは、鉄道ファンかどうかにかかわらず、自然体で受け入れてくれる。誰でも気軽に入れるという意味で80点といったところか。

実は、キハには2階もある。ロングシートと吊革、通勤電車風の空間だ。モニターでは鉄道のDVDが流れていて、疑似乗車体験が楽しめる。

2階にはリラックスできるロングシートが。取材した日には、珍しいカフェが好きという女性2人がくつろいでいた(写真:筆者撮影)

「グループでいらっしゃった場合や、1階で意気投合された方々がさらにコミュニケーションを深める場として2階をご活用いただいています。また10名からの貸し切りも可能です」。

どこまでも列車旅にこだわる二上さんの熱量は、鉄道マニアにも負けていない。こうした店主のこだわりもまた、スナックの醍醐味である。店を後にすると、後方から助役の「ご乗車ありがとうございました〜」という声が聞こえてきた。

マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
新潟県知事選の辛勝で与党が勘違い…自民党内が真っ二つ

安倍晋三首相(写真:ロイター/アフロ) 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。 6月12日、ついに

画像
開成、麻布、灘…なぜ名門私学に通うと人生が変わるのか? 明治維新と創立者の歴史

開成中学校・高等学校(「Wikipedia」より/SANDO)開成と麻布、2校の創立者の共通点 私学

画像
AI失業時代突入…10年後に国民の4割が年収120万円に、リアルに今すべきこと

「Gettyimages」より AI(人工知能)失業時代がやってくる。そのタイミングは今から5年後。

画像
眞子さま・小室圭氏の婚約はなぜ問題化したか?

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】2017年9月3日、東京・元赤坂の赤坂東邸で婚約内定会見

画像
真木よう子、活動休止状態→突然の露出激増&激変の裏事情

真木よう子 昨年、主演した連続テレビドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の大コケに始まり、クラ

画像
AKB総選挙・番組ゲストの長嶋一茂、無関心丸出し&チャチャ入れ発言で批判殺到

2013年のAKB総選挙の様子(撮影=岡崎隆生) 16日、「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票


-